また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

四里観音避難小屋(よりかんのんひなんごや)

最終更新:imokenpi
基本情報
標高 1805m
場所 北緯35度56分53秒, 東経138度44分57秒
かつての十文字小屋があった場所とのこと。 水場もトイレもある。水場があるおかげで拭き掃除ができ、板の間は光沢があるくらいキレイに維持されている。2013年春に小屋から10mほどの樹木が倒れて小屋を直撃するという事態が発生したものの、枝がクッションとなり屋根の一部損傷だけで済んだ。その後修理済み。2015年秋(と思われる)には 山仕事の作業者によって薪ストーブが設置され 厳冬期の避難時にも暖をとれるようになった(マイナス15℃を下回ることも)。 小屋へは、長野県側からだと毛木平から十文字峠を経て4時間ほど。 埼玉県側からは3ルートあるが どちらにしても15劼ら18劼亙發なければならない。 栃本関所跡から白泰山・赤沢山・大山を巻いて6時間から8時間(荷重にもよるが)。そして中津川から奥秩父林道を通って延々と歩き 標高1600m過ぎで「十文字峠方面」の表示のある登山口より30分から1時間で着きます。ただし中津川からの道は落石や崩落が頻繁にあるので覚悟が要る(2016年8月から中津川林道は 王冠キャンプ倶楽部から奥が通行止めとなっている)。 また川又から入川沿いに柳避難小屋経由で股の沢歩道を通って7〜8時間近くかかっても来ることができる。 2015年には、鹿の食害から樹木を保護する目的で小屋周辺から四里観音あたりまで、樹木1本ごとにプラスチックのネットを巻いたり、ある範囲を網で囲ったり という作業が試験的に行われた。  6月からの梅雨時は湿気が強く テーブルなど一部備品にカビが繁殖していることもある。 2015年から毎年11月以降、ストーブ用の薪づくりをして小屋の東側軒下に積んであるので 冬季に雪の中から薪材を捜さなくても済み、早めに暖をとることができるようになった。白泰山経由の登山道(白泰山線)は2018年9月の台風[過去最強を感じさせる激風]のせいで倒木があちらこちらで発生した。直後の10月11月にかけて、十文字峠 栃本両方面から除去作業が行われた。栃本と白泰山避難小屋のあいだに一部残っているものの 通過への支障はなくなっている。
テント場 4〜5ほど張れそうです
山小屋 10人〜12人ほど
トイレ 割ときれいです 毎年11月に便器も含め大掃除がされている
水場 崖になっているのでわかりにくい  
バス停 梓山(川上村) / 栃本関所跡(秩父市・旧大滝村) / 川又(秩父市・旧大滝村)
展望ポイント これといった地点はないが小屋分岐点から三国山方面が望める

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「四里観音避難小屋」 に関連する記録(最新10件)

奥秩父
  86     15  2 
2018年11月03日(3日間)
奥秩父
  128    22 
2018年11月03日(2日間)
奥秩父
  39    9  2 
2018年10月20日(3日間)
奥秩父
  25    33  7 
2018年09月23日(日帰り)
奥秩父
  40    10 
2018年08月02日(2日間)
奥秩父
   1 
2018年07月07日(2日間)
奥秩父
  43     22  8 
2018年06月25日(日帰り)
奥秩父
  40    12 
2018年06月02日(2日間)
奥秩父
  113     24 
harumei_, その他1人
2018年05月26日(2日間)
ページの先頭へ