また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

能気神社(のうきじんじゃ)

最終更新:Yamaotoko7
基本情報
標高 160m
場所 北緯36度03分08秒, 東経139度13分13秒
カシミール3D
能気神社
http://www.saitama-jinjacho.or.jp/shrine/9420/

白石峠に源を持つ槻川(つきがわ)の流れと並行する一条の道は、粥煮田峠(かゆにたとうげ)・定峰峠(さだみねとうげ)を経て、秩父と信州・甲州を結んでいる。鎮座地安戸(やすど)は、この道の交通の要所に有り、その地名について『秩父志』には「山路峻坂(しゅんぱん)ノ入口ニテ、往還ノ人々苦難ナルコトユヘ此ニテ休憩セント」したことに由来すると記されている。また、東秩父村の中でも、御堂と共に古くから開けた集落であると云われ、当社付近の畑からは縄文中期の土器片や黒曜石(こくようせき)が出土している。 当社の境内は、槻川の支流である入山沢を遡行(そこう)した山裾にあり、社殿から南に目を転ずると、田畑や集落を一望することが出来る。口碑によれば、当社は、創建当時は個人の氏神として祀られていたが、根岸・高野・小林・篠沢・鷹野などの旧家が氏子となり、ついには安戸村を挙げて祀る社となるに至ったと伝えられる。 『新編武蔵風土記稿』には、「能氣明神社 在家にあり、所祭詳らかならず、村の鎮守なり、例祭九月十八日(中略)上品寺(じょうほんじ)持」と記されており、当時既に祭神が不明になっていたことがうかがわれる。明治になってからは誉田別命を祀るようになったが、これは地内に八幡跡という地名があり、古くは八幡様が祀られていたとの伝えに拠っている。 社殿の造営は、覆屋(おおいや)・拝殿は『明神宮建立帳』に安永3年(1774)12月再建と載るが、一間社流造杮(こけら)葺き本殿の建立年代は不明である。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「能気神社」 に関連する記録(最新10件)

奥武蔵
  
2022年01月25日(日帰り)
奥武蔵
   
2022年01月16日(日帰り)
奥武蔵
  26    3 
2022年01月15日(日帰り)
奥武蔵
  1    18  2 
2022年01月15日(日帰り)
奥武蔵
  58     22  2 
2022年01月15日(日帰り)
奥武蔵
  24    8 
2022年01月08日(日帰り)
奥武蔵
  25    44  2 
2022年01月08日(日帰り)
奥武蔵
  
2022年01月04日(日帰り)
奥武蔵
  
2021年12月30日(日帰り)
奥武蔵
  30    10 
2021年12月25日(日帰り)
ページの先頭へ