また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

稚児落し(ちごおとし)

最終更新:kunadono
基本情報
場所 北緯35度37分28秒, 東経138度56分00秒
時は戦国。織田軍の岩殿城攻めに抗しきれず、小山田氏の妻子は岩殿城から逃げ落ちました。連れた稚児の泣き声が追っ手に聞こえると、その子を谷底に落としたという伝説から、この岩壁を「稚児落し」と呼ぶようになりました。母もまた、苦悶の末に自らも身を投げたと言われています。
山頂
展望ポイント

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「稚児落し」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  44     24 
2018年01月14日(日帰り)
奥多摩・高尾
  
2018年01月13日(日帰り)
未入力
  
2018年01月07日(日帰り)
奥多摩・高尾
    20 
koyagi5566, その他1人
2018年01月07日(日帰り)
奥多摩・高尾
  8   6 
tama2017, その他1人
2018年01月06日(日帰り)
奥多摩・高尾
  12    14 
2018年01月06日(日帰り)
奥多摩・高尾
  89    23 
2018年01月06日(日帰り)
奥多摩・高尾
  60    11 
kokiyama, その他2人
2018年01月06日(日帰り)
甲信越
  23    17  2 
2018年01月03日(日帰り)
奥多摩・高尾
  56   16  6 
2018年01月03日(日帰り)
ページの先頭へ