また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1094346 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

御岳山(上養沢-長尾平-御岳山-大楢峠-奥多摩)

日程 2017年03月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨、高所は雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:武蔵五日市から上養沢行バスで大岳鍾乳洞入口下車
帰り:奥多摩駅からJR利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
25分
合計
5時間29分
S大岳鍾乳洞入口バス停09:0109:05上養沢バス停09:35日の出山登山口(柿平園地)10:15養沢林道行き止まり10:2011:00長尾平分岐11:05長尾平展望台11:0711:09長尾平分岐11:1011:30御岳山11:3513:00大楢峠13:1013:48ゴンザス尾根登山口13:5014:30奥多摩駅14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪で滑りやすくなっている他は特に問題は無い
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

サルギ尾根の予定であったが、悪天候なので林道経由御岳山に変更である
2017年03月26日 09:00撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルギ尾根の予定であったが、悪天候なので林道経由御岳山に変更である
1
山の上は白くなり始めている
2017年03月26日 09:06撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の上は白くなり始めている
1
サルオガセのようなものがぶら下がっている。キヨスミイトゴケというサルオガセの仲間だとのこと。
2017年03月26日 09:39撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセのようなものがぶら下がっている。キヨスミイトゴケというサルオガセの仲間だとのこと。
1
上は雪なのだろうか、と思いながら先を急ぐ
2017年03月26日 09:39撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上は雪なのだろうか、と思いながら先を急ぐ
1
少し雪が積もり始めた。徐々に気温が上がって雨に変わるだろうと思いながら歩いている。
2017年03月26日 09:51撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雪が積もり始めた。徐々に気温が上がって雨に変わるだろうと思いながら歩いている。
1
木々に雪の花が咲き始めた。まだ積雪を信じていない。
2017年03月26日 10:00撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々に雪の花が咲き始めた。まだ積雪を信じていない。
1
路上にも少し積もり始めた
2017年03月26日 10:00撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路上にも少し積もり始めた
1
行く手の山は完全な雪景色
2017年03月26日 10:07撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手の山は完全な雪景色
2
林道の終点に到着。林道は全面真っ白になった。
2017年03月26日 10:16撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の終点に到着。林道は全面真っ白になった。
3
雪のボンボリを撮って、さあ山道へ
2017年03月26日 10:16撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のボンボリを撮って、さあ山道へ
1
湿雪のためカメラが濡れてしまうので、途中ははしょって、長尾平到着。20cmくらい積もっています。
2017年03月26日 10:56撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿雪のためカメラが濡れてしまうので、途中ははしょって、長尾平到着。20cmくらい積もっています。
2
その代り静かです。小屋の親父もケーブルカーが運休になるのを心配して下るそうです。したがって、コーヒーはお休み。甘酒を暖めてもらいました。
2017年03月26日 10:58撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その代り静かです。小屋の親父もケーブルカーが運休になるのを心配して下るそうです。したがって、コーヒーはお休み。甘酒を暖めてもらいました。
2
手付かずの新雪です
2017年03月26日 10:59撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手付かずの新雪です
2
ヘリポートからサルギ尾根を見る。左が高岩山、右が上高岩山。
2017年03月26日 11:00撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリポートからサルギ尾根を見る。左が高岩山、右が上高岩山。
4
反対側の日の出山
2017年03月26日 11:01撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側の日の出山
2
下界の方は雲海になっていました
2017年03月26日 11:28撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界の方は雲海になっていました
2
長尾平を後に、山頂へ登り、長居は無用と下山開始です。駒鳥茶屋のエサ台にはイカルが数羽来ていました。
2017年03月26日 11:40撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾平を後に、山頂へ登り、長居は無用と下山開始です。駒鳥茶屋のエサ台にはイカルが数羽来ていました。
1
さあ、大楢峠に向かいます。道は15-20cmの積雪があり、靴の上に溜まってきます。ただ、靴底にくっつくことはなく、それほど歩き難い訳でもありません。
2017年03月26日 12:04撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、大楢峠に向かいます。道は15-20cmの積雪があり、靴の上に溜まってきます。ただ、靴底にくっつくことはなく、それほど歩き難い訳でもありません。
1
なかなか標高が下がりませんが、いつもの歩き易い道です
2017年03月26日 12:10撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか標高が下がりませんが、いつもの歩き易い道です
1
岩が露出している沢のところはちょっと気を遣いましたが、あとは順調に下りました
2017年03月26日 12:10撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が露出している沢のところはちょっと気を遣いましたが、あとは順調に下りました
1
もう下界は近い
2017年03月26日 13:46撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう下界は近い
1
奥多摩霊園のところに下山です
2017年03月26日 13:48撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩霊園のところに下山です
1
霊園の前からの山並み。石尾根方面と思われます。
2017年03月26日 13:52撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊園の前からの山並み。石尾根方面と思われます。
1
奥多摩に来たらここです。今回は山頂のビアが無かったので、ここでシコタマでした。
2017年03月26日 14:39撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩に来たらここです。今回は山頂のビアが無かったので、ここでシコタマでした。
2
撮影機材:

感想/記録

3月2回目の山行は、サルギ尾根から大岳山を計画していたが、2-3日前から天気予報が悪くなり、とうとう前日の予報では一日中雨で、雪が混じるような見通しになってしまっていた。
それで、同行者と急遽同行者と調整して御岳山に変更することにした。
ただ、滝本からケーブル下の道路を歩いても良いが、もう少し気の利いたところを歩きたく、上養沢からの道を取ることにした。
上養沢では、確かに寒かったが、雨もそれほど強い訳ではなかった。しかし、歩き始めて1時間ほど、林道の終点に着く頃には本格的な降雪の世界になった。
11時ごろ長尾平に着いたが、ここは全面新雪の世界、小屋番によれば3年ぶりの大雪だそうだ。売店で甘酒を所望して、大楢峠へ向かった。
大楢峠への道は、積雪15cmくらいの新雪の道。多少あるきづらかったが、夏とあまり変わらない時間で大楢峠着。
ここから海沢へ下る道を取る。40分ほどで登山口着、あとは道なりに奥多摩駅に向かい、途中そば屋で杯を傾けたのである。
訪問者数:389人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ