また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 114533 全員に公開 フリークライミング丹沢

山ビル大量発生中! 丹沢弁天岩ルート制覇も、2隊員がヒルの餌食に。。

日程 2011年06月04日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山
 stk(CL)
 t-kinjou(SL)
 shin-w(SL)
 dnsFujimo(写真)
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
海老名から車で40分ほどで広沢寺到着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

左凹角ルート(5.8)
プレゼントファイブ(5.6)
クラックルート(5.8:トップロープ)
無名ルート(プレゼントファイブ右)
コース状況/
危険箇所等
過去最高の混雑。
一番多いのは社会人だが、高校生、大学生がいるのも初めて見ました。
コースは、梅雨時期のためか岩からの染み出しが多く、一部ルートは登攀不可能なほどのWetコンディション。クラックルートは、一部ホールドが濡れてました。
我々が挑戦したルートに危険なボルトは無かったです。
周辺がいつの間にか整備され、ベンチやブラシ等が配置されてました。うれしい限りです。
問題はヒルの大量発生! 注意が必要です。特に、弁天岩に向かって左の林にある長めんのベンチは座り心地よいが、うちの隊員とその家族計3人がやられました。吸われるとなかなか血が止まりません。

過去天気図(気象庁) 2011年06月の天気図 [pdf]

写真

左凹角ルートスタート部分は濡れていました。避けつつ登ります。
2011年06月05日 21:51撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左凹角ルートスタート部分は濡れていました。避けつつ登ります。
凹に指をかけて登っていきます。
2011年06月05日 21:52撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凹に指をかけて登っていきます。
顔が分からないけど、t-kinjouです
2011年06月04日 12:09撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔が分からないけど、t-kinjouです
1
ロワーダウン中のt-kinjou
2011年06月04日 12:18撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロワーダウン中のt-kinjou
shin-wの挑戦開始!!
2011年06月04日 12:25撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
shin-wの挑戦開始!!
二番手shin-wをビレイするstk
2011年06月06日 00:38撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二番手shin-wをビレイするstk
1
二番手shin-w。トップロープでチャレンジ。
2011年06月05日 21:52撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二番手shin-w。トップロープでチャレンジ。
最左端にもロープが貼られてます。バッティングしないように。。
2011年06月05日 21:53撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最左端にもロープが貼られてます。バッティングしないように。。
三番手stk。トップロープでチャレンジ。
2011年06月04日 12:50撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三番手stk。トップロープでチャレンジ。
stk ヨイショ!!
2011年06月04日 12:50撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
stk ヨイショ!!
懸垂下降のため、ロープダウン。この後、ヌンチャクを回収しながら降下しますが。。。
2011年06月06日 23:49撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降のため、ロープダウン。この後、ヌンチャクを回収しながら降下しますが。。。
プレゼント5を登るt-kinjou
2011年06月04日 14:03撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プレゼント5を登るt-kinjou
混雑気味の弁天岩
2011年06月05日 21:03撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混雑気味の弁天岩
1
プレゼント5をトップロープで登るFujimo。岩に初参戦も難なくこなしてました。
ビレイヤーshin-w ビデオ係 stk
2011年06月04日 14:20撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プレゼント5をトップロープで登るFujimo。岩に初参戦も難なくこなしてました。
ビレイヤーshin-w ビデオ係 stk
プレゼント5をクリアしたFujimo
2011年06月05日 21:05撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プレゼント5をクリアしたFujimo
1
ロワーダウン中のFujimo
2011年06月05日 21:05撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロワーダウン中のFujimo
新緑に覆われ、美しい弁天岩
2011年06月05日 21:03撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑に覆われ、美しい弁天岩
1
Fujimo帰り際の一コマ
プレゼント5を登るshin-w
2011年06月04日 14:32撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Fujimo帰り際の一コマ
プレゼント5を登るshin-w
プレゼント5をトップロープで登るshin-w
ビレイヤーstk
2011年06月05日 21:05撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プレゼント5をトップロープで登るshin-w
ビレイヤーstk

感想/記録
by stk

半年ぶりの岩トレ。場所はやはり丹沢弁天岩。
弁天岩周辺は、この春に整備されたのだろうか。ベンチやブラシが設置され、さらに快適なゲレンデになった感じだ。
ただ、注意すべきは岩に向かって左側の林にあるベンチ。だ〜れも座ってないと思ったら、、ヒルが大量にいる場所なのであった。shin-w隊員はかかと内側、Fujimoは足首を2箇所咬まれ、なかなか血がとまらない事態に!クライミングには影響なかったが、驚きの事件であった。あの椅子はあぐらかいて座るしかないかも(笑)

クライミングの方は、最近ボルダリングで鍛えているt-kinjouが好調。前回敗退の左凹角ルート(5.8)をリードでクリア。クラックルート(5.8)の難しいスタートも、トップロープとはいえ問題なくクリアし、トレーニングの成果を発揮していた。自分とshin-wも途中引き返しなく、全ルートを登りきった。アルパインチーム初参加のFujimo隊員もまずはプレゼントファイブを登って、何も問題なし。上からのセカンドビレイ練習も少し出来てチームとしてはいろいろと得る物が多かった。

反省点としては、左凹角ルートをフォロー中、カラビナの回収を行っていたが操作を誤り、カラビナを落としてしまった。20m以上の高さから落としたカラビナは直撃すれば大ケガにもつながる。幸い誰にも当たらなかったが、細心の注意が必要だ。なにしろビレイヤーにでも当たって気を失いでもしたら、クライマーは即グラウンドフォールなのだから。。
あと、クライミングシューズ。小さすぎていつも足が痛いのだが、今回は前日の履き慣らし(+ドライヤーで拡張作戦)をしなかったせいか、10分も履いていると耐え難い痛さに。店員にダマされて買った纏足になりそうな小ささのシューズ。次回、ドライヤー作戦でどうにもならなければ買い替えかな〜と。

弁天岩は新緑がキレイでした。ただ、あまりの人の多さにルート空きの待ちが結構長い。。朝早くくるか遅めにくるかの2択でしょうか。

感想/記録

今回は4箇所登りましたが、楽しかったのは次の2ルート。

<左凹ルート>
リードで一撃。
以前は恐怖心で撤退したルートだけど、高度感では今年5月に行った
五竜頂上直下の雪壁下りの方がずっとあったと思う。前向きにチャレンジする。

途中、スタンスを見誤ってしまい腕だけで支える場面があったけど、
落ちる感じはなくムーブ前のフットホールドに慎重に戻ることが出来た。
そこで「落ちないじゃん。」と思うと、意外とホールドが見えてきてガバガバだった。
面白いなぁ。


<クラックルート>
2回目に弁天岩に来たときに、スタート地点から2つ目以降のボルトが見えずあきらめたルート。
今までリードで攻めていたので、トップロープ(TR)にして確実に
登ることを目指します。

結果、TRで一撃。
(TRを準備するときに懸垂したので、意外と楽なんじゃない?とは思ったけど
この場合でも初登というのかな?)
1手目、2手目あたりを乗り切った後は、距離も短く(ボルトもちゃんと見えて)
結局、ホールドの多い緩いスラブ壁でした。

開始点が、ちょっとうえにあってハンギングビレイを
したり準備がめんどくさいけどクラックの上を登るのが新鮮。
訪問者数:3088人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/5
投稿数: 1917
2011/6/7 23:58
 英語のようです
stkさん、t-kinjouさん、shin-wさんこんばんわ。
dnsFujimoさm、はじめました。

クライミング用語が飛び交い、細かいことはよくわかりますせんが、景色と運動は見るのも好きなので楽しく拝見しました

今回プチクライミングをし、ボルダリングをもうちょいやっとくべきと思いました
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2011/6/8 1:05
 tamaoさん、どうも〜〜
半年ぶりの岩トレでしたが、それぞれレベルアップして楽しめました^
赤岳南峰から、バリエーションばりのコースを降りそうになったそうで
確かにあそこはわかりづらいですね。冬ノートレースとかだったら自分も迷う自信ありますね(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ