また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > とうとう”クロスベンド”のルーツ ”レヴァノット”にたどりつきました!
更新日:2018年10月21日 訪問者数:275
クライミング/沢登り 技術・知識
とうとう”クロスベンド”のルーツ ”レヴァノット”にたどりつきました!
makobe
● Wikipedia [ レヴァノット ] から
とうとう、強い結び…”クロスベンド” のルーツにたどりつきました!
要約
Reever Knot とVersa Bend は本質的に同じ結び目、それらは末端と元綱をどう使うかの選択。
それらの選択によって3つの組み合わせが可能、すべての形式の結び目は信頼性と安全性が高い。
興味深いポイント
3つの組み合わせの結び目は信頼性と安全性が高いと見なされるが、
Vice Versa Bend の末端と元綱の配置が厳密に対称でないため、Reever Knot がより良いバージョンであることが示唆されています…
説明[全文]  ( 英文のWikiのページを、cromeの翻訳で参照しました。 )
 Reever KnotとVersa Bendは本質的に同じ結び目です。それらは、どの線が結び目の起立端および作業端として使用されるかの選択だけが異なる。

結び目の構造が与えられると、結び目の立っている部分と作業している部分に使用できる3つの組み合わせが可能です。立っている部分はAA、AB、BBのいずれかです。レヴァーノットは、スタンディングエンドがAAとして選択されたときに発生します。[2] ABとしての立位終了を選択すると、Vice Versa Bendになります。[3]

すべての形式の結び目は信頼性と安全性が高いと見なされますが、Vice Versa Bendのスタンディングとワーキングエンドの配置が厳密に対称ではないため、Reever Knotがより良いバージョンであることが示唆されています。[1]
歴史[編集]
Reever Knotは、1928年にAlpine Journalの 40巻目のCEI WrightとJE Magowanによる論文に、2本のロープの接合に推奨される結び目として出ています。[2]

Vice Versa Bendは、Harry Asher(1989)のAlternative Knot Bookに掲載されています。彼の「新しい結び目のシステム」の紹介では、シンプルなサイモン・オーバー、シンプル・サイモン・アンダー、バイス・ヴェルサ・ベンドの3つの新しい結び目のシーケンスを発表します。3つのノットは、シート曲げの面に触発された発達段階を形成し ます。[3]

1995年に出版されたSymmetric Bends:Two Length of Cordを結合する方法で、Milesは60個の対称曲げの結び目理論解析を提示しています。ヴァイス・ヴェルサ・ベンドはこの順番で19番目に現れます。マイルズはアッシャーに結びついており、「2つの反対方向のそれぞれに等しい状態の2つの端が結び目から出てくる」「純粋なストラップの屈曲」と表現しています。[4]

Budworth、の創設メンバー結び目Tyersの国際ギルドは、彼の2000本の中でその逆ベンドを含んで 実用的な結び目のブック。彼はまた結び目をアッシャーに帰する。[5]

Reever KnotとVice Versa Bendの関係は、2004年の記事「Vice Versa BendとReever Knot」でClementsによって最初に指摘されました。[1] 結び目の二つの形式の対称性の彼の分析はReeverノットは、完全に対称で、結び目の改良版であることを示唆するために彼を導きました。Reeverの結び目はコンパクトで流線型であり、より広く知られ、使用される価値があると確信しています。
● Vice Versa Bend の結び方の動画
Ultimate strong knot "Vice versa knot" tie on a desk + tie on hands - YouTube
クロスベンド (Cross Bend) や、ダブルクロス (Double Cross Bend) より さらに強い Ultimate Stronger "Vice versa knot" ・ 滑りやすい合成ロープや硬いロープもOK、万能の結び目。バンジーのつなぎにも使われる。 ・ Vice Versa Knotは...
● Cross bend ( Reever Knot ) の結び方の動画
Easy and strong new knot "Cross Bend" for rope work,climbing and rescue. - YouTube
overturns conventional wisdom of ropework,most Reliable new knot. ロープワークの常識を覆す、最も信頼できる新しいノット Why don't you try? あなたも挑戦してみませんか never luse - never slip off ver...
● どれを選んでも、期待をうらぎることのない、高い信頼性を持った結びだったことが証明された。
本文をよんで。

1928年…、今から90年前 Reever Knot 考案
1989年…、Vice Versa Bend Harry Asher(1989)のAlternative Knot Book
1995年…、Vice Versa Bend Milesは Symmetric Bends:Two Length of Cordの19番目
2004年…、記事「Vice Versa BendとReever Knot」でClementsによって両者の関係性を指摘。
 
以来、いく度か山岳雑誌などに取り上げられているのに、どうして現在の信頼できるロープのテクノロジーとして、残っていないのかが私には理解できません。
( 山岳の雑誌や書籍ではまったく紹介されておらず、過去にスタンダードだったもやい結び(ボウラインノット)から、ダブルエイトに置き換わった変遷の歴史があって、より強いものを求めていく気持ちがなくなってしまっているとしか思えません。それどころか、強度のその…部分にふれることがタブーでもあるかのように思えます。結びの専門家でさえ、強度と緩みを数学的に比較しないで、ゆるまないように末端をウサギの耳のように50センチも残せだの、緩み止めのバックアップでダンゴ3兄弟のようにこぶを連ねるだの、私は本を読んでいて、大いに違和感を感じました。)

・ 常により完全なテクノロジーを求めて、工夫し、失敗をおそれないで思考錯誤し、挑戦するのは、若者の特権です。
( 今よりも明日がより望ましい形に成長する為には、過去のテクノロジーをそのまま覚えるだけでなく、時には離れてみることも成長する為には必要なことで、それで初めて今の常識を破ることができると思います。)

2017年6月…、再び生まれた Cross bend 
2018年10月…、やっとルーツの Reever Knot と Vice Versa Bendに出会う。
( これで、これまでのもやもやが、すっきり晴れて…、次のテーマに専念できます。 ) 
阿部亮樹 氏の著書 イラスト・クライミングの 「 はじめに… 」 から一部引用
『 〜  「正しい技術」はいつもひとつではありません。
クライミングの進化や新しい装備の誕生とともに変化、発展していきます。
それらを見極め、選択していくのは、あなた自身です。 〜 』
"Physical is old, but mind is ever young" ... Makobe.
訪問者数:275人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ