また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1088994 全員に公開 ハイキング近畿

見山〜千疋山は敗退〜その後は飲み歩き

日程 2017年03月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車
JRきのくに線の和佐駅から出発
帰りは御坊駅を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
3分
合計
4時間36分
Sスタート地点11:0914:28見山14:3115:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
千疋山山頂近くの貯水タンクまではコンクリートの管理道。タンクからは凄まじいブッシュ。

見山は整備されたハイキングコース。地理院の古道は凄まじいブッシュ。
その他周辺情報和佐駅前に自動販売機あり。
御坊駅には沢山店があります。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

JRの和佐駅から出発しました。
駅周辺には自動販売機があります。
2017年03月19日 11:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JRの和佐駅から出発しました。
駅周辺には自動販売機があります。
3
和佐駅の脇に咲いていた菜の花。
2017年03月19日 11:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和佐駅の脇に咲いていた菜の花。
3
線路を渡ってこの小道を歩きます。
2017年03月19日 11:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
線路を渡ってこの小道を歩きます。
橋を渡ります。
2017年03月19日 11:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ります。
1
タチツボスミレ。
2017年03月19日 11:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ。
3
オオイヌフグリ。
2017年03月19日 11:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオイヌフグリ。
1
この県道25号線を歩きます。
2017年03月19日 11:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この県道25号線を歩きます。
千疋山に登頂する為、まずここを曲がって貯水タンクを目指します。
2017年03月19日 11:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千疋山に登頂する為、まずここを曲がって貯水タンクを目指します。
すぐに貯水タンク管理用のコンクリート道になります。
2017年03月19日 11:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに貯水タンク管理用のコンクリート道になります。
貯水タンク近くから。よい眺望です。御坊市街や美浜町が見えていました。もちろん煙樹ヶ浜も。
2017年03月19日 12:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貯水タンク近くから。よい眺望です。御坊市街や美浜町が見えていました。もちろん煙樹ヶ浜も。
1
貯水タンクに到着です。立入禁止の表示はないですが、柵があるので周りを回って裏手に出ます。
2017年03月19日 12:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貯水タンクに到着です。立入禁止の表示はないですが、柵があるので周りを回って裏手に出ます。
1
見山が良く見えていました。
2017年03月19日 12:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見山が良く見えていました。
1
この上を通ります。
2017年03月19日 12:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上を通ります。
4
日高川が良い感じで見えました。
2017年03月19日 12:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日高川が良い感じで見えました。
2
貯水タンク周りは凄まじいブッシュで裏手に出るのは凄く大変でした。
タンクの裏から千疋山の尾根の端に登るとさらに凄いブッシュだったので引き返しました。
2017年03月19日 12:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貯水タンク周りは凄まじいブッシュで裏手に出るのは凄く大変でした。
タンクの裏から千疋山の尾根の端に登るとさらに凄いブッシュだったので引き返しました。
2
千疋山。無念の敗退です。
諦めて貯水タンクから稜線沿いに見山を目指しましたが、こちらも藪で引き返しました。一旦下山し別ルートをさぐります。
2017年03月19日 12:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千疋山。無念の敗退です。
諦めて貯水タンクから稜線沿いに見山を目指しましたが、こちらも藪で引き返しました。一旦下山し別ルートをさぐります。
地理院の地図を参考にこの池の堤防から出てる尾根沿いの古道からアタックを試みました。
2017年03月19日 13:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地理院の地図を参考にこの池の堤防から出てる尾根沿いの古道からアタックを試みました。
2
鉄塔管理用の関電の階段でした。
凄まじい急登。
2017年03月19日 13:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔管理用の関電の階段でした。
凄まじい急登。
鉄塔に到着。ここからの古道が完全にブッシュ化してたので、またもや引き返します。真冬なら無理をすればいけるレベルでしたが。イバラも酷い。
2017年03月19日 13:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔に到着。ここからの古道が完全にブッシュ化してたので、またもや引き返します。真冬なら無理をすればいけるレベルでしたが。イバラも酷い。
さらに北側まで回り込むと阪和自動車道の下に階段と見山登山口の表示がありました。
ちゃんとしたハイキングコースになってるみたいです。
2017年03月19日 13:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに北側まで回り込むと阪和自動車道の下に階段と見山登山口の表示がありました。
ちゃんとしたハイキングコースになってるみたいです。
2
最初はこの整備された階段を登っていきます。藪に阻まれ続けたので登山道のありがた味が強く感じられました。両サイドに手すりまでついていました。
2017年03月19日 14:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はこの整備された階段を登っていきます。藪に阻まれ続けたので登山道のありがた味が強く感じられました。両サイドに手すりまでついていました。
階段を登るとこの展望。野口新橋のむこうは御坊市街。
2017年03月19日 14:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を登るとこの展望。野口新橋のむこうは御坊市街。
3
本格的な山道になりますが山頂までトラロープが張られていました。ありがたや。
2017年03月19日 14:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本格的な山道になりますが山頂までトラロープが張られていました。ありがたや。
日々是好日
2017年03月19日 14:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日々是好日
1
至れり尽くせりの登山道。近くの木からトラロープを補助してます。
2017年03月19日 14:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至れり尽くせりの登山道。近くの木からトラロープを補助してます。
これは手作りの遊具でしょうか?
かなり疲れていたので写真を撮るだけにしました。
2017年03月19日 14:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは手作りの遊具でしょうか?
かなり疲れていたので写真を撮るだけにしました。
1
登山道のところどころに色んな物が置かれていました。
2017年03月19日 14:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道のところどころに色んな物が置かれていました。
3
この岩の急登を登ると見山の山頂です。
2017年03月19日 14:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩の急登を登ると見山の山頂です。
山頂から。見事な眺望。
2017年03月19日 14:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から。見事な眺望。
5
手作りの鉄琴。鳴らしてみました。
2017年03月19日 14:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手作りの鉄琴。鳴らしてみました。
見山の説明板。今はトビに似ているという松はありません。
2017年03月19日 14:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見山の説明板。今はトビに似ているという松はありません。
この道に夢と希望と感謝をと書かれていました。
2017年03月19日 14:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道に夢と希望と感謝をと書かれていました。
1
山頂から。
2017年03月19日 14:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から。
2
煙樹ヶ浜方面。
2017年03月19日 14:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煙樹ヶ浜方面。
1
南側にも降りる道があったみたいです。山の際まで行かないと表示がないのでこちらの登山口は見つける事ができませんでした。今回はここからは降りずに稜線沿いに東進します。
2017年03月19日 14:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側にも降りる道があったみたいです。山の際まで行かないと表示がないのでこちらの登山口は見つける事ができませんでした。今回はここからは降りずに稜線沿いに東進します。
尾根沿いに進みます。ここから案内やロープは無くなりますが、踏み跡はあります。やや藪っているところも。
2017年03月19日 14:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根沿いに進みます。ここから案内やロープは無くなりますが、踏み跡はあります。やや藪っているところも。
上野口降り口の看板が出てたのでここから降ります。この先にも千疋山に向かって踏み跡はありましたが、途中でブッシュに閉ざされるはずです。
2017年03月19日 14:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野口降り口の看板が出てたのでここから降ります。この先にも千疋山に向かって踏み跡はありましたが、途中でブッシュに閉ざされるはずです。
つづら折りに降ると四阿がありました。ここで少し休憩。
2017年03月19日 14:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづら折りに降ると四阿がありました。ここで少し休憩。
1
さらに降るとアスファルト道にでます。
2017年03月19日 14:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに降るとアスファルト道にでます。
日高川に架かる野口新橋から。
GPSは途中の小松原南交差点まで。
2017年03月19日 15:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日高川に架かる野口新橋から。
GPSは途中の小松原南交差点まで。
1
御坊市街で飲み歩きました。
2017年03月19日 17:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御坊市街で飲み歩きました。
6
撮影機材:

感想/記録

前日の金勝アルプス登山の疲れが残る中、和歌山県御坊市の見山と日高川町の千疋山に登ってきました。
降り立った和佐駅前には商店もありましたが閉まっていました。自動販売機はあります。
車を避ける為に線路脇の小道を歩きます。長閑な田園風景に癒されながら進むと小さな赤い鉄橋を渡ります。まず千疋山に登りますが、事前に地理院の地図を見て決めていた貯水タンクを目指す為に山の南側に回り込みました。
しばらく県道沿いに歩いて右に曲がって貯水タンクの管理道を登ります。車も通る道なので斜度もなく楽に貯水タンクまで辿りつきました。
千疋山は貯水タンクの向こうになるので貯水タンクの裏手に回り込んだのですが、貯水タンクの周りは凄い藪で回り込むだけで大変でした。
さらにタンクの裏手から千疋山を目指しましたが、尾根の先端に登るとさらに凄まじい藪で突破できる気がしないレベルだったので引き返しました。あえなく敗退。地理院の地図にも道はないですし、元々古道すらなかったのでしょう。
今度はそこから直接見山を稜線沿いに目指しましたが、こちらもかなりシダの藪がすごかった。真冬なら全然突破できるレベルでしたが、もうマダニが出現してるみたいなので引き返しました。一旦下山して西側に回り込んで池の堤防からでてる地理院の破線道を目指しました。堤防から直ぐに関西電力の鉄塔管理用の階段でした。かなりの急登を登ると直ぐに鉄塔に出ますが、そこから先に踏み跡はありませんでした。羊歯ブッシュを漕いで少し進みましたがイバラも多くてかなり難儀な道です。こちらも真冬ならば突破可能なレベルでしたが、ブッシュがかなり長く続きそうなのとマダニが心配なのでまた引き返しました。
もう見山も諦めてメインの御坊市街飲み歩きに向かおうかと迷いましたが、気を取り直して阪和自動車道の御坊トンネル北側付近から出ている地理院破線道を目指しました。
なんとこちらの道はハイキングコースになってるみたいで、阪和自動車道の下の階段脇に案内板がありました。舗装路終点からは綺麗な階段があって、登りきると山道になります。
コースは結構急登ですが、山頂までずっとトラロープが張られていてありがたかったです。これまでの藪道とはえらい違いでした。
山頂直下は岩場になっていて登りつめると見晴らしのよい山頂で、沢山登山記念の木札がかけられていました。
山頂から南側にも降りる道があったみたいです。しかしまた南側に行くのが億劫なので、そのまま稜線沿いに東進する事にしました。見山の東側は踏み跡こそあるものの、途中には案内やロープは無かったです。不安になりながら歩いていると、ようやく上野口降り口という案内板があったので上野口を目指しました。なんと上野口には四阿や駐車スペースもあって凄く整備されていました。

千疋山は敗退でしたが、見山には登れて良かったです。地元の人々から親しまれてる感じでした。

もちろん最後は御坊市街の飲み歩きで締めました。
訪問者数:297人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ