また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1086826 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走富士・御坂

雪たっぷりの 宝永山 は、春の気配

日程 2017年03月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候午前中は快晴、午後はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
40分
合計
7時間30分
S水ヶ塚06:3009:20山体観測装置09:50第一火口へ下りポイント10:50宝永山頂11:1011:50第二と第三の火口淵12:1012:20第三火口から御殿庭への分岐12:40御殿庭上14:00水ヶ塚G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
3月に入り富士山は積雪が増えています。淵から第一火口へ降りるトラバースは完全に埋まっています。 3月に入ってから降った新雪の下には凍結面があります。
積雪は多いですが、重い雪でストックのバスケットに付着して面倒でした。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーシュー
備考 アイゼン

写真

出発前、水ヶ塚公園から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発前、水ヶ塚公園から
3
樹林帯を出た山体観測装置への登りは、通常岩ゴロゴロですが今回20〜30cmの積雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を出た山体観測装置への登りは、通常岩ゴロゴロですが今回20〜30cmの積雪
1
まだら模様になっている事が多い、第二火口越の宝永山も真っ白
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだら模様になっている事が多い、第二火口越の宝永山も真っ白
火口の淵も雪がない事がおおいですが、今回はズボズボです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口の淵も雪がない事がおおいですが、今回はズボズボです。
1
第一火口へ降りるトラーバースが完全に埋まっています。
カチカチだったら諦める所ですが、そうでもなく膝までもぐるような状態ですので進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一火口へ降りるトラーバースが完全に埋まっています。
カチカチだったら諦める所ですが、そうでもなく膝までもぐるような状態ですので進みます。
第一火口内も雪タップリで、場所によっては膝くらいまでもぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一火口内も雪タップリで、場所によっては膝くらいまでもぐります。
夏道はラッセルが大変そうなので、直登します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道はラッセルが大変そうなので、直登します。
10時50分山頂着、風の強い宝永山にしてはおだやかで富士山を眺めながら食事が出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時50分山頂着、風の強い宝永山にしてはおだやかで富士山を眺めながら食事が出来ました。
3
チェーンスパイクに負荷をかけないように雪がある所を下ります。時々硬い雪面が出てくるので慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクに負荷をかけないように雪がある所を下ります。時々硬い雪面が出てくるので慎重に。
第一火口内に戻りました。また向こう側に登り返すのが面倒です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一火口内に戻りました。また向こう側に登り返すのが面倒です。
そこで第二火口内を下る事にします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこで第二火口内を下る事にします。
途中、見上げた宝永山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、見上げた宝永山
1
第二と第三の淵から見返します。あれほど晴れていましたがもうガスガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二と第三の淵から見返します。あれほど晴れていましたがもうガスガス。
ここで休憩としましたが、無風で日差しもあり火口の形状もあいまってか、ものすごく暑かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで休憩としましたが、無風で日差しもあり火口の形状もあいまってか、ものすごく暑かったです。
1
第三火口にもそのままスノーシューで突っ込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三火口にもそのままスノーシューで突っ込みます。
1
御殿庭に戻るルートへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿庭に戻るルートへ
樹林内は積雪もさらに豊富
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林内は積雪もさらに豊富
ズボズボを充分堪能し御殿庭上に無事合流。
後は来たトレースをたどって水ヶ塚もどりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボズボを充分堪能し御殿庭上に無事合流。
後は来たトレースをたどって水ヶ塚もどりました。
1
訪問者数:320人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ