また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1092665 全員に公開 山滑走道南

フモンナイ岳

日程 2017年03月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇り(下山後、なんと雨!?)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間8分
休憩
0分
合計
8時間8分
Sスタート地点07:1513:27フモンナイ岳15:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道を離れ、北東尾根の取りつくルート(co400〜550)どりにミスしていますので、参考にしないでください。
その他周辺情報温泉ホテル きたひやま(1人400円)
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

本日も長い林道歩きからスタート。
2017年03月25日 07:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日も長い林道歩きからスタート。
今回は、なんちゃってsea to summit。潮さいを聞きながら、林道を歩きます。
2017年03月25日 07:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は、なんちゃってsea to summit。潮さいを聞きながら、林道を歩きます。
1
春の気配。
2017年03月25日 08:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春の気配。
林道を離れ、北東尾根にとりつくも、ルートミス。co400からco550まで雪崩斜面に入り込み、最後はシートラ+つぼで無理やり登りました。この間のログは参考にしないで下さい!
2017年03月25日 09:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を離れ、北東尾根にとりつくも、ルートミス。co400からco550まで雪崩斜面に入り込み、最後はシートラ+つぼで無理やり登りました。この間のログは参考にしないで下さい!
こんな斜面に迷い込みました。ログよりさらにクライマーズレフトの尾根が登行ルートとして適当でした・・・・
2017年03月25日 10:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな斜面に迷い込みました。ログよりさらにクライマーズレフトの尾根が登行ルートとして適当でした・・・・
1
苦闘の末、ようやく尾根に乗りました。
2017年03月25日 10:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苦闘の末、ようやく尾根に乗りました。
北東尾根は穏やかで雪山ハイキングです。
2017年03月25日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東尾根は穏やかで雪山ハイキングです。
2
大平山が見えてきました。
2017年03月25日 11:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山が見えてきました。
2
だいぶ高度を上げてきました。海の向こうに積丹半島の山々が。
2017年03月25日 11:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ高度を上げてきました。海の向こうに積丹半島の山々が。
2
co950を超え、台地に乗りあげると、フモンナイ岳がドーンと望まれます。
2017年03月25日 11:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
co950を超え、台地に乗りあげると、フモンナイ岳がドーンと望まれます。
6
なかなか近づきません。
2017年03月25日 12:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか近づきません。
2
標高をあげると、東狩場山も見えてきました。素晴らしい斜面を抱えています。
2017年03月25日 13:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高をあげると、東狩場山も見えてきました。素晴らしい斜面を抱えています。
2
山頂近く、大平山よりも高いところを歩きます。
2017年03月25日 13:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近く、大平山よりも高いところを歩きます。
フモンナイのピークはもうすぐ。
2017年03月25日 13:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フモンナイのピークはもうすぐ。
2
山頂、到着。狩場山が雲で隠れていたので、大平山を背景にパチリ。
2017年03月25日 13:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂、到着。狩場山が雲で隠れていたので、大平山を背景にパチリ。
9
海を挟んで、余別岳と積丹岳。
2017年03月25日 13:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海を挟んで、余別岳と積丹岳。
2
東狩場山方向。
2017年03月25日 13:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東狩場山方向。
残念ながら狩場山は雲の中。厳冬期の雰囲気をちょっぴり纏った姿を見れて、感激!
2017年03月25日 13:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら狩場山は雲の中。厳冬期の雰囲気をちょっぴり纏った姿を見れて、感激!
2
フモンナイ川左股の沢源頭の斜面、ここを滑ると登り返しがもれなくついてくるので、その体力は残されていないので、今回は残念ながらパス。
2017年03月25日 13:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フモンナイ川左股の沢源頭の斜面、ここを滑ると登り返しがもれなくついてくるので、その体力は残されていないので、今回は残念ながらパス。
2
登り返しがないように東斜面をco1050まで落としました。パウダーを頂戴しました。大満足!!
2017年03月25日 13:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しがないように東斜面をco1050まで落としました。パウダーを頂戴しました。大満足!!
3
フモンナイ岳、楽しませていただき、ありがとうございました。
2017年03月25日 14:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フモンナイ岳、楽しませていただき、ありがとうございました。
4
海に向かって滑って、帰ります。お疲れ様でした。
2017年03月25日 14:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海に向かって滑って、帰ります。お疲れ様でした。
3

感想/記録

国道より九助林道を500m入ったところで除雪終点から入山しました。凡そ3kmほど林道を歩き、そこから北東尾根に取りつきましたが、北向き斜面でシールスリップをいやがり、東側に巻きながら登行した結果、雪崩斜面に入り込み、co400から550までは登行に苦労しました。このルートはダメでした。尾根に乗れば、穏やかな登行ルートで森林限界(850m以上)を超えると、大きな山体が目に飛びこんできます。
標高を上げるにつれ、青空のもと絶景が広がります。山頂からは狩場山だけに雲がかかり、すっきりした姿を拝むことはできませんでしたが、3月の狩場山を初めて見ました。
滑走欲をそそられる大斜面がたくさんあって、再訪したいと思います。ただ厳冬期は人を寄せ付けない厳しさがあり、春限定の山域ですが・・・・
訪問者数:501人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

森林限界 林道 雪崩
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ