また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1066541 全員に公開 雪山ハイキング中国

冬季出雲北山(西側)ハイク

日程 2017年02月16日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みせん広場に駐車。簡易トイレ、自販機あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

みせん広場(7:46)〜修理免登山口(7:52)〜弥山(8:33〜8:41)〜鈴谷峠(9:37)〜周辺散策、ルートミス〜遙堪峠登山口(10:58)〜遙堪峠(11:28〜11:34)〜樽戸峠(12:06)〜正参道登山口(12:35)〜弥山(13:28)〜みせん広場(13:58)

所要時間:6時間12分
コース状況/
危険箇所等
 2月10日夜〜12日にかけて山陰、特に鳥取東部を中心に大雪に見舞われた。その影響で出雲北山もこの日もまだ雪が残っていた。だいたい標高300メートル以上だと雪が見られただろうか。
 修理免参道は特別危険箇所はなし。新しく何合目かわかる標識がたてられていた。しかも一合ずつ。
 弥山からは縦走路を東へ。まずは鈴谷峠まで。途中にある極楽山西面の涅槃坂がこの日一番の難所だったかもしれない。段差がない急斜面で雪も中途半端についてるので、なかなか登れないし、下りは滑落しやすい。
 鈴谷峠からは南下し、国道の一本北の道を東に進み遙堪峠登山口を探す。探しているうちに上遙堪の北側の最終民家まで登り詰めてしまう。ここからでも登山道に合流できなくもないが、不安なので出雲市の方に連絡。とりあえず、引き返して遙堪峠登山口を探すことに。すると見つけた。見逃していた。ちなみに上遙堪の北側民家横からのびる道からも登山道に合流できるらしい。
 遙堪峠からは縦走路を西へ。樽戸峠まで。ここから南下。多少荒れており、きわどいトラバースがあったりと楽しませてくれる。
 正参道登山口からは再び登り返し、弥山まで。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

ここから弥山の一番使われているであろうノーマルルートの修理免参道のはじまり。矢印にはむかい、北にいくと薬師谷へ。
2017年02月16日 07:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから弥山の一番使われているであろうノーマルルートの修理免参道のはじまり。矢印にはむかい、北にいくと薬師谷へ。
1
合数の表示はありがたい。
2017年02月16日 08:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合数の表示はありがたい。
4合目をすぎたあたりから雪が出現。
2017年02月16日 08:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目をすぎたあたりから雪が出現。
これで半分。
2017年02月16日 08:14撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これで半分。
人気ルートなのですでにあしあとがいっぱい。
2017年02月16日 08:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人気ルートなのですでにあしあとがいっぱい。
梯子坂。ここが一番好き。
2017年02月16日 08:30撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子坂。ここが一番好き。
2
弥山山頂から日本海沿いの景色を楽しむ。
2017年02月16日 08:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山山頂から日本海沿いの景色を楽しむ。
2
同行者のKさんはゲーターにゴアシューズ。僕はネオプレンソックスにゲーター+トレランシューズ。雪道仕様。
2017年02月16日 08:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同行者のKさんはゲーターにゴアシューズ。僕はネオプレンソックスにゲーター+トレランシューズ。雪道仕様。
1
縦走路は雪がたっぷり。せっかくなので走らせてもらう。
2017年02月16日 08:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路は雪がたっぷり。せっかくなので走らせてもらう。
1
出雲三大急坂の一つ、鼻突岩。
2017年02月16日 08:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出雲三大急坂の一つ、鼻突岩。
1
木漏れ日がさしてきて気持ちのいい走りができた。
2017年02月16日 09:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日がさしてきて気持ちのいい走りができた。
くまの足跡か! と思ったらお猿さんらしい。けっこう焦った。20センチくらいあったし。
2017年02月16日 09:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くまの足跡か! と思ったらお猿さんらしい。けっこう焦った。20センチくらいあったし。
2
極楽山って名付けた人のネーミングセンスよ。
2017年02月16日 09:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極楽山って名付けた人のネーミングセンスよ。
鈴谷峠は道がはっきりと分かる十字路の峠。出雲北山の三大峠はここと遙堪峠、伊努谷峠だろうか。
2017年02月16日 09:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴谷峠は道がはっきりと分かる十字路の峠。出雲北山の三大峠はここと遙堪峠、伊努谷峠だろうか。
自転車らしきあとがあった。雪道をマウンテンバイクなんていいね。
2017年02月16日 09:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自転車らしきあとがあった。雪道をマウンテンバイクなんていいね。
シューズはもはや濡れに濡れて中まで水が浸透していたが、さすがのネオプレン。冷たくはならず。
2017年02月16日 09:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シューズはもはや濡れに濡れて中まで水が浸透していたが、さすがのネオプレン。冷たくはならず。
1
鈴谷峠の南登山道はハープパイプを思わせられる地形。
2017年02月16日 09:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴谷峠の南登山道はハープパイプを思わせられる地形。
1
左からでてきた。
2017年02月16日 10:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左からでてきた。
天平古道もきになるが、どこの道のことをいうかはわからず。
2017年02月16日 10:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天平古道もきになるが、どこの道のことをいうかはわからず。
上遙堪の北側、最後の民家をこえたあたり。ここからでも遙堪峠登山道に合流できるらしいが、この日は安全をきして正規ルートで登った。
2017年02月16日 10:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上遙堪の北側、最後の民家をこえたあたり。ここからでも遙堪峠登山道に合流できるらしいが、この日は安全をきして正規ルートで登った。
1
ここが遙堪峠登山口。通り過ぎていたようだった。
2017年02月16日 10:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが遙堪峠登山口。通り過ぎていたようだった。
2
おじぞうさんが各所に点在していた。
2017年02月16日 11:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おじぞうさんが各所に点在していた。
この辺で前をKさんに譲る。「トレーニングしたいんです」とのこと。膝を痛めてるので下りはとばせないらしい。
2017年02月16日 11:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で前をKさんに譲る。「トレーニングしたいんです」とのこと。膝を痛めてるので下りはとばせないらしい。
遙堪峠に到着。Kさんはトレーニングのために上りを走ったのでかなり心肺に負荷がかかっていた。
2017年02月16日 11:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遙堪峠に到着。Kさんはトレーニングのために上りを走ったのでかなり心肺に負荷がかかっていた。
1
再び鈴谷峠。
2017年02月16日 11:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び鈴谷峠。
樽戸峠の南登山道へ。
2017年02月16日 12:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽戸峠の南登山道へ。
気を抜くと滑落しそう。
2017年02月16日 12:14撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を抜くと滑落しそう。
この木の右側奥から下ってきた。
2017年02月16日 12:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木の右側奥から下ってきた。
弥山を南東からみる。
2017年02月16日 12:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山を南東からみる。
南東面にはゴーロと呼ばれるはげた地帯がある。その中心に一本の大木が。興味深い。
2017年02月16日 12:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東面にはゴーロと呼ばれるはげた地帯がある。その中心に一本の大木が。興味深い。
正参道から最後の上り。
2017年02月16日 12:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正参道から最後の上り。
縦走路に合流。
2017年02月16日 13:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に合流。
朝は見えなかった三瓶山がみえた。左の緑があるところは浜山公園。いずもくにびきマラソンの会場だが、今年は大雪のため中止になってしまった。
2017年02月16日 13:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は見えなかった三瓶山がみえた。左の緑があるところは浜山公園。いずもくにびきマラソンの会場だが、今年は大雪のため中止になってしまった。
1
最後はとばして下る。前ももがけっこうな疲労。僕も膝を痛めてるので無理はできない。アラサー、アラフィフの二人なので怪我ともうまく付き合っていかないといけないと思う。お互いに高い意識をもってこれからもトレーニングにいそしみたい。
2017年02月16日 13:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はとばして下る。前ももがけっこうな疲労。僕も膝を痛めてるので無理はできない。アラサー、アラフィフの二人なので怪我ともうまく付き合っていかないといけないと思う。お互いに高い意識をもってこれからもトレーニングにいそしみたい。
2

感想/記録
by sappan

 2月でも山を長時間走れる山はないかと思い、出雲北山の地にやってきた。北山にとっては珍しく雪が積もっていたと思う。貴重なときにきたもんだ。
 雪が積もった縦走路のランはとくに楽しく、もう一度練習しにきたいと思った。近くにこういう山があるのがとにかくうらやましい。
訪問者数:393人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/9
投稿数: 1337
2017/2/21 1:55
 日本海の景色
sappanさん、こんばんは。
弥山山頂から見る日本海、すごくきれいですね
あまり高くない山のようなので、日本海は見えないのかと思ってました。
変化もあってなかなか歩きごたえのありそうなコースですね。
しばらく嫁さんの母方の実家に行ってませんが、行ったときにはぜひこのあたりを歩いてみたいと思います
登録日: 2011/12/19
投稿数: 153
2017/2/21 9:10
 Re: 日本海の景色
 おはようございます。はい。ここからの景色は三瓶山もみえたり絶景だと思います^^ 東西全部縦走したら蒜山三座くらいの負荷があるかもしれません。しかもルートが豊冨なので何度足運んでも新しい発見がありますね。ぜひいってみてください。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

滑落 テン ゴーロ ゴア 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ