また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1102394 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

国見尾根〜裏道 足慣らしのつもりが道迷いしそうに

日程 2017年04月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨後曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
18分
合計
4時間3分
S裏道登山ポスト10:4011:02藤内小屋11:0711:53境石の碑11:5812:22天狗岩付近12:43国見岳分岐13:02国見峠13:1014:43裏道国道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

遅い出発で、藤内小屋には11:00ごろ到着。
2017年04月09日 11:02撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅い出発で、藤内小屋には11:00ごろ到着。
1
藤内小屋裏の橋を渡る。こちらへ行くのは何年ぶりか?
2017年04月09日 11:05撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤内小屋裏の橋を渡る。こちらへ行くのは何年ぶりか?
国見尾根に取り付く。
2017年04月09日 11:07撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見尾根に取り付く。
このルートの前半は根が張った急登が続く。
2017年04月09日 11:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートの前半は根が張った急登が続く。
雪解け間もないこの時期は、土が流されて登山道が崩落しているところが結構ある。これでも登山道です。
2017年04月09日 11:33撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解け間もないこの時期は、土が流されて登山道が崩落しているところが結構ある。これでも登山道です。
ここからは晴れていれば、北谷を挟んで対岸の中道がよく見えるがガスって眺望悪し。
2017年04月09日 11:53撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは晴れていれば、北谷を挟んで対岸の中道がよく見えるがガスって眺望悪し。
しばらく待っていたら、一瞬ガスが晴れて中道方面が見えた。
2017年04月09日 11:53撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく待っていたら、一瞬ガスが晴れて中道方面が見えた。
1
これはキレットの辺り?
2017年04月09日 11:53撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはキレットの辺り?
1
中央は地蔵岩?
2017年04月09日 11:54撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央は地蔵岩?
1
右が天狗岩で左がゆるぎ岩のはず。
2017年04月09日 12:22撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が天狗岩で左がゆるぎ岩のはず。
2
奇岩群を過ぎると雪が出てきた。
2017年04月09日 12:32撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩群を過ぎると雪が出てきた。
台地状の国見岳山頂付近は道に迷いそう。この標識を見つけて一安心したが・・・
2017年04月09日 12:43撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台地状の国見岳山頂付近は道に迷いそう。この標識を見つけて一安心したが・・・
歩いてきた方向を振り返る。逆方向の方がより分かりにくい。
2017年04月09日 12:44撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた方向を振り返る。逆方向の方がより分かりにくい。
国見峠への下りは登山道を雪が覆い、その下を水が流れ、スノーブリッジ状態が続く。雪の上を歩くのは危険、というより歩けない。
2017年04月09日 12:55撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見峠への下りは登山道を雪が覆い、その下を水が流れ、スノーブリッジ状態が続く。雪の上を歩くのは危険、というより歩けない。
1
結構苦労してここまでたどり着いた。
2017年04月09日 13:04撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構苦労してここまでたどり着いた。
山頂方面はガスガス、雪はグズグズ、風はビュービュー。「もうやーめた。」と下山することに決めた。
2017年04月09日 13:07撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面はガスガス、雪はグズグズ、風はビュービュー。「もうやーめた。」と下山することに決めた。
藤内の岩壁もガスの中。
2017年04月09日 13:44撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤内の岩壁もガスの中。
藤内沢の雪上を歩くのは怖すぎる状態。
2017年04月09日 13:53撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤内沢の雪上を歩くのは怖すぎる状態。

感想/記録

 3月4日に伊吹山に行って以来、5週間ぶりの山行だった。山に行きたくなるような天気ではなかったが、山行の間が開くのも嫌なので、とりあえず登山口まで行ってみようと家を出た。遅めの到着だったにも関わらず、裏道の駐車場は空きが目立っていた。
 ルートは久しぶりの国見尾根。藤内小屋から橋を渡って、木の根がはびこる急登を登っていく。雪解け間もない登山道は、ところどころ土が流されて崩落している所がある。危険というほどではないが、ちょっと煩わしくもある。
 登るほどにガスと風が強くなり、このコース一番の眺望だと思っている藤内壁の眺めが全く見られなかったのが残念だった。
 ゆるぎ岩や天狗岩の奇岩を通過すると残雪が多くなり、山上台地一帯はまだ一面の雪原だった。登山道の赤テープが見あたらず、進むべき方向が怪しくなる。「道迷い」という言葉が頭をかすめる。記憶を頼りに、標識がありそうな方向に目をこらしながら慎重に進んだが、国見峠への標識を見つけた時はホッとした。
 ただ、そこからがまた嫌らしい道が続く。登山道は掘り割りのようになっているが、そこに雪が残り下を水が勢いよく流れている。シュルンドといっていいような状態で、場所によっては踏み抜きというより、落下(1〜2m)するという感じで危険だ。国見峠までは、なるべく土が出ている所を選んで藪こぎしながら下りていった。
 国見峠で休憩していたら、ロープウエイ駅の放送が聞こえてきた。言葉ははっきり聞こえないが、どうも天候のせいで運行に支障が出ているようだ。自分もこれ以上は進む気がしなかったので、裏道から下山することにした。
 
 
訪問者数:181人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ