また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1053960 全員に公開 ハイキング奥武蔵

ロウバイを見に宝登山と長瀞アルプス(長瀞駅→宝登山→長瀞アルプス→野上駅)

日程 2017年01月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴

基本は暑くなく寒くなく、冬の低山登山に最適な気候でした。
私の低山の真冬の格好で行きましたが、宝登山の登りは暑かったものの、下りは立ち止まるとちょっと冷たい感じ。
アクセス
利用交通機関
電車
行き
長瀞着9:19の直通快速急行
但し到着は5分程の遅れ

帰り
野上発12:39
御花畑着13:08
西武秩父発13:39
13:25のレッドアローはパスしました。しかしこれが運命の分かれ道。
14:31に飯能に到着して14:40発のFライナー快速急行に乗車。
これで何もかもがうまく行く筈だったのが清瀬・東久留米間で停車して「ひばりヶ丘・保谷間の踏切で人身事故が発生しました。この電車は東久留米で暫く運転を見合わせます」と言う放送。結局東久留米には50分近く留まる事になりました。
レッドアローに乗っていればクリア出来たのに!

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間31分
休憩
27分
合計
2時間58分
S長瀞駅09:3409:45宝登山麓駅10:23宝登山頂駅10:38宝登山10:5411:17奈良沢峠11:33野上峠11:4412:19南向山萬福密寺12:32野上駅12:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雪が無くて何か良さそうな場所と言う事で、ロウバイが見頃になったと言う宝登山に行ってみる事にしました。いつも乗っている直通快速急行でそのまま長瀞に行けますし。

一週間前の週間天気予報では土曜日は曇りか雨の予報だったのが、週が開けてからの予報で曇り時々晴れ→晴れのち曇り→快晴とどんどん良くなって天候としては最高になりました。
コース状況/
危険箇所等
長瀞駅→寶登山神社
駅前をまっすぐ進めば何の問題も無く到着します。
登山道入口もはっきりしています。

寶登山神社→宝登山
車が通れる程の道を登って行きますが、途中からショートカットの道が出現します。
西武のハイキングマップには「通行禁止の近道」とありますが、そんな表示は全く無くて登山者が次々とその道に入って行くので私もついて行きました。普通の登山道に慣れているなら問題ないですが、少しでも不安があるのならやめておきましょう。

宝登山→宝登山登山口
階段が所々にあります。この方向だと下りなのであまり苦になりません。

宝登山登山口→ナラ沢峠
舗装された林道を歩きます。

ナラ沢峠→野上峠→萬福寺
いわゆる長瀞アルプスですが、そんなにアップダウンはありません。飯能アルプスだと「あのピーク目指して直登する道なんだろうな」と言うのが最初から巻道になっている感じです。
但し今日の天候でも少しぬかるんでいる場所がありました。ドロドロと言う程でも無いですが、濡れた泥と言う感じです。
その他周辺情報長瀞駅から宝登山山頂まではトイレの心配は要りません。
長瀞アルプスにはトイレはありません。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

9:34 電車が遅れたので9:30出発予定でしたが、少し遅れての出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:34 電車が遅れたので9:30出発予定でしたが、少し遅れての出発です。
1
9:45 寶登山神社横の登山道入口です。
雪が見えますが、登山道には雪はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:45 寶登山神社横の登山道入口です。
雪が見えますが、登山道には雪はありません。
1
こうやってみんなショートカットを陸続と登って行くのです。
こっちの方が山道ぽいですし、傾斜もあるので登った気持ちになれますし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやってみんなショートカットを陸続と登って行くのです。
こっちの方が山道ぽいですし、傾斜もあるので登った気持ちになれますし。
3
10:23 ショートカットしたせいもありますが、もうロープウェイ山頂駅の付近に到着しました。標準コースタイムは1時間程なのでかなりの短縮です。
この先にロウバイ園があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:23 ショートカットしたせいもありますが、もうロープウェイ山頂駅の付近に到着しました。標準コースタイムは1時間程なのでかなりの短縮です。
この先にロウバイ園があります。
東ロウバイ園。
こっちは未だあまり咲いていません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東ロウバイ園。
こっちは未だあまり咲いていません。
1
一部咲いている樹の下にて
「甘い匂いがするモフ」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部咲いている樹の下にて
「甘い匂いがするモフ」
2
西園の方はもうすっかり見頃です。
ただ、ある人が歩いている時に去年と比べたらさっぱりと言う感じの言葉が聞こえました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西園の方はもうすっかり見頃です。
ただ、ある人が歩いている時に去年と比べたらさっぱりと言う感じの言葉が聞こえました。
西園から見た秩父市街地と武甲山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西園から見た秩父市街地と武甲山
10:38 そうやってぶらぶら歩いているうちに宝登山の山頂に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:38 そうやってぶらぶら歩いているうちに宝登山の山頂に到着しました。
1
10:42 折角なので寶登山神社奥宮へ参拝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:42 折角なので寶登山神社奥宮へ参拝です。
1
10:54 山頂標識の所へ戻って長瀞アルプスの方へ出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:54 山頂標識の所へ戻って長瀞アルプスの方へ出発します。
ハイキングマップでは200段階段とあったのでちょっとビビリながら行きましたが、階段は途切れ途切れなので下りでは大した事はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキングマップでは200段階段とあったのでちょっとビビリながら行きましたが、階段は途切れ途切れなので下りでは大した事はありません。
11:17 ナラ沢峠です。
小鳥峠は場所がよくわからなかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:17 ナラ沢峠です。
小鳥峠は場所がよくわからなかったです。
11:33 野上峠です。
ここでお昼を食べました。
11:44に出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:33 野上峠です。
ここでお昼を食べました。
11:44に出発します。
11:58 天狗山分岐です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:58 天狗山分岐です。
この先、「民有林」と言う看板があって100円をカンパしろと言うポストがあります。
民有地の整備には要るだろうなと思って入れましたが、うーん、本当に整備に使われるんでしょうかね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、「民有林」と言う看板があって100円をカンパしろと言うポストがあります。
民有地の整備には要るだろうなと思って入れましたが、うーん、本当に整備に使われるんでしょうかね。
1
落葉した季節だと野上の市街が見えますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉した季節だと野上の市街が見えますね。
登山道も最後になってこんな凍ってる場所が。
でも氷の無い部分もあるので大丈夫です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道も最後になってこんな凍ってる場所が。
でも氷の無い部分もあるので大丈夫です。
1
12:19 萬福寺の登山口に到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:19 萬福寺の登山口に到着です。
1
12:32 野上駅に到着しました。
140号を渡る信号が結構待たされるので電車の時間が迫っている時はそこで焦らない様に。車がひっきりなしに走るので信号無視横断は危険です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:32 野上駅に到着しました。
140号を渡る信号が結構待たされるので電車の時間が迫っている時はそこで焦らない様に。車がひっきりなしに走るので信号無視横断は危険です。
2

感想/記録

正丸トンネルを抜けて芦ヶ久保に出た時は駅周辺にかなりの積雪があって「え?大丈夫?」と思ったのですが、このコースで雪を心配する場所はありません。

宝登山へのショートカットコースは急登と言う程ではないですが、それなりの傾斜になって、私程度では健脚の方に随分抜いて貰いました。て言うか身体が鈍ってるのかも。最近は緩い山ばっかりだったので。

長瀞アルプスは登って来る人がとても多かったです。
意外に人気コースなんですね。
訪問者数:247人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ