ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 山中城跡

山中城跡(やまなかじょうせき)

最終更新者 suge-gasa
基本情報
場所 北緯35度09分14秒, 東経138度59分39秒
後北条氏により領国を守る境目の城として築城。後には兵站線の維持の為に重要な任務を果たすが、豊臣氏による小田原征伐の折には大軍を迎撃する過剰な役割をあたえられてしまい、半日で落城する。公園整備が進み、遺構は大変に見やすい。堀底仕切りの形状で全国的に有名。角馬出しの最終的な形状を見ることができる。
駐車場 8:00〜17:00
トイレ
食事 売店あり(10:00〜16:00)
バス停 東海バス:三島駅〜元箱根港

山中城跡 (基準標高501.1m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
20.7
平均気温
14.8
最低気温
10.9
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.4 時間/日
降水量 8.4 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

山中城跡
山中城跡
山中城跡
山中城跡
山中城跡

山の解説 - [出典:Wikipedia]

山中城(やまなかじょう)は、静岡県三島市山中新田(伊豆国田方郡山中)にある中世の日本の城(山城跡)で、国の史跡に指定されている。
北条氏によって築城され、小田原城の支城として位置づけられる。箱根十城のひとつ。
三島市によって当時を反映した整備改修がなされ、堀や土塁などの遺構は風化を避けるため、盛土による被履の上芝を張って保護し、畝堀や障子堀の構造が明確に把握できるように整備されており北条氏の築城方法を良く知ることのできる城跡となっている。
また、北条氏滅亡と共に廃城となったため、北条氏独特の城郭の構造を多く残していることが注目される。
2012年まで、5月の第三日曜日に山中城まつりが開催されていた。(現在は中断)

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「山中城跡」 に関連する記録(最新10件)

箱根・湯河原
    1 
7n2xuz, その他15人
2017年05月20日(日帰り)
箱根・湯河原
  93    26  6 
2017年04月29日(2日間)
箱根・湯河原
  40     17  2 
2017年04月09日(日帰り)
伊豆・愛鷹
  39    26 
2017年04月07日(日帰り)
箱根・湯河原
  51    7 
2017年03月19日(日帰り)
箱根・湯河原
  13    6 
hiroshi2930, その他5人
2017年03月11日(日帰り)
伊豆・愛鷹
  27    5 
2017年02月26日(日帰り)
箱根・湯河原
  64    29 
2017年02月11日(日帰り)
ページの先頭へ