また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 100823 全員に公開 雪山ハイキング 磐梯・吾妻・安達太良

分水嶺:中山峠〜額取山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2009年03月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】江古田444ж451池袋502〓510赤羽520〓651宇都宮656〓747黒磯751〓901郡山943〓1012上戸
【復路】夏出1715=郡山1815〓1917黒磯1931〓2021宇都宮2038〓2157赤羽2201〓2210池袋2218ж2227江古田
*「青春18きっぷ」利用

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

上戸駅1013―1055中山峠1110―1206無名峰(753m)―1246(休:スノーシュー装着)1250―1326無名峰(767m)―1414左へ急降下―1505主稜線分岐―1519額取山1529―1555分岐―1605登山口(林道)1610―1630弘法清水―1655夏出バス停
過去天気図(気象庁) 2009年03月の天気図 [pdf]

感想/記録

青春18きっぷの最後の五片目を使って、中央分水嶺の当面の目標区間(中山峠・猪苗代湖〜塩尻峠・諏訪湖)の北端を歩く。下山口である夏出からのバスの時刻(17:15)が制約となり、時間的に余裕のない行程だったため、出発点でも上戸駅から猪苗代湖畔までを歩かずに割愛してしまっただけでなく、休憩もほとんどとれずに水を飲んだ以外は食べ物を口にすることもなく、歩きっぱなし。最後、下山したあとの林道も小走りで夏出バス停まで急いだ(結果的には20分ほどの余裕の到着となった)。
・中山峠(旧道)の手前の風力発電機はちょっと不気味な印象。
・分水嶺はやはり道がなく、ところどころ藪が出ていて、ザックがつっかえたりして歩きにくい箇所あり。
・行程も地形図で見るよりも長く感じられ、なかなかはかどらない。
・左へ一度急降下するところから額取山から延びる稜線に出る間は雪が十分にあって、スノーシューが活躍してくれた。
・額取山は2004年4月3日以来の再訪であったが、今回は山頂には誰もいず、また風で飛ばされてか、積雪が少ないように思われた。
・会津磐梯山は山頂が最後まで雲の中であった。大将旗山の方は良く見えており、郡山市内も見渡せた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:899人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 林道 スノーシュー 分水嶺

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ