ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 日山

日山(ひやま) / 天王山

最終更新者 Bunamaru
基本情報
標高 1057m
場所 北緯37度32分34秒, 東経140度41分01秒
阿武隈山地の主峰です。
登山道は二本松市田沢からのルートが登山者が多いですが、他に田村市移ルートや葛尾村ルートがあります。
頂上は社と展望台があり360度のパノラマが楽しめ、奥羽の山々が雪に覆われると登る人が多くなる山です。
山頂
展望ポイント 日山展望台

日山の日の出・日の入り時刻

04/28(金) 04/29(土) 04/30(日) 05/01(月) 05/02(火) 05/03(水) 05/04(木)
日の出 4時40分 4時39分 4時38分 4時37分 4時35分 4時34分 4時33分
日の入り 18時31分 18時32分 18時33分 18時34分 18時35分 18時36分 18時36分

日山 (標高1057m)付近の気温

4月の気温(推定値)
最高気温
10.8
平均気温
4.4
最低気温
-1.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

4月の気象
日照時間 6.2 時間/日
降水量 3.4 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

日山(ひやま)は、福島県二本松市と葛尾村の境界にそびえる山。別名・天王山。標高1,054m。うつくしま百名山に選定されている。以前は富士山が撮影できる北限とされていた。
日山は阿武隈高地の中では大滝根山に次ぐ第2位の標高をもつ山である。もともとは桧山あるいは天王山と称していたが1649年(慶安2年)の大洪水の際に二本松藩主・丹羽光重が山頂の神社で日祭の大祈祷をして以来、日山と呼ぶようになったという。山頂にある日山神社には、麓の田沢、茂原、葛尾の3地区の社がそれぞれの地区の方向を向いて建っており、毎年10月には三匹獅子舞が奉納されている。また、山頂はヤマツツジの名所としても知られ、5月下旬~6月上旬にはヤマツツジの花が満開を迎えて山頂は真っ赤に染まる。以前より富士山の見える山であると言われてきたが、2000年(平成12年)に日山山頂から富士山が撮影され、「富士山の見える最北の山」という称号を得た。しかし、その後、日山の北西約5kmに位置する麓山(羽山)からも富士山が撮影され、その称号は麓山(羽山)に譲ることとなった。(その麓山も2016年に花塚山に富士山撮影北限を譲っている)
なお、日山山麓には牧場のほか、キャンプ場やバーベキュー施設、パークゴルフ場等が設置されており、登山以外の観光客も楽しめるようになっている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「日山」 に関連する記録(最新10件)

東北
  14    17 
2017年04月19日(日帰り)
東北
  28     27  2 
2017年02月12日(日帰り)
東北
  36   12  4 
2017年01月28日(日帰り)
東北
  20    17 
2017年01月07日(日帰り)
東北
  
2016年10月16日(日帰り)
東北
  
2016年10月16日(日帰り)
東北
  36    18 
2016年05月07日(日帰り)
東北
  
2016年05月05日(日帰り)
東北
  41     42  4 
moontopaz, その他1人
2016年04月09日(日帰り)
東北
  34    10 
yama_mori, その他1人
2016年03月26日(日帰り)
ページの先頭へ