また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 風と雨と視界の予測
更新日:2018年02月25日 訪問者数:1049
登山・ハイキング IT
風と雨と視界の予測
nekokuro
みなさま山行前には必ず天候確認されると思います。

気象協会や気象庁のホームページはもちろん、色々な山専門の天気予報サイトやアプリがあります。
でも、もう少し詳しく知りたい場合は、高層天気図を確認する必要がありますが、見るにはそれなりの知識が必要です。
そこで、ビジュアル的に風の強さや雨や雪を予測したい場合に参考になるページのご紹介です。
【earth】
https://earth.nullschool.net/
というウェブサイトは地球の気象状況がビジュアライズされたもので、スーパーコンピュータを使って3時間ごとに更新されているものです。データのソースはGFS、NCEP、米国National Weather Serviceから提供されています。

この情報チェックの方法は、まず予想したい日時を合わせます。(1週間先予測可能)
1)地表の風の強さを見る
2)850 hPa = 〜1,500m 山頂付近の風の強さと温度を見る
  700 hPa = 〜3,500m 高い山の場合はこちらもチェック
3)3HPAと言われる3時間の降水量を見る
4)PM2.5の量を見る(PM10が黄砂となるようですが気象協会とは違っています。)
でとても簡単です。

かなり荒い情報ですが参考になります。
ただし、この情報を信用してよいかどうかは、完全に自己責任となりますのでご注意下さい。
すこし分かりやすいように解説したページを作成しましたので、よろしければご参考にしてください。
http://www.ne.jp/asahi/nature/kuro/HGPS/weather_forecast.htm
PM2.5の様子
3HPA(3時間降水)
500hPaの高さで寒気-30℃(赤い線は手書き)
訪問者数:1049人
-
拍手

nekokuroさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

このヤマノートはコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ