また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 仙台麩の豆乳鍋
更新日:2018年12月05日 訪問者数:183
ジャンル共通 山ごはんレシピ
仙台麩の豆乳鍋
sekihiro
この料理について
秋冬のちょっと寒い時期におススメの鍋料理です。
家で肉の下ごしらえが必要ですが、そのおかげで味がしみ込んで、とっても濃厚な味わいです。
仙台麩はコクがあってボリュームもあるので、山ごはんにはもってこいの食材です!
肉はグラム200円ほどのものを使えば、一人前およそ250〜300円ほどで作れます。
普段は「山で料理なんてしない!」という人も…具材を入れて煮るだけなので、とてもお手軽ですよ!
レシピ(使用する材料)
【4人前】
豚肉・・・300g
味噌・・・60g(大さじ4杯)
仙台麩・・・80g(山形屋スライス仙台麩×2袋)
ショウガ・・・20g
白菜・・・1/4玉
シメジ・・・2パック
豆乳・・・500ml
水・・・300ml
作り方
1.【前日の下ごしらえ】豚肉を食べやすい大きさに切り、味噌とショウガみじん切りを混ぜたものに漬ける。ファスナー付き保存袋に平たく入れると漬かりやすい。(冬場は山行前日に冷蔵、夏場は冷凍しておくとGood)
2.白菜、シメジは食べやすい大きさに切っておこう
3.仙台麩を水(全量)で戻す。戻し用の水は後でそのまま鍋に入れるので、全量で大丈夫!
4.鍋にカットした白菜、シメジを入れる。中火で水分を出させる。
5.ショウガ味噌漬けした豚肉を入れ、味噌が溶けるように混ぜる。
6.味噌が溶けたら水戻しした仙台麩を入れて煮込む
7.豆乳を入れて、3分ほど弱火で煮込む。(沸騰すると煮こぼれするので注意!)
補足
◆具材は鍋物系なら何でもOK、水菜・ニンジン・長ネギもいいぞ!
◆味の濃淡は味噌や水で調整しましょう
◆〆はご飯を投入して雑炊に!ラー油を垂らせば激ウマ!
参考にした資料
フライパンで山ごはん(山と渓谷社)
ISBN 978-4-635-04349-6
材料アレコレ
[仙台麩(油麩)]
■山形屋商店 製品HP
http://www.sendaifu.co.jp/seihin.html

[豆乳]
キッコーマン HP
■調整豆乳
https://www.kikkoman.co.jp/products/product/K581000/index.html
■湯葉もできる豆乳鍋つゆ
https://www.kikkoman.co.jp/products/product/K601521/index.html
訪問者数:183人
-
拍手

sekihiroさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/26
投稿数: 66
2018/12/6 16:06
 仙台麩の活用
はじめまして。
仙台麩は軽くて高カロリーなので山めしにはよいなと以前から目を付けてまして、レトルトカレーに投入して煮込むとか横着なことはやったことあります。
味噌との組み合わせはかなり期待できますね!今度やってみます。
登録日: 2012/11/2
投稿数: 969
2018/12/12 22:16
 Re: 仙台麩の活用
show_imprezaさん

コメント頂きありがとうございます。
仙台麩の豆乳鍋、現地で食していただいた中では女性陣に好評だったのが嬉しかったのですが、やはり味噌と生姜の相性が良かったのだと思います。
日本人にとって、味噌は最強食材のひとつですね!

ちなみに仙台麩は、水戻しして軽く絞ったあと、溶き卵・ツナ缶と軽くあえて、油炒めすると美味しいですよ!沖縄風に島唐辛子をかければつまみにもなるし、ミックス野菜と一緒に塩コショウで炒めれば、子供もモリモリ食べられるおかずに大変身します!
便利な麩は、我が家ではヘビロテです(笑)
ページの先頭へ