また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > オーストリアでハイキング
更新日:2017年07月11日 訪問者数:679
登山・ハイキング 技術・知識
オーストリアでハイキング
娘と2人でオーストリア旅行に行ってきました。海外でレンタカーを運転してハイキング。私としては色々と不安ありの挑戦だったので少しでもこの情報が役にたてばと思い、覚書を残します。
tomoe
ヨーロッパでハイキングってハードル高い
今回オーストリアに行ったきっかけはウィーンに住んでいる友達(もともと会社の同期)に
facebookで繋がって「久しぶりに会いたい」「それと海外でハイキングしたいなぁ〜」と思ったことでした。
でもヨーロッパ…「遠い、高そう、よくわからない」
そんなイメージいっぱいで行ける気がしなかった。
まずはとにかくチケットを買ってしまう
行けるかどうか?行っても大丈夫か?と考えていると行けない理由ばかりがでてきて一向にいけない感じになりました。
とにかく予定が空いているところを抑えて休みを宣言することが重要だと思い、まずは日取りの候補を決めてチケットを検索、「許容できる値段か?」「予定が抑えれかな?」などを確認しすぐにチケットを買ってしまいました。
チケットを買ったら行くしかないので。

もちろんこれが(休みとお金)一番ハードル高いことだとは思います。
期間に関しては、今回私は長めに休みをとることができましたが正直そこまで長くなくても十分楽しめたと思います。1週間もあれば(フライト時間含む)充実した旅を楽しめました。
お金に関しては色々とかかりますがフライトに関しては下記に記述します。
チケットを購入したサイト
おすすめの時期(とにかく休める時が優先ではあるけれど)
仕事やその他の都合が最優先ですし、これはあくまで私の感想ですが、
今回行った6月の終わりの週から7月の頭にかけてはとても穴場な時期に感じました。
理由は以下
1.チケットや宿がシーズン前なので比較的安い
2.観光地でも比較的空いている
3.天気にもよるが暑すぎず快適な時期
ヨーロッパに行くにあたり利用した航空会社
今回カタール航空という飛行機を利用しました。
お値段なんと2人分往復  148,773 円

料金の概要
旅行者 1 : 大人 83,268 円 フライト 70,298 円 税およびサービス料 12,970 円
旅行者 2 : 子供 65,505 円 フライト 53,825 円 税およびサービス料 11,680 円

とにかく安いです。
ヨーロッパ旅行と言えば1人30万はかかると思っていた常識を覆されました。
2人で往復で15万円以下です。
ハイシーズンだとこうもいかないかもしれないので夏休み前はやはり穴場だと思います。

カタール空港 
この値段なので文句は全然ないですが食事は本当においしくないです。
でも安いので何かおいしいお弁当などを持ち込めばいいかと思います。
飲み物は色々と選べます。お酒も飲めるのでイスラム教だからと心配しなくても大丈夫。
映画やゲームもそれなりにありますが時間が長いので暇つぶしは持って行った方がいいと思います。
私はPTAの仕事をがっつり持ち込みました。

このカタール航空を使うとドーハで乗り換えてヨーロッパの各地に飛べます。
ドーハ空港はハブ空港のようでめちゃくちゃ大きいです。
参考フライトスケジュール
乗り換えはありますがそこまで大変なフライトではなかったです。

いずれも夜出発だったので初めの飛行機でがっつり寝ることができました。
トランジットの時間もそれほど長時間ではないので苦痛はなかったです。
乗り換えた飛行機は長く感じましたが、そこも安さで気持ち的にカバーできました。
見知らぬ土地ウィーンの到着時刻が昼間というのは気が楽でした。
帰り(羽田)は夜遅くなりましたがお迎えに来てもらえたので助かりました。

往路 (行き)  合計フライト時間 19h 34m
東京 (HND)0:01 → ドーハ (DOH)5:50
所要時間 : 11h 49m
ドーハ(DOH) で乗継 所要時間 : 2h 15m
ドーハ (DOH)8:05 → ウィーン (VIE)12:35
所要時間 : 5h 30m

復路 (帰り)  合計フライト時間 17h 10m
ウィーン (VIE)22:30 → ドーハ (DOH)
所要時間 : 5h 20m
ドーハ(DOH) で乗継 所要時間 : 2h 10m
ドーハ (DOH)7:00 → 東京 (HND)22:40
所要時間 : 9h 40mて座席を確認または変更する*
現地のネット環境
購入したSIMカード
町にあるT-mobileでsimカードを買えば通話はできませんがネットはし放題♪
山の上でもかなり繋がりましたよ。

これは15ユーロのSIMカード
10ユーロのものは遅いとかなんとかでこちらにしたけど本当にストレスフリーで快適でした。
現地の移動手段
今回はレンタカーを利用してみました。
海外で運転はハードル高いかと思ったので、予約するか悩んだのですが左ハンドル、右側通行以外はそれほど問題なく快適に走ることができました。
何より荷物をそのままつめて宿や登山口まで行けるのは最大の魅力です。
また日本では運転できないような外車を運転できるのも楽しいです。

注意点としてはオートマ限定は数が限られていて高級車ばかりでした。
ミニとかも全部マニュアル車ばかり。
仕方なしに頼んだ高級車はアルファロメオ。
でもそんな高級車を運転する機会は滅多にないことなので思い出として楽しめたからよかったです。

レンタカーの金額は1週間レンタルがおすすめです。
値段が1日90ユーロくらいする車が1週間で416ユーロでした。
(その他保険、道路使用料、オプション、20%税金などの諸経費が
レンタカーとは別に280ユーロくらいかかりました。)

トータルで見ると確かに高いのですが友達とシェアすれば毎日楽しめてよかったです。
レンタル全部で695ユーロ 
その他駐車料金やガソリン代などその他の車の経費もいれると全部で10万円くらいかかりました。
(ミニのマニュアルだとこれより200ユーロ以上安くなるようです。(レンタル料が安いので税金なども安くなる)詳しくはレンタカーの予約サイトでシミュレーションをすると金額がでてきます。)


ちなみにウィーンの市内移動や郊外の中心の町でしたら電車が便利のようでした。
車がなくても電車とバスを使って楽しめると思います。
(ただし山への道はバスの時間が少ないので要確認だと思います)
1人だとレンタカーは必要ないと思いますが連れや子供がいる場合はレンタカーも楽しいと思ったので紹介させていただきました。
利用したレンタカー会社
海外のナビアプリ おすすめ!
宿泊について
ウィーンでは友達のお宅に滞在させてもらい、途中から彼女とその息子と一緒に西方面に旅行に行きホテルに泊まりました。
ホテルを検索していて思ったのは大きな町はホテルの値段が高くて、田舎は安い ということです。
レンタカーの場合、町ではなく少し田舎に行ったところの宿で泊まることも自由にできるので大きな町の隣の村の宿みたいなところで検索して比較的安く泊まることができました。

たくさんある宿泊施設検索サイトで探して、毎日150ユーロ以下(大人2人、子供2人)で宿泊できました。
ホテルの予約に使ったサイト
オーストリアのハイキングについて
オーストリアはスキーがとても盛んなようでゴンドラや登山鉄道がいたるところにあり、そのおかげでラクチンなハイキングコースがたくさんあります。
途中にある小屋はどれも立派で聞いてみたら泊まれるし、バーやレストランもあるので山で1泊するのもとっても楽しそうでした。(私の連れにはとんでもない と却下されましたが)
私は山に登らない友人と子供と行ったので本当に簡単なハイキングばかりですがどれも1日楽しめました。

余談ですがオーストリアの山頂には必ず十字架がありました。
三角点みたいな?山岳信仰?
謎です。現地の人に聞いてみたかったけど機会がなくて残念。
シュネーベルグ
車でアクセスならウィーンから南に1時間強
電車でも行けるそうです。

山麓の駅から登山鉄道がでていて1800mまで一気に標高をあげれるので気持ち良い高原歩きです。道は整備されていて、途中に山小屋もあるので安心です。
ファイブフィンガー
こちらもゴンドラでかなりあがるのでラクチンなハイキングです。
ファイブフィンガーという手の形をした柵があって下がガラスだったり柵なので高所恐怖症ならかなり怖いところかも。でも楽しいです。
景色は最高です!
カイザーフランツヨーゼフスヘーエ
オーストリアの最高峰グロースグロックナー(3798m)を見る場所です。ここは2369mなので看板は騙しているみたいですね。

車であがれるのでいきなり絶景です。
(この日はガスガスでしたのでこんな感じですが)
あまり機会がないかもしれませんが、もしもオーストリアに行くことがあってハイキングを考えているようでしたら参考になれば嬉しいです。
オーストリア 素敵な景色にたくさん出会える国でした。
他のヨーロッパの国の情報も知りたいですね。
もしも知っている人がいたらヤマノートおまちしています!
訪問者数:679人
-
拍手

tomoeさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ