また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1072047 全員に公開 講習/トレーニング日高山脈

佐幌岳【雪洞/ビーコン講習】

日程 2017年02月25日(土) 〜 2017年02月26日(日)
メンバー , その他メンバー5人
天候1日目、曇りのち小雪
2日目、曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
狩勝峠に広い駐車場があります
コース状況/
危険箇所等
南西尾根は今シーズンも雪庇が発達しています。踏み抜きや雪崩、悪天候時の道迷い等に注意してください。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

am.10:06 狩勝峠登山口にて出発の準備です。この日は飲み物や食材の方が重かったかも・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
am.10:06 狩勝峠登山口にて出発の準備です。この日は飲み物や食材の方が重かったかも・・・
雪洞掘りに最適な場所を求めてスタートです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞掘りに最適な場所を求めてスタートです
この辺りがいんでないかい?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りがいんでないかい?
場所を決めたら早速作業に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所を決めたら早速作業に入ります。
2
尾根の下はウソみたいに風が無く、寒さを感じませんでした。雪を削り固めて足場を確保し出入口を掘ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の下はウソみたいに風が無く、寒さを感じませんでした。雪を削り固めて足場を確保し出入口を掘ります。
3
今回は7人用の広いスペースが必要なので左側からも穴を掘り進め、奥で貫通させる方法です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は7人用の広いスペースが必要なので左側からも穴を掘り進め、奥で貫通させる方法です。
「やったー!」貫通の瞬間に大ベテランの先輩方も満面の笑みです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「やったー!」貫通の瞬間に大ベテランの先輩方も満面の笑みです。
7
更に掘り進め、天井、壁、床を平らに仕上げていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に掘り進め、天井、壁、床を平らに仕上げていきます。
出入口にブロックを積み上げて必要最小限の広さにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出入口にブロックを積み上げて必要最小限の広さにします。
4
棚も作り小物類のスペースに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚も作り小物類のスペースに
7
出入口の完成です。もう少し低い方が暖かくて良いとの事でした。下部を塞いで狭くしても雪洞内の冷気が逃げて行かないそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出入口の完成です。もう少し低い方が暖かくて良いとの事でした。下部を塞いで狭くしても雪洞内の冷気が逃げて行かないそうです。
4
左側の作業用の出入口は完全に塞ぎました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の作業用の出入口は完全に塞ぎました。
2
いつの間にかワインもしっかり冷やしていました(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にかワインもしっかり冷やしていました(笑)
4
雪洞が完成するとビーコン講習です。定期的にやらないとイザというときに迅速かつ正確に操作できるか疑問です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞が完成するとビーコン講習です。定期的にやらないとイザというときに迅速かつ正確に操作できるか疑問です。
1
次はゾンデ棒を刺して雪中に埋めたモノを探し当てます。全員真剣です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はゾンデ棒を刺して雪中に埋めたモノを探し当てます。全員真剣です。
5
雪洞の上には立ち入り禁止の表示をします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞の上には立ち入り禁止の表示をします。
5
完成した雪洞です。この中で直ぐに楽しいミーティング!?が始まりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完成した雪洞です。この中で直ぐに楽しいミーティング!?が始まりました。
2
雪洞でジンギスカンにホットワインなんて初めてです。夢のような時間が流れて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞でジンギスカンにホットワインなんて初めてです。夢のような時間が流れて行きます。
10
翌朝、暖気の影響で天井がかなり下がりました。少しでも凹凸があると水がポタポタ落ちてくるので天井の仕上げは大切です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、暖気の影響で天井がかなり下がりました。少しでも凹凸があると水がポタポタ落ちてくるので天井の仕上げは大切です。
5
四隅に掘った溝が冷気を和らげてくれるそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四隅に掘った溝が冷気を和らげてくれるそうです。
6
楽しかった雪洞体験も無事終了。十勝晴れの朝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しかった雪洞体験も無事終了。十勝晴れの朝です。
3
転落事故防止の為、雪洞を埋めてしまいます。「もったいない〜」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転落事故防止の為、雪洞を埋めてしまいます。「もったいない〜」
6
完了です。お疲れさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完了です。お疲れさまでした。
3

感想/記録

冬山登山を楽しむ人なら誰もが一番気をつけているのが遭難ではないでしょうか・・・
天気の急変や道迷い、怪我等で一夜を雪の中で過ごすことになった時、生存率を高める非常に効果的なものが雪洞を作れるかどうかだと思います。

今回は経験豊かな大先輩方が雪洞体験とビーコン講習をやるとの話があり、待ってましたとばかりにメンバーに入れてもらいました。

先ずは雪洞に適した場所を探すことです。この日は先輩が下見に入り予め適した場所を決めていました。尾根の風下側の危険のない場所でした。
場所を決めたら足場を固めてブルーシートを広げて出入口から掘っていき、雪の塊をブルーシートに乗せて雪を落としました。出入口は極力小さい方が良いようです。今回は7人用のスペースが必要なので左側にもう一ヶ所穴を掘り進め、奥で右に掘り貫通させる方法を取りました。
交代で掘り進めましたが、尾根上の凍てつく寒風がウソのように静かで、暑くて汗をかきながらの作業でした。
ある程度の空間が確保できたら仕上がりに入りますが、この時一番注意したいのが天井の仕上げのようです。と言うのもドーム型にキレイに平らにしないと暖気で水滴が落ち続け熟睡できなくなるからです。今回も昔の民家の雨漏りのようにコッヘルを水滴受けに置いたりしました。また、朝になると天井の真ん中を中心に垂れ下がって低くなりました。
あとは床の縁に冷気を逃す小さな溝を掘ると良いようです。小物類を置く棚も必要です。
これらの作業は緊迫した状況ではなかったので、童心に還ったようでとても楽しかったです。

雪洞の完成後、今度はビーコンの講習とゾンデ棒を使い埋設されているモノを捜索しました。

全ての講習が終わり、まだ夕方の早い時間でしたが雪洞内でジンギスカンやホットワインで親睦会が盛り上がり、先輩方の貴重な体験談なども聞くことが出来ました。
そして早い時間に就寝。夜、用足しに雪洞を出ると強烈な寒さと吹雪・・・

外は荒れ狂う猛吹雪でも、雪洞の中は別世界というのも頷けました。

翌朝、みんなで朝食のおしるこを食べてから出発の準備を済ませ、最後はみんなで力を合わせて作り、一晩夢のような時間を提供してくれた雪洞を崩す作業に入りました。
もったいないようですが、知らずに雪洞の上を歩いた人が踏み抜いたりしないようにするには必要なことですね・・・

雪洞作りは専門誌やネットなどで学ぶことは出来ますが、更に実際に作ることで万が一の状況になった際に余裕を持って作れるか否かに繋がるのではないでしょうか。
訪問者数:469人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/8
投稿数: 706
2017/2/26 21:01
 今度作り方指南して下さい!
沢山練習して、ご教示ください!
割と本気です
登録日: 2014/11/9
投稿数: 332
2017/2/26 21:42
 Re: 今度作り方指南して下さい!
tacaさんの本気度、理解できます(^-^)
完成度の高い雪洞はテントより風や寒さの影響も少なく、日高の縦走には最適かもしれませんからね・・・
ボクも機会があれば何度も作り、より完成度を高めたいと思っています。やはり実践あるのみでしょうか・・・
またtacaさんと山行の予定を立て、悪天候等で中止するとき等に第二案として一緒に雪洞作りをしましょうか(^^)v
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ