ヤマレコ

記録ID: 1170981 全員に公開 トレイルラン近畿

観音山公園ー観音山ー関富士ー羽黒山ー筆捨山―沓掛ー観音山公園

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間2分
休憩
0分
合計
3時間2分
Sスタート地点06:3106:42観音山07:02関富士08:13羽黒山08:55筆捨山09:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ゲルフェザーグライド

写真

観音山東麓には石仏をめぐるたくさんの道が入り組んでいてどこからでも登れそう。関ロッジ手前の階段登山口に取り付いて西に向かう。
2017年06月17日 06:34撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音山東麓には石仏をめぐるたくさんの道が入り組んでいてどこからでも登れそう。関ロッジ手前の階段登山口に取り付いて西に向かう。
頂上からの展望はないが、途中東方面に展望できるところがある。
2017年06月17日 06:40撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの展望はないが、途中東方面に展望できるところがある。
観音山登山道西側途中にある奇岩。亀か恐竜の頭に見える。
2017年06月17日 06:46撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音山登山道西側途中にある奇岩。亀か恐竜の頭に見える。
筆捨山への縦走路分岐を右に分けて進む。
2017年06月17日 06:48撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筆捨山への縦走路分岐を右に分けて進む。
関富士西麓からの登山口は案内がない。このゴミ捨て禁止の掲示板の左側に登山口がある。
2017年06月17日 06:54撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関富士西麓からの登山口は案内がない。このゴミ捨て禁止の掲示板の左側に登山口がある。
関富士頂上途中から観音山を見る。
2017年06月17日 06:57撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関富士頂上途中から観音山を見る。
道ぞいに池があり、柵がめぐらされている。柵の左側に山頂への取りつき口がある。
2017年06月17日 07:18撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道ぞいに池があり、柵がめぐらされている。柵の左側に山頂への取りつき口がある。
羽黒山
2017年06月17日 07:28撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽黒山
関富士
2017年06月17日 07:29撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関富士
登山道各所には詳しい案内図が設置されているが現在地が未掲載なのが憾み。
2017年06月17日 07:38撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道各所には詳しい案内図が設置されているが現在地が未掲載なのが憾み。
登山道。
ここで林道羽黒線を左に分けて登山道に入る。
2017年06月17日 07:38撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道。
ここで林道羽黒線を左に分けて登山道に入る。
羽黒神社経由という案内板があり登山路を右に分けて左に分岐する。
2017年06月17日 07:41撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽黒神社経由という案内板があり登山路を右に分けて左に分岐する。
羽黒神社は熊野市の花の窟神社(はなのいわやじんじゃ)風で崖をよじ登ったところに小さな祠が祀られている。
2017年06月17日 07:45撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽黒神社は熊野市の花の窟神社(はなのいわやじんじゃ)風で崖をよじ登ったところに小さな祠が祀られている。
急こう配をよじ登る。
2017年06月17日 07:47撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急こう配をよじ登る。
神社からあるはずの登山道がない。神社の右側にあるはずとさがすがないので左側から山腹に取り付いて頂上を目指す。落ち葉でスリッピー。ひとつ間違えば滑落しそうな際どい斜面をオランウータンが幹から幹に伝うように、あるいはちょっとした岩や根などの取っ掛かりを摘んで体重支えてよじ登る。ほとんどボルダリング感覚。尾根近くで本来の登山道に出合う。
2017年06月17日 08:00撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社からあるはずの登山道がない。神社の右側にあるはずとさがすがないので左側から山腹に取り付いて頂上を目指す。落ち葉でスリッピー。ひとつ間違えば滑落しそうな際どい斜面をオランウータンが幹から幹に伝うように、あるいはちょっとした岩や根などの取っ掛かりを摘んで体重支えてよじ登る。ほとんどボルダリング感覚。尾根近くで本来の登山道に出合う。
尾根道から羽黒山方面を右に分ける分岐があったので行ってみるとすぐに展望岩に出合う。東から南にかけての眺望広がり、神島、関富士など絶景。
2017年06月17日 08:02撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道から羽黒山方面を右に分ける分岐があったので行ってみるとすぐに展望岩に出合う。東から南にかけての眺望広がり、神島、関富士など絶景。
羽黒山周辺に点在する奇岩があちこちに見える。
2017年06月17日 08:03撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽黒山周辺に点在する奇岩があちこちに見える。
3つほどのピークを繋いで山頂着。
2017年06月17日 08:13撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つほどのピークを繋いで山頂着。
山頂からは明星ヶ岳や錫杖ヶ岳が見える。
2017年06月17日 08:14撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは明星ヶ岳や錫杖ヶ岳が見える。
北と南南西方向への尾根道は×がついていて該当場所には枝が横積みされて入れないようにしてある。
2017年06月17日 08:14撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北と南南西方向への尾根道は×がついていて該当場所には枝が横積みされて入れないようにしてある。
南南西方向への尾根道分岐
2017年06月17日 08:20撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南南西方向への尾根道分岐
途中ルートロストしたかといろいろ探すが、ここが岩の中をくぐる本コースメインの胎内くぐり箇所だったと思い出して、おにぎりのように穴に入る。案内板がほしいところだがなにもない。ルートファインディング能力を試すつもりか?
2017年06月17日 08:25撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中ルートロストしたかといろいろ探すが、ここが岩の中をくぐる本コースメインの胎内くぐり箇所だったと思い出して、おにぎりのように穴に入る。案内板がほしいところだがなにもない。ルートファインディング能力を試すつもりか?
西側に潜り抜けてから写す。穴の中にネズミはいなかった。
2017年06月17日 08:25撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側に潜り抜けてから写す。穴の中にネズミはいなかった。
西側から写す。
2017年06月17日 08:26撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側から写す。
観音山から筆捨山縦走路出合。
2017年06月17日 08:43撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音山から筆捨山縦走路出合。
尾根道は走りやすいが頂上手前は急登。
2017年06月17日 08:55撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道は走りやすいが頂上手前は急登。
頂上の南側に好展望の岩があり錫杖ヶ岳を遠望。
2017年06月17日 09:02撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の南側に好展望の岩があり錫杖ヶ岳を遠望。
頂上から尾根道のアップダウンが続くが、急に下って林道に出合う。
2017年06月17日 09:06撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から尾根道のアップダウンが続くが、急に下って林道に出合う。
旧東海道出合。
2017年06月17日 09:09撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧東海道出合。
国道1号線から筆捨山を見上げる。
2017年06月17日 09:19撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道1号線から筆捨山を見上げる。
撮影機材:

感想/記録

【コースタイム 】
日帰り
山行3時間2分
休憩0分
合計3時間2分
スタート地点―11分ー観音山ー20分ー関富士ー71分ー羽黒山ー42分ー筆捨山ー38分ーゴール地点

【記録】自宅を06:00前に出て観音山テニスコート近くの駐車場に停める。明星ヶ岳の北にそびえる雨引山に行けたら行こうとガーミンに主な地点の経度緯度を登録して06:31スタート。観音山東麓には石仏をめぐるたくさんの道が入り組んでいてどこからでも登れそう。

関ロッジ手前の階段登山口に取り付いて西に向かう。頂上からの展望はないが、途中東方面に展望できるところがある。224mの観音山頂上を通過して登山道を西側に進む。登山道途中にある奇岩は亀か恐竜の頭に見える。

観音山の西麓から北縁沿いに東に走って関富士の東麓から登るつもりが、道を誤り少し戻って西麓から登ることにする。途中筆捨山への縦走路分岐を右に分けて進む。関富士西麓からの登山口は案内がないがゴミ捨て禁止の掲示板の左側に登山口がある。踏み跡は明瞭。途中関富士頂上への登山道から観音山を見る。山頂から東麓に下りはじめたが不注意でロスト。北寄りにズレてしまったよう。何とかアスファルト道路に沿った池のそばに下り立ち池沿いにめぐらされた柵を乗り越えて道に出る。この柵の左側に途切れたところに山頂への取りつき口がある。関町富士ハイツを抜け林道羽黒線に向かう。鈴鹿川に合流する小野川の橋の手前で行けるかと思って右岸側沿いの道を進むが私有地で行き止まりとなり引き返す。橋のあたりで羽黒山関富士を望む。正法寺分岐を右に分けて林道羽黒線を進む。

途中林道を左に分けて登山道に入る。鬱蒼と針葉樹が茂る山道を登る。途中羽黒神社経由という案内板があり登山路を右に分けて左に分岐する。羽黒神社は熊野市の花の窟神社(はなのいわやじんじゃ)風で崖をよじ登ったところに小さな祠が祀られている。神社からあるはずの登山道がない。神社の右側にあるはずとさがすがないので左側から山腹に取り付いて頂上を目指す。落ち葉でスリッピー。ひとつ間違えば滑落しそうな際どい斜面をオランウータンが幹から幹に伝うように、あるいはほとんどボルダリング感覚でちょっとした岩や根などの取っ掛かりを摘んで体重支えてよじ登る。尾根近くで本来の登山道に出合う。尾根道から羽黒山方面を右に分ける分岐があったので左に行ってみるとすぐに展望岩に出合う。東から南にかけての眺望広がり、神島、関富士など絶景。羽黒山周辺に点在する奇岩があちこちに見える。登山道に戻り3つほどのピークを繋いで山頂着。

山頂からは明星ヶ岳や錫杖ヶ岳が見える。登山道各所には詳しい案内図が設置されているが現在地が未掲載なのが憾み。図では筆捨山への尾根道から北と南南西方向へ分岐する尾根道には×がついていて該当場所には枝が横積みされて入れないようにしてある。途中ルートロストしたかといろいろ探すが、ここが岩の中をくぐる本コースメインの胎内くぐり箇所だったと思い出して、おにぎりのようにころころすってんてんと穴に入る。案内板がほしいところだがなにもない。ルートファインディング能力を試すつもりか?ちなみに穴の中にネズミはいなかった。固定ロープで岩を横切ると案内板にあったところは未確認。この辺りで足を踏み外すか何かして数m斜面滑落。幸いそんなに危険性なかった。やがて観音山から筆捨山への縦走路に出合う。尾根道となる縦走路は走りやすいが頂上手前は急登。

頂上の南側に好展望の岩があり錫杖ヶ岳を遠望。頂上から西側にも尾根道のアップダウンが続くが、ふいに急に下って林道に出合う。林道から旧東海道に出合いそのまま走って国道1号線を走る。途中筆捨山を見上げる。ほぼ3時間ぴったりでスタート地点の観音山テニスコート着。ここまで山道では誰とも会わず。

【装備】今日の装備はいつもの通りピチピチ上下にランパン、Tシャツ、帽子、サングラス。ランニング用デイパックに水1リットル、デジカメ、携帯電話、地図、小銭を入れて走る。いつものウォークマンは持ってくるのを忘れる。水は5001本と少し余る。
アシックスゲルフェザーグライド白黄二代目04/17

【体調】左ひざ痛
訪問者数:114人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ