また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1053894 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

鏡石山〜海南の秘峰衣笠山から大野城跡まで

日程 2017年01月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
JR海南駅から大十オレンジバスに乗って重根宮橋バス停まで。帰りは海南駅利用予定。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
4分
合計
5時間31分
Sスタート地点12:3014:27衣笠山15:37鏡石山15:4116:19熊尾寺山18:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部ルーファイする事により安全に歩いてます。衣笠山への登りは登山道ではない部分も通ってますのでコース自体はオススメしません。
自己責任でお願いします。

鏡石山や大野城跡は整備されたハイキングコースです。
その他周辺情報海南駅周辺には店は多いです。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

今回も大十オレンジバスの重根宮橋バス停で下車してしばらく歩いたところにある車瀬池を登山口とします。
2017年01月28日 12:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も大十オレンジバスの重根宮橋バス停で下車してしばらく歩いたところにある車瀬池を登山口とします。
この鉄板の橋は凄く撓むので前回怖かったです。危険なのでジャンプして向う岸に。
2017年01月28日 12:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鉄板の橋は凄く撓むので前回怖かったです。危険なのでジャンプして向う岸に。
1
重根の谷筋の山道は20年位前は管理された植林だったのでしっかりした山道がありましたが、今は荒れ放題。この谷の右側斜面を登る道が昔はありましたが、今回も発見できず。
多分道だったであろう部分を登りました。
2017年01月28日 12:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重根の谷筋の山道は20年位前は管理された植林だったのでしっかりした山道がありましたが、今は荒れ放題。この谷の右側斜面を登る道が昔はありましたが、今回も発見できず。
多分道だったであろう部分を登りました。
1
斜面を登り詰めると山腹を通る綺麗な山道に出合います。この区間は綺麗ですが……
2017年01月28日 13:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を登り詰めると山腹を通る綺麗な山道に出合います。この区間は綺麗ですが……
2
四ツ辻に出ました。ここから岩壁をピストンします。帰りに確認するとテープが斜面を登っていたので実は五ツ辻でした。
2017年01月28日 13:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四ツ辻に出ました。ここから岩壁をピストンします。帰りに確認するとテープが斜面を登っていたので実は五ツ辻でした。
1
ピストンで来た岩壁です。今回は行きませんが、正月に登った衣笠山北尾根の登山道はこの上になります。その際は転落注意になります。
2017年01月28日 13:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピストンで来た岩壁です。今回は行きませんが、正月に登った衣笠山北尾根の登山道はこの上になります。その際は転落注意になります。
2
幅40m高さ15mはあるのでしょうか?

そこまでなかったとしてもかなり大きいです。

『重根大岩壁』と命名します。
2017年01月28日 13:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅40m高さ15mはあるのでしょうか?

そこまでなかったとしてもかなり大きいです。

『重根大岩壁』と命名します。
3
できるだけ重根大岩壁の全体を捉えようとしてますが、捉えきれません。

遠くから写したら木々や藪が邪魔になります。
この岩壁も今は亡き祖母との山歩きで発見しました。
2017年01月28日 13:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
できるだけ重根大岩壁の全体を捉えようとしてますが、捉えきれません。

遠くから写したら木々や藪が邪魔になります。
この岩壁も今は亡き祖母との山歩きで発見しました。
2
この大谷団地からの谷も昔は管理された植林でしたが、今は管理する人もいないみたいで山道は倒木があったり崩落してるところがあったりします。
2017年01月28日 13:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大谷団地からの谷も昔は管理された植林でしたが、今は管理する人もいないみたいで山道は倒木があったり崩落してるところがあったりします。
ありました!この木は24年前に祖母とここに初めて来た時も既に枯木で、リスのような小動物が木の上の割れ目からこちらを覗いてました。しばらく睨めっこした後、リスは木の穴の中に隠れました。

今は中がスカスカ過ぎて動物の巣には不向きになってました。
2017年01月28日 13:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありました!この木は24年前に祖母とここに初めて来た時も既に枯木で、リスのような小動物が木の上の割れ目からこちらを覗いてました。しばらく睨めっこした後、リスは木の穴の中に隠れました。

今は中がスカスカ過ぎて動物の巣には不向きになってました。
2
再び五ツ辻にきたのですが、この時尾根に登るテープを発見しました。
しかし尾根の取付きは地形図を見て決めていたのでここから登るのはまた後日にします。
2017年01月28日 13:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び五ツ辻にきたのですが、この時尾根に登るテープを発見しました。
しかし尾根の取付きは地形図を見て決めていたのでここから登るのはまた後日にします。
1
五ツ辻からは車瀬池に流れ込む川源流の谷側に出ます。写真の部分は綺麗な道ですが、少し進むとまた崩落してて跡形もなかったです。
2017年01月28日 13:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五ツ辻からは車瀬池に流れ込む川源流の谷側に出ます。写真の部分は綺麗な道ですが、少し進むとまた崩落してて跡形もなかったです。
炭焼きの窯跡のようなところがあって等高線の幅が広い緩斜面からP224の尾根に取り付きました。
登ると直ぐにあった巨石です。
少し苔が生えてますが、真っ白な岩でこちらの方が鏡石という名に相応しいかも。
2017年01月28日 13:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼きの窯跡のようなところがあって等高線の幅が広い緩斜面からP224の尾根に取り付きました。
登ると直ぐにあった巨石です。
少し苔が生えてますが、真っ白な岩でこちらの方が鏡石という名に相応しいかも。
1
登り詰めると岩が沢山ありました。
2017年01月28日 13:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り詰めると岩が沢山ありました。
衣笠山北東尾根です。自然林が美しい。少し田津原方面を散策してみました。
2017年01月28日 13:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衣笠山北東尾根です。自然林が美しい。少し田津原方面を散策してみました。
P224までは自然林ですが、衣笠山に近づくとまた植林になってきます。
2017年01月28日 14:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P224までは自然林ですが、衣笠山に近づくとまた植林になってきます。
1
衣笠山登頂。今年の正月以来になります。
山頂の仏像。
2017年01月28日 14:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衣笠山登頂。今年の正月以来になります。
山頂の仏像。
3
登山道から出て舗装路を横切り、雨の森ふぁーまーずキッチンの中を通って行きます。
2017年01月28日 14:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道から出て舗装路を横切り、雨の森ふぁーまーずキッチンの中を通って行きます。
2
途中伐採されていて景観が良くなっている地点がありました。
2017年01月28日 15:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中伐採されていて景観が良くなっている地点がありました。
残雪。いつもと逆周りで鏡石に登りましたが、時計回りは徐々に高度を上げて行くのでかなり楽になります。
2017年01月28日 15:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪。いつもと逆周りで鏡石に登りましたが、時計回りは徐々に高度を上げて行くのでかなり楽になります。
2
眺望はほとんどありませんが、心地よくてのんびりできる鏡石山頂。
2017年01月28日 15:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望はほとんどありませんが、心地よくてのんびりできる鏡石山頂。
2
鏡石の自然林は綺麗です。
2017年01月28日 15:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡石の自然林は綺麗です。
鯛ノ峰。
2017年01月28日 15:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鯛ノ峰。
鯛ノ峰を過ぎた辺りで山腹道で見た伐採地の上に出ました。尾根上まで伐採されていました。汲沢辺りの景観が楽しめます。
2017年01月28日 16:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鯛ノ峰を過ぎた辺りで山腹道で見た伐採地の上に出ました。尾根上まで伐採されていました。汲沢辺りの景観が楽しめます。
6
夏場に来ると藪っている熊尾寺山の山頂もこの季節は大丈夫でした。
山名板も確認できます。
2017年01月28日 16:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏場に来ると藪っている熊尾寺山の山頂もこの季節は大丈夫でした。
山名板も確認できます。
大野城跡です。この後海南市鳥居の方向に向けて下りました。
2017年01月28日 16:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大野城跡です。この後海南市鳥居の方向に向けて下りました。
3
撮影機材:

感想/記録

今年の正月に登った海南市の衣笠山から鏡石山、さらに大野城跡まで繋げてみました。

衣笠山は前回北尾根から登りましたが、今回は北東尾根つまりP224のある尾根から登りました。まず前回と同じく重根の車瀬池から山に入ります。この辺りの山は昔、今は亡き祖母とよく探検した想い出深い所です。

20年位前までは管理されてる植林でしたが、今は後継が居ないのか荒れ放題。登山道も所々不明瞭になってますが、当時の面影はしっかりとあります。

まず昔祖母と発見した重根大岩壁に立ち寄りました。正月に来た時は日没間際で横目で登山道の上から岩壁を見ましたが、今回は沢まで下りて写真も撮りました。懐かしかったです。北尾根から登る時は岩壁の上を通りますが、今回は北東尾根から登るのでピストンで戻ります。
戻る途中には祖母との想い出のある枯木を発見。当時も枯木でしたが今も残ってました。

五ツ辻からP224の方角へ登ってるテープがありましたが、予め地形図を見て等高線の幅広の緩斜面から登るつもりでしたので見送りました。

緩斜面の取り付きには窯跡があり、ここからは登山道ではない部分を登ります。中腹から尾根上まで大きな岩が沢山ありました。衣笠山北東尾根も北尾根と同じく自然林の綺麗な心地よい尾根道でした。北尾根はテープすらなく誰も登った形跡がありませんでしたが、北東尾根は踏み跡もありテープも何種類かあります。田津原方面から登るのが一般的のようで、綺麗な尾根沿いの踏み跡がありました。

P224付近まで自然林は続きますが、さらに衣笠山に近づくと植林も多くなります。

雨の森ふぁーまーずキッチンを過ぎてからいつもと逆向きで鏡石山へ。途中大野城主の墓や別所茶屋跡を通り過ぎると伐採されてる場所がありました。一部残雪を踏みしめて鏡石山山頂へ。ここで生まれて初めてキツツキを生で見る事ができました。登山中にキツツキが木をつつく音はよく耳にしてましたが、今回実際に見る事ができて良かったです。
写真も撮りましたがスマホなので鳥はさすがに良く撮れませんでした。調べるとコアカゲラかコゲラのようでした。

最後は鏡石山からは鯛ノ峰、熊尾寺山を経て、大野城跡から海南市街の降りました。

もちろん下山後は海南市での飲み歩き。GPSは海南駅ではなく居酒屋までとなっております。

訪問者数:479人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/6/12
投稿数: 40
2017/1/29 19:27
 HEPPOKO登山のHIROYUKIです。
おばあさんと一緒に歩いた道を大人になって歩く。
懐かしいですよね。
昔一緒に見た木も、残ってくれてるんですね。
私も近所の山を歩いた時、懐かしい気持ちになりました。
未踏の場所でなくても、何かしら感じるものがありますね。
とても感慨深く拝見させて頂きました。
ありがとうございます。
登録日: 2016/1/25
投稿数: 110
2017/1/29 19:55
 Re: HEPPOKO登山のHIROYUKIです。
HIROYUKIさん。コメントありがとうございます。

祖母は昨年102歳で亡くなりました。私はおばあちゃん子でしたので、大人になってからもよく海南の家に遊びに行って一緒に山登りをしたりゲートボールを教えてもらったりしてました。

祖母との思い出の枯木も20年以上が過ぎた今も残ってくれていて嬉しかったです。老人ホームに入ってからも岩壁や枯れ木の事はずっと覚えていて懐かしそうに話してました。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ