また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1047548 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

茨城県常陸太田市 鍋足山

日程 2017年01月15日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
5分
合計
2時間50分
S大中宿09:3010:47鍋足山10:5211:18おしきび分岐11:50笹原12:20大中宿G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

大中宿の登山口
左に進む。まっすぐ行くと大石・笹原に至る
2017年01月15日 09:38撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大中宿の登山口
左に進む。まっすぐ行くと大石・笹原に至る
林道終わり、山道になる。
2017年01月15日 09:55撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終わり、山道になる。
大石に至るルート
(こういう時名前があると便利)
2017年01月15日 10:31撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石に至るルート
(こういう時名前があると便利)
以前にはなかった表示板
この植物がヤブコウジ?


2017年01月15日 10:35撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前にはなかった表示板
この植物がヤブコウジ?


1
笹原に下るおしきびコース分岐
帰りはここまで戻ってこちらを下る
2017年01月15日 10:37撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原に下るおしきびコース分岐
帰りはここまで戻ってこちらを下る
山頂(1峰)
こちらは表示板はなくなっていた
ハイカーの写真によれば昨年5月にはあった。11月にはなくなっていた?
2017年01月15日 10:44撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂(1峰)
こちらは表示板はなくなっていた
ハイカーの写真によれば昨年5月にはあった。11月にはなくなっていた?
2
おしきびコース 
藪はなし
2017年01月15日 10:59撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしきびコース 
藪はなし
健脚コース 岩うちわコーストの分岐
おしきびってなーに?
キシミのことかな?
2017年01月15日 11:17撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
健脚コース 岩うちわコーストの分岐
おしきびってなーに?
キシミのことかな?
1
ハッチメの滝
2017年01月15日 11:27撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハッチメの滝
1
中ん滝・ハッチメ滝分岐
2017年01月15日 11:41撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ん滝・ハッチメ滝分岐
中ん滝・ハッチメ滝分岐2
2017年01月15日 11:41撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ん滝・ハッチメ滝分岐2
撮影機材:

感想/記録

 前日奥日立きららの里のロッジ(12月から3月間ではロッジの使用料半額でお徳です)で泊りがけの山岳会の新年会があった。次の日のハイキングである。
 陽はサンサンだが今シーズン一番の寒さと道中あてにしていたコンビニが見つからず食料・おやつ不足でテンション低い。あまり面白くもない大中宿からのルートで第一峰に着いたらもう下山したいという。皆さん鍋足山の道なき尾根・沢の藪道はイヤという。
 初めてで様子わからなかったが笹原に降りるおしきびルートをとる。藪はないはっきりした歩きやすい道で藪の嫌いな人にはうってつけであった。

  山頂の表示板はなくなっていたが、黄色の枠でこげ茶色の地に白い文字の看板が多く設置されていた。元来鍋足山はあまり人が入っていなくて表示が少なかったのであるが。3・4年前の山行記録に「表示があって迷わなかった」の旨があって訝しがったのだがこのことか?
 
 自分の独断や感性で勝手?に名前を付けて(大概は説得力があり納得はいくのだが)その命名や普及は早いもん勝ちのように思えるが、現地に表示の手間・暇・費用をかける情熱には脱帽。今回の下山ルートも「そんな名前だったのか、もしくはそう名付けられたのかな」と思った。名前がついていると地形からだけで説明しているより便利である。このようにして山でのポイント名やコース名が普及・定着してくのだろう。
 山行記録=文章だけよりは写真=映像の方がこの作用は強力である。

 帰りは近くの「うぐいすの里」で常陸そばの天ぷらざるそばをおいしく食して解散。
訪問者数:1325人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 テン 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ