また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

神之峰(こうのみね)

最終更新:accii
【テキスト】 伏見稲荷夫社(伏見区深草薮之内町) 祭神は宇迦之御魂大神、佐田彦大神、大宮能売大神、田中大神、四大神。全国に約一二万ある稲荷神社の総本宮。和銅四年(七一一)に秦伊呂具が稲荷山の三ヵ峰に三柱を創祀したという。「山城国風土記」逸文には、伊呂具が餅を的にして矢を射ったところ、その餅が白鳥になって山の峰に飛んで行き、そこに稲が生えたので、イナリの社名になったと伝える。天長四年(八二七)に空海が東寺の鎮守神として稲荷神を祀り、歴代天皇の行幸とともに民間にも広く信仰され、平安京の五条以南が氏子圏となって、祇園社と京をニ分した。応仁の乱で焼亡した本殿は、明応八年(一四九九)に再興され、いく度かの修造をかさね現在は重要文化財に指定されている。他に御茶屋が重要文化財に指定されている。この御茶屋はニ部屋からなり、後水尾院から拝領したと伝える。書院造から数寄屋造へ移る遺構を残す建物で、茶趣味あふれる貴人好みの御茶屋の代表例として貴重である。
基本情報
標高 202m
場所 北緯34度31分47秒, 東経133度28分02秒
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「神之峰」 に関連する記録(最新10件)

中国
  
2017年01月01日(日帰り)
中国
   3 
2012年01月22日(日帰り)
ページの先頭へ