また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1061645 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

女峰山(黒岩尾根 敗退)

日程 2017年02月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→雪→雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
■行き
前日山行後、東照宮周辺のホテルへ宿泊
ホテルから徒歩で東照宮へ。

■帰り
15:45頃 東照宮 総合会館前バス停から日光駅
東武日光駅から電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間40分
休憩
1時間0分
合計
10時間40分
Sスタート地点04:5105:16行者堂05:49殺生禁断境石06:19稚児ヶ墓06:2806:55水場分岐07:38白樺金剛09:07八風09:0909:25遥拝石09:3611:36竜巻山12:1413:04八風13:31白樺金剛13:52水場分岐14:12稚児ヶ墓15:14行者堂15:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・登山ポスト:行者堂
・コース
行きはツボ足orワカン。
〜水場分岐:積雪うすめ
水場分岐先〜八風手前の岩稜まで:トレース薄or無し。脛〜膝ラッセル(ワカン)。
八風〜遥拝石:岩は雪少、トラバースは雪まあまあ
遥拝石の先の急登:膝〜腿ラッセル(ツボ足)
箱石金剛手前の急登:一番雪吹き溜まってて深かった、腿〜股下(ワカン)
帰りは12本アイゼンで。
その他周辺情報温泉:日光ステーションホテル 700円
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

日光 せっかく来たしね。
今日はソロで女峰山へ ホテル4時出の予定も出遅れ。
さぁ第2ラウンド では〜レッツゴー!
2017年02月05日 04:51撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光 せっかく来たしね。
今日はソロで女峰山へ ホテル4時出の予定も出遅れ。
さぁ第2ラウンド では〜レッツゴー!
2
二荒山神社にて旅の無事を。
一昨年 秋の日光連山以来です。
2017年02月05日 04:57撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二荒山神社にて旅の無事を。
一昨年 秋の日光連山以来です。
3
行者堂へ。
暗闇の中、後ろから修験者の方。
内心めっちゃびっくりしたが、ご挨拶。
2017年02月05日 05:16撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者堂へ。
暗闇の中、後ろから修験者の方。
内心めっちゃびっくりしたが、ご挨拶。
4
ずんずん進む。
2017年02月05日 06:05撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずんずん進む。
一瞬見晴らしのよい平原から
2017年02月05日 06:13撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬見晴らしのよい平原から
稚児ヶ墓へ。
2017年02月05日 06:19撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児ヶ墓へ。
ほどなくご来光。
今日は朝は天気がいい
2017年02月05日 06:51撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなくご来光。
今日は朝は天気がいい
18
静かに夜が明けていく
2017年02月05日 06:53撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かに夜が明けていく
1
赤みを帯びた男体山 きれい^^
2017年02月05日 06:54撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤みを帯びた男体山 きれい^^
16
水場分岐へ。
2017年02月05日 06:55撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場分岐へ。
振り返って、自分の足跡。
2017年02月05日 06:56撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、自分の足跡。
15
ここまでは順調でしたが、樹林帯へ入ると、
トレースが薄く消えかかり、吹き溜まってきました。
2017年02月05日 07:08撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでは順調でしたが、樹林帯へ入ると、
トレースが薄く消えかかり、吹き溜まってきました。
ワカン装着。
2017年02月05日 07:20撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカン装着。
1
意外ともぐる。脛〜ひざぐらい。
2017年02月05日 07:20撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外ともぐる。脛〜ひざぐらい。
2
緩やかですが、雪重め。
2017年02月05日 08:03撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかですが、雪重め。
7
モーニング休憩。
2017年02月05日 08:13撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モーニング休憩。
2
思うようにペースが上がらなさげ。
2017年02月05日 08:26撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思うようにペースが上がらなさげ。
1
なんとか尾根に乗った感
2017年02月05日 08:41撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか尾根に乗った感
鹿のふんでしょうか。しこたまあります
2017年02月05日 08:44撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿のふんでしょうか。しこたまあります
遠くに日光の町並み いい天気です。
2017年02月05日 09:02撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに日光の町並み いい天気です。
3
やっと岩に出た
2017年02月05日 09:05撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと岩に出た
2
赤薙方面の稜線
2017年02月05日 09:08撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙方面の稜線
15
トラバースから
2017年02月05日 09:18撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースから
1
逢拝石到着〜!
2017年02月05日 09:25撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逢拝石到着〜!
前女峰山はガスの中
2017年02月05日 09:26撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前女峰山はガスの中
2
赤薙奥社跡から
2017年02月05日 09:26撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙奥社跡から
3
眼下に雲竜渓谷
今日のテーマの1つ。
冬のこれ見たかったのです〜
2017年02月05日 09:29撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に雲竜渓谷
今日のテーマの1つ。
冬のこれ見たかったのです〜
9
七滝の氷瀑
2017年02月05日 09:32撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝の氷瀑
12
この先急登。雪がさらに深くなってきた。
2017年02月05日 09:33撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先急登。雪がさらに深くなってきた。
登った先の激励^^
2017年02月05日 09:56撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った先の激励^^
3
鎖場を避け、木々の間を抜け
2017年02月05日 10:08撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を避け、木々の間を抜け
10:15降雪 崩れると想定していた時間とほぼ同じ
2017年02月05日 10:15撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:15降雪 崩れると想定していた時間とほぼ同じ
注意しながら進みつつ
2017年02月05日 10:19撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意しながら進みつつ
1
左手は展望が開けます
2017年02月05日 10:18撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手は展望が開けます
3
そのすぐ先の急登 雪が吹き溜まっていて悪戦苦闘。
足の付根まで潜ったり、コース変えるとずり落ちたり。
ラッセル、いい勉強になりました。
2017年02月05日 10:33撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのすぐ先の急登 雪が吹き溜まっていて悪戦苦闘。
足の付根まで潜ったり、コース変えるとずり落ちたり。
ラッセル、いい勉強になりました。
2
なんとか登って
2017年02月05日 11:18撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか登って
箱石金剛から
2017年02月05日 11:34撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱石金剛から
2
竜巻山へ!
届きそうにないので、ここで敗退。
いや〜ラッセル楽しかった。
2017年02月05日 11:36撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜巻山へ!
届きそうにないので、ここで敗退。
いや〜ラッセル楽しかった。
7
軽食&ココアで体あっためて
2017年02月05日 11:58撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽食&ココアで体あっためて
14
下山しましょうかね〜。
いつかリベンジしたいなー!
2017年02月05日 12:20撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しましょうかね〜。
いつかリベンジしたいなー!
2
帰りは鎖場使って
2017年02月05日 12:33撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは鎖場使って
風はさほど強くないので安心です。
2017年02月05日 12:54撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風はさほど強くないので安心です。
2
さっき登った自分の足跡がもう消えかかってる。
2017年02月05日 13:08撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき登った自分の足跡がもう消えかかってる。
この先ずぼずぼ
2017年02月05日 13:31撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先ずぼずぼ
2
無事原っぱへ。
2017年02月05日 13:55撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事原っぱへ。
1
ここまで来れば安心です
2017年02月05日 14:12撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来れば安心です
行者堂でお礼を。
2017年02月05日 15:14撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者堂でお礼を。
1
この道 ほんといい雰囲気だなぁ
2017年02月05日 15:25撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道 ほんといい雰囲気だなぁ
5
無事下山 お疲れ様でしたー!!
2017年02月05日 15:31撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山 お疲れ様でしたー!!
5
再びステーションホテルでひとっ風呂。
2017年02月05日 16:11撮影 by PENTAX MX-1, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びステーションホテルでひとっ風呂。
2

感想/記録

前日雲竜渓谷のあと、厳冬の女峰山へ。
一昨年前に秋の日光連山を縦走して以来の再訪。
冬は人が少ないと聞いていましたが、この日は自分一人でした。

予報によると、気温-5度程度で風は弱め。天気は10;30頃から崩れると想定し、
吹雪かなければ12:00をタイムリミット、状況で早めの撤退を念頭に入れ登る。
トレースは全体的には薄っすらあるので充分手がかりになった。
雪の少ないところはくっきり残っていた。
吹き溜まりはノントレース、と状況は場所によって変化する。
前日ずっと晴天だし、
スノーシュートレースが1名分は確認できたので
おそらく入山者はいたんだと思う。
あんな晴天でもきっと山の上では降雪があり、雪が積もったんだと思った。
白樺金剛までは順調に歩けたが、その先の樹林帯から様相が次第に雪深く
思いの他もぐる。ツボ足⇔ワカンを着脱しながら行きは行った。
遥拝石の先の急登も雪は多めだったが、その先の雪庇を通過したあとの急登が
一番雪深く、ワカンをつけてもなかなか登れない。
この時点で竜巻山まで行って敗退しようと決意。
風も弱めなので、あわてずココアで体あっためて、下山。

なかなかかんたんに登らせてくれない冬の女峰山、とても楽しかったです^^
ラッセル三昧で、勉強にもなったし、ガッツリチャレンジした感満載。
またいつかリベンジで!^^

訪問者数:920人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/1/11
投稿数: 395
2017/2/11 18:48
 日光を楽しまれたようで!
shitroenさん、遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。
雲竜&バカ尾根(黒岩尾根)2日連続で女峰を楽しまれたようで!
「ニッコウメッサイイトコネー♪」な、素敵な思い出になりましたか?

バカ尾根(黒岩尾根)日帰り挑戦はかっこいいです!なにげに甲斐駒黒戸尾根と遜色ない標高差ですし(雪深さは条件次第で違いありですが)入山者はこちらのが少ないでしょうから厳しいラッセルだったのではないかと。そのモチベーションには感化されるものがあります

リベンジは雲竜→黒岩直登→女峰ってのはどうでしょう
(日光登山でお会いしたことあるおっちゃんが昔やったことあるって言ってました )
登録日: 2013/3/21
投稿数: 27
2017/2/11 22:25
 はじめまして
shitroenさん、はじめまして!
今日女峰山に日帰りで登ろうとして竜巻山で敗退したものですが、最近全く同じ場所まで日帰りで行かれた方がいると下山後に知って驚いたので、コメントさせていただきました

竜巻山まではこちらもそれなりにラッセルになりましたが、ふかふかの雪の下にトレースがあると分かる場所も多かったので、おそらくshitroenさんが踏み固められた跡だったのではと。

自分は誰にも会わないかと思っていたので、単独の方+4人パーティに会ったのはちょっと意外でした。

なかなか簡単にはいかない所みたいですが、変化があって見どころも多くて良い山ですよね
登録日: 2012/6/19
投稿数: 176
2017/2/12 22:02
 Re: 日光を楽しまれたようで!
AIKENさん 今年もどうぞよろしくお願いします!

ニッコウめっさイイトコねー♪
はい〜黒岩尾根は自分の中でも黒戸尾根と被っていてテンション↑ます^^
ソロで1日でここを踏破するには、条件やスノーシューなど装備がものを言うなぁと感じました。
また挑戦したいと思います。

黒岩直登なんてルートあるんですか!?、めっちゃ気になるー!w
登録日: 2012/6/19
投稿数: 176
2017/2/12 22:23
 Re: はじめまして
orochiさん こんにちは
女峰山 お疲れ様でした。
公共機関で日帰り!大変な挑戦でしたね^^

私が入ったときは全般的には雪もしまっていた方でしたので
比較的登りやすい条件だったように思います。
ただ樹林帯の吹き溜まりや急斜面でのプチラッセルは
この尾根の冬の厳しさを知るのにいい経験でした。
私も急登で登りきれず方向を少し変えたりと時間的なロスが多々ありましたので、、
まだまだ自身が未熟なところが多かったように思います。

この尾根は展望が変化に富んでいて見どころたくさんですね。
今回は残念な結果ですが、条件のいいときまたチャレンジしてみたいと思います。

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ