また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1093488 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

旧新穂高スキー場より岩坪山へ(途中敗退)

日程 2017年03月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
閉鎖されている新穂高スキー場へ向かう林道の除雪最終地点に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間37分
休憩
15分
合計
2時間52分
Sスタート地点06:2808:001360m敗退08:1509:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

コース状況/
危険箇所等
スキー場まで向かう林道はそれなりに距離があり、基本的にフラット。帰りは結構きつそうです。
その他周辺情報辺りは温泉だらけです。栃尾温泉の荒神の湯で汗を流してきましたが、まだ季節が早いのか、ぬるめの湯加減でした。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

ここからスタート
2017年03月26日 06:29撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート
何とか雪、つながってます
2017年03月26日 06:31撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか雪、つながってます
雪庇崩落が行く手を阻む
2017年03月26日 07:01撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇崩落が行く手を阻む
新穂高スキー場着。林道けっこう長かったなぁ。
2017年03月26日 07:04撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高スキー場着。林道けっこう長かったなぁ。
1
強烈な藪が
2017年03月26日 07:13撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強烈な藪が
リフト跡か送電線の跡か…。
2017年03月26日 07:20撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト跡か送電線の跡か…。
1
パウダーだったら楽しそうなんだけどなぁ
2017年03月26日 07:47撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パウダーだったら楽しそうなんだけどなぁ
1
帰りの林道で。尾根は藪が濃く通過は難儀しそう。
2017年03月26日 08:59撮影 by SOV32, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの林道で。尾根は藪が濃く通過は難儀しそう。

感想/記録

最近マイブームの「追憶のゲレンデ」
先週に引き続き、今日は閉鎖された新穂高スキー場へ行ってきました。
スキー場ピークの上に1362mピークがあり、その奥には1899.6mピークの岩坪山があるんですが、な〜んか今日はモチが上がらずの状態でスタート。

ダラダラ林道が続き、ようやくスキー場跡へ。緩やかな傾斜のゲレンデ跡が自然に帰ろうとしてます。悪くない雰囲気のなか緩斜面をクリアすると一本の無木立のコースが。そこに吸い込まれるようにハイクを進めますがこれが失敗。どんどん急登と化し、我慢の登行が続きます。GPSを確かめるとずい分1362mピークから外れ、この先まだまだ続く気配。倒木で進路を塞がれたところでエネ補給しようとザックのなかをまさぐると、「あれっ、ない!!食材全部置いてきた!!」(涙)

ここで心が折れてしまいました。「何としてもピークに立ってやる!!」というモチベーションがない状態で登行してたので折れるのもあっさり。そう躊躇することなくシールを剥ぎ、モナカ雪の斜面に揉まれて帰還。

余力的にまだまだでしたが、そのような状態で上に行ってもロクなことがない。こんな日はとっとと撤収が身の為ってことでのヘタレ山行でした。
訪問者数:203人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ