ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1013503 全員に公開 ハイキング近畿

多紀連山 丹波篠山御岳793m

日程 2016年11月23日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー8人
天候曇〜小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
0分
合計
3時間40分
S火打岩09:2013:00火打岩G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
旧代々木ゼミナール向い7:00⇒9:15火打岩→10:00鳥居堂跡→10:40大岳寺跡→10:50御岳→11:30大タワ→13:00火打岩
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

写真

火打岩
2016年11月23日 09:42撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打岩
鳥居堂跡
2016年11月23日 10:19撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居堂跡
小雨で濡れた落ち葉道
2016年11月23日 10:32撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨で濡れた落ち葉道
大岳寺跡
2016年11月23日 10:38撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳寺跡
岩のお堂
2016年11月23日 10:54撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩のお堂
ますます暴風
2016年11月23日 11:07撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ますます暴風
御岳みたけ793m
2016年11月23日 11:08撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳みたけ793m
日本海方面、
極寒と小雨のため小金ヶ岳は断念
2016年11月23日 11:50撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海方面、
極寒と小雨のため小金ヶ岳は断念
1
Forest Adventure Tanba SaSayamaのハウスをお借りし昼食
2016年11月23日 11:56撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Forest Adventure Tanba SaSayamaのハウスをお借りし昼食
薪ストーブ
2016年11月23日 11:55撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薪ストーブ
ユニトピアささやま
2016年11月23日 13:36撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユニトピアささやま
ドウダンツツジ
2016年11月23日 14:50撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジ
1
撮影機材:

感想/記録

どんよりした曇り空の中、7時三宮に集合し車2台で出発、8時過ぎに途中のコンビニでもう1台と合流、予定通り9時頃、駐車場に到着しました。
今にも雨が降りそうな天気なので、皆さん急いで用意をし、体操をして出発です。
登山口は、両隣が民家で、まるで軒先を通過しての出発です。すると直ぐに階段上の坂道が始まりました。ここから延々と高低差500m位の登りが御岳山頂まで続きます。
登山道は、良く整備されていて歩き易かったですが、最初から最後まで枯葉が覆う道のため、下山時は、滑り易いので注意が必要でした。
この間、小雨が降ったり止んだり、時折白いものが舞ったりして、その上冷たい北風が容赦なく体温を奪っていきます。途中で、衣服調整も寒さ対策の重要なポイントでした。
今日の天気は、出発時から景観を楽しめる状況では、全くありませんでした。だって、ガスっていて全く眺望がないのです。
山頂から大タワの駐車場まで降りると、今日はこのような天気なので、後半の小金ヶ岳方面へは中止することになり、今日のハイキングは終了となりました。皆さんやれやれの雰囲気が漂います。
そして、昼食タイムとなり、昼食後、CLにホットコーヒーを用意して頂き、冷えた身体が温めることができました。
そして、これから皆で身体の芯まで温まるため、温泉へ向かいました。ホント、冷えた身体には最高の癒しです。入浴後、各自、車に分乗して帰路につきました。(MUK)
<コース状況>危険個所なし。全体的に良く整備されていて歩き易い林道でした。

感想/記録

暴風、小雨の中御岳へ。大タワに下山するが極寒と小金ヶ岳の岩場は雨ですべるため断念。Forest Adventure Tanba SaSayamaのハウスをお借りし昼食。ハウス内の薪ストーブで温まるが吐く息白く12℃。ユニトピアささやま準天然温泉へ。
訪問者数:437人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

ガス 林道 タワ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ