また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1073543 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

イエローフォール

日程 2017年02月26日(日) [日帰り]
メンバー
 toru_5717(CL)
, その他メンバー2人
天候晴れ後くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
裏磐梯スキー場に車を停められます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
28分
合計
3時間45分
S裏磐梯ゲレンデトップ09:5710:23銅沼10:53イエローホール11:2013:27銅沼13:2813:38裏磐梯ゲレンデトップ13:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
本日は、今季最終の山スキーの講習をおこないました。

まずは、リフトトップにてシールが貼れなくなった時やシールが切れてしまい使えなくなった時の為に捨て縄にて簡易シールの作り方を教え山行開始しました。

山行開始10分後・・・
簡易シールが外れる自体になりやはり今の丸いタイプの板ではテープなどで固定が必要なようだ。
自分と他1名は、シール無しで他メンバーはシールを張り山行する。

イエローフォールまでの高低差を考えるとシールが無くても歩くことが出来ないと他の山行で歩けなるのでいかに自分が道具に頼っているかがわかる。

今回の目的地、イエローフォールだが全く育っておらずイエローでも無い・・・
今年もまた不当たりのようだ。

その後少し下った場所にてツェルト建て、一人用雪洞作成、ビーコン探索を行う。

雪洞だがいい場所がなかったのでまず下に掘り入口を作成した。
正規な雪洞作成だが他のメンバーに作り方の考えを教えたので応用はきくと思いたい。

今回にて山スキーの基本的なやり方などを教えるのは終了したのだが根本的に道具に頼り教えられた事を体で覚えるまで反復練習や応用など知識として頭の中に入ってはいるのだがそれで止まり自分から動く事ができないので次回からの課題として自分の力量を見誤りが起こっているので自分の教え方含め考えていきたいと思う。
コース状況/
危険箇所等
銅沼は、場所によって踏み抜く可能性あり ゲレンデ内は歩けないのでスノーシューの方はリフト往復券必要です。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 マフラー ネックウォーマー 毛帽子 ザック 行動食 非常食 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
訪問者数:210人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スノーシュー リフト
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ