ヤマレコ

基本情報
標高 1280m
場所 北緯35度03分53秒, 東経133度03分22秒
山頂

比婆山の日の出・日の入り時刻

08/21(月) 08/22(火) 08/23(水) 08/24(木) 08/25(金) 08/26(土) 08/27(日)
日の出 5時26分 5時27分 5時27分 5時28分 5時29分 5時30分 5時31分
日の入り 18時56分 18時55分 18時54分 18時52分 18時51分 18時50分 18時49分

比婆山 (標高1280m)付近の気温

8月の気温(推定値)
最高気温
23.6
平均気温
18.4
最低気温
13.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

8月の気象
日照時間 5.1 時間/日
降水量 5.5 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

これから歩く大膳原その向こうに比婆山連山
池ノ原大池から比婆山連山を望む
烏帽子山から比婆山を望む
竜王山の駐車場にある比婆山案内図
分岐。 比婆山(御陵)に向かいます。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

比婆山(ひばやま)は、日本神話においてイザナミが葬られたと記される地である。
古事記において「かれその神避りし伊邪那美の神は、出雲の国(現在の島根県)と伯伎の国(伯耆の国)(現在の鳥取県)の堺、比婆の山に葬りき」と記される。イザナミの墓所の伝承地は、日本神話に記される比婆山や熊野市有馬のほか、雲伯国境を中心として日本各地にある。宮内省は八雲村(現 松江市)の神納山を比定地の中で最も有力として「陵墓参考地」に認定し、内務省は船通山の北にある御墓山を「伊弉冉尊御陵流伝地」に指定していた。
しかし、近世以降、古事記解読に初めて成功した本居宣長の古事記伝の話と、鉄製品を作る最良の砂鉄の産地は雲伯国境地帯であることから、島根県安来市伯太町のもの(比婆山久米神社)が支持されていた歴史があり、江戸時代、母里藩の古地図にも峯山大権現と記されているのが確認されている。さらには当地に伝承されてきた、たたら製鉄でつくり出される玉鋼は日本人の魂の象徴とされる日本刀の創始(安綱)ともかかわりが深く、最近では安本美典がこれら諸説を文献学的に比較し、島根/鳥取県境に最も近い安来市伯太町の比婆山を比定している。
広島県庄原市から島根県仁多郡奥出雲町境にある比婆山は現在国定公園に指定されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「比婆山」 に関連する記録(最新10件)

中国山地東部
  20   7 
2017年08月19日(日帰り)
未入力
  
2017年08月19日(日帰り)
中国山地西部
  6   6 
2017年08月14日(日帰り)
中国
  16    4  3 
yumigy, その他1人
2017年08月13日(日帰り)
中国
  39    3 
2017年08月13日(日帰り)
中国山地西部
  18   4 
ab2933801302, その他3人
2017年08月05日(日帰り)
中国山地西部
  50    17 
2017年07月22日(日帰り)
中国山地東部
  42    28 
2017年07月15日(日帰り)
中国山地東部
  21   6 
2017年07月15日(日帰り)
ページの先頭へ