また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

烏帽子岳(えぼしだけ)

最終更新:yoneyama
基本情報
標高 719.6m
場所 北緯40度50分25秒, 東経141度02分22秒
カシミール3D
津軽地域と南部地域を分ける奥羽山脈の北端の山。両地域の地上波通信の境にあたり、放送通信のアンテナが昭和40年代以降、山頂に林立している。保守用の自動車道がある。また、電波塔の一角に避難小屋もある。
北尾根のまかどスキー場への尾根には、昭和30年代に取り付けられたスキーコース指導票も残っていて、往年はスキー登山者もいた。
1904(明治37)年野辺地の豪商野村治三郎氏は、外国雑誌でスキーを知り、東京の丸善を通じ手に入れたスキー2台で、滑った。有名な新潟県・高田のレルヒのスキー伝導より7年前。という土地柄。
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

烏帽子岳(えぼしだけ)は、青森県上北地区にある標高719.7mの山である。

  • 当山は、東津軽郡平内町・上北郡野辺地町・東北町の町境上にある。

  • 当山は3町にまたがっているが、車で行けるのは町道が通る野辺地町側からのみである。

  • 江戸時代、この山は南部藩と津軽藩の係争の地となった。これを檜山騒動という。この事件の結果、相馬大作事件が発生することになる。このため、烏帽子山を舞台とした檜山騒動は講談や演劇、映画、小説で何度も描かれることになる。


付近の山

この場所を通る登山ルート

「烏帽子岳」 に関連する記録(最新10件)

東北
  21    12  2 
2022年10月01日(日帰り)
東北
  22    2 
2022年08月25日(日帰り)
東北
  27    26 
2022年08月21日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  8   
genntouki, その他1人
2022年03月05日(2日間)
東北
  37     22  4 
2021年10月10日(日帰り)
東北
  22    26 
2021年09月26日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  7    1 
2021年05月25日(日帰り)
東北
  78    18  2 
2021年05月23日(日帰り)
東北
  38    3 
2021年05月08日(日帰り)
ページの先頭へ