ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 折り返の変更で、ほどきやすくなった クロスベンド(試-2)
更新日:2017年07月26日 訪問者数:202
クライミング/沢登り 技術・知識
折り返の変更で、ほどきやすくなった クロスベンド(試-2)
makobe
◎ 2重オーバーハンドノットから、末端をおりかえして補強する、クロス結びのパート2です。
・ 前回のクロスベンド(1)。
 短所 : 結びにくい、締め固めにくい、ほどきにくい。
( オーバーハンドノットの、三角おむすびの底辺で交差、末端までの距離も長く複雑。)
・ 今回の改良バージョン。
 オーバーハンド(止め結び)を、対向で結んだものを原型に、末端の出口で交差、折り返すことで強化。
( 前回との違いは、三角おむすびの頂点で交差、末端までの長さも最短でシンプル。)
◎ 結び方。
・ 原型の対向止め結び。
( ねじれに注意、末端は元綱の上にでるように。)
・ 中央の末端の交差部分をもうひとひねり。
 自分の元綱と同じ向きに通しなおす。
( 末端の先端が上の原型の写真と比べて、先端の黄と黒が交差して入れ替わっている。)
・ チョット見グチャグチャですが、2枚目の写真のイラスト風アレンジでみていただくと、無駄のない合理的な結びに思えます。 ( ・・・親のひいき目かも知れません。)
・ 締め固め
( 末端の長さを調整しながら。)
( 中央にみえている大きな輪を、コブの左側に移して、輪と輪の間に交差ポイントがくるように整えると、スリムで見た目のバランスが良くなります。)
・ 完成
・ コブの裏面
◎ 若干長くなって、かわりにすこしだけコブがスリムになりました。
・ これで、おりかえしの強化版の結びが3つになりました。
クロスベンド(1)よりもシンプルに、結びやすく、締め固めもスムーズ、
ほどきやすさも少し改善されました。
<お詫び>
・ 26日の午前中のノートで、結びの写真と記述にまちがいがあったため、いったん削除して、あらたに正しい結びの写真でつくりなおしさせていただきました。
( 朝令暮改どころか、前夜の登録で、お昼に間違いにきづいて、あせって削除してしまいました。
チェックがたりず、ごらんいただきました皆さんにご迷惑をおかけしました、すみません。)
◎ まだ結び方が確立できていない、偶然の産物の、理想のつなぎ結びがあります。
・ 今回の結び方で大分よくはなったのですが、結び目の対象性で満足できていません。
( じつは、今週の試行錯誤の途中で、一度だけ、バランスのいい結びが偶然にできました。)

・ 写真を残しつつ、どう結べばこの形にできるのかを現在解析中ですが、
なかなか、再現できる手順が整理できません。
( とりあえず、現時点で記録したものをたよりに、試行錯誤をかさねています。
・ 記録のみの、理想のつなぎ結び。
・ 上が、現在めざしています、理想の結び、
下は通常のダブルフィッシャーマンです。

( 大きさもコンパクトで、バランスもよく、強固でほどきやすいです。)
・ 裏側からみたもの。
( 写真は、3mmロープで、
目立つコブもなく、すっきりです。)
・ これが安定して結べる手順がはっきりしたら、ロープスリングの結び方が、現在のダブルフィッシャーマンから、この結びにすべて置き換わると思えるくらい、シンプルで合理的で無駄がありません。
( 名前は・・・ クロスベンド(3)とさせていただきました。)
訪問者数:202人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ