また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1197116 全員に公開 ハイキング甲信越

御正体山

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
池の平駐車場、約5台、
歩いてすぐ(やや下)にあずま屋がある駐車場、約10台
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
50分
合計
6時間5分
S池の平10:3511:35龍ノ口11:4512:20妙心上人堂跡12:4013:00文台山分岐14:00御正体山14:2014:20文台山分岐16:40池の平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
池の平から登るルートは、最初が沢沿い。大雨の際にはよろしくないと思われた。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

あずま屋がある駐車場に車をとめる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あずま屋がある駐車場に車をとめる
車を止めたところから約5分、池の平駐車場は、登山口の目の前
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車を止めたところから約5分、池の平駐車場は、登山口の目の前
小さい石像が迎えてくださる。十七番さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さい石像が迎えてくださる。十七番さん。
登山口には立派な石碑。
沢沿いの暗い森のルートを「登山道」の標識や赤いリボンをたどって行く。迷わないように注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には立派な石碑。
沢沿いの暗い森のルートを「登山道」の標識や赤いリボンをたどって行く。迷わないように注意。
1
沢から離れ、急な階段を登りきると、竜の口、水場である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢から離れ、急な階段を登りきると、竜の口、水場である。
竜の口は、妙心法師の沐浴場であったと説明がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜の口は、妙心法師の沐浴場であったと説明がある。
冷たい水で顔を洗う。生き返る。下界は36℃の猛暑日だ。ありがたい水。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷たい水で顔を洗う。生き返る。下界は36℃の猛暑日だ。ありがたい水。
1
しばらく登ると広場に出る。建造物の名残の敷石のようなものがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登ると広場に出る。建造物の名残の敷石のようなものがある。
妙心法師が入定された地らしい。ここで即神仏になられたのだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙心法師が入定された地らしい。ここで即神仏になられたのだ。
明治時代に破壊されるまで、ここにはお堂があり御正体の信仰の場だったとのこと。
今でも来る途中に御正体神社があり、小さい石仏の一番さんが奉られていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明治時代に破壊されるまで、ここにはお堂があり御正体の信仰の場だったとのこと。
今でも来る途中に御正体神社があり、小さい石仏の一番さんが奉られていた。
広場からの眺め。妙心法師も空腹で眺めたであろう眺め。
今は、静寂に包まれたおだやかな場所です。
ここで、座禅を組んでみました。すごく良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場からの眺め。妙心法師も空腹で眺めたであろう眺め。
今は、静寂に包まれたおだやかな場所です。
ここで、座禅を組んでみました。すごく良い。
1
さて、尾根に登りますと広葉樹の明るい森になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、尾根に登りますと広葉樹の明るい森になります。
どこまでも続く広葉樹の森の中をあるきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも続く広葉樹の森の中をあるきます。
1
頭上の広葉樹の葉は、真夏の太陽をさえぎってくれます。涼しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上の広葉樹の葉は、真夏の太陽をさえぎってくれます。涼しい。
1
大好きなブナの森
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きなブナの森
1
ブナの巨木。東北みたいです。ここは山梨。
すごいや。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの巨木。東北みたいです。ここは山梨。
すごいや。
1
生えはじめたブナ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生えはじめたブナ。
1
寿命を終えた古木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寿命を終えた古木。
2
そうとうの巨木のブナです。樹の前に我々がいるの、わかりますかね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうとうの巨木のブナです。樹の前に我々がいるの、わかりますかね?
2
別のブナの巨木。温暖化にまけずに頑張ってください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別のブナの巨木。温暖化にまけずに頑張ってください。
2
クルマユリ、でしょうか。貴重です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ、でしょうか。貴重です。
2
このカニコウモリに似た植物は、なんでしょう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このカニコウモリに似た植物は、なんでしょう?
キノコでしょうか。硬かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコでしょうか。硬かったです。
1
コケも生えています。コケは狭い範囲のみで見かけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケも生えています。コケは狭い範囲のみで見かけました。
花が咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が咲いています。
御正体山の頂上付近は自然保全地区。天然林です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山の頂上付近は自然保全地区。天然林です。
頂上には赤い屋根の祠がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上には赤い屋根の祠がありました。
やれやれ、サツマイモクッキーでも食べましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やれやれ、サツマイモクッキーでも食べましょう。
御正体山の山頂です。標高の標示がありませんが、1681 メートルです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山の山頂です。標高の標示がありませんが、1681 メートルです。
1
トンボものんびり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンボものんびり
1
ツマグロヒョウモンもゆったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマグロヒョウモンもゆったり
1
ブナの天然林は、ヒトにも居心地が良いですねえ。ここに住みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの天然林は、ヒトにも居心地が良いですねえ。ここに住みたい。
1
ギンリョウソウ、見つけました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ、見つけました!
1
三十一番さんが微笑んでおられます。おだやかで良い山でした。また、来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十一番さんが微笑んでおられます。おだやかで良い山でした。また、来ます。
3

感想/記録
by okuken

なめてました。標高差800mはつらい。尾根のとりつきはかなりの急登です。でも200名山でありながら、会ったのは2人だけという静かな山です。よかった。

感想/記録

ブナの森を求めて御正体山に行きました。下界は36℃の猛暑日でしたが、暗い森の沢沿いの道は涼しく、尾根も標高があり風もあり涼しかった。ただ、沢から離れ、急階段を登り出すとやはり暑く、竜の口の冷たい水にすくわれた思いがしました。凍ったカルピスや凍ったポカリで首や脇を冷やしながら登りました。
尾根から頂上までは、素晴らしい天然樹の森で、ブナ、カエデ、マツなどが混在し、ブナの若木、マイヅルソウ、トリカブト、ギンリョウソウなど豊かな森でした。
いやあ、ブナは良いねえ。先祖はブナ林に居たのかと思う程、ブナの森は居心地がよく、いつまでも居たくなります。空気がおいしいのもブナ林。人気が無く、おだやかな山でした。妙心法師の入定された広場は、静寂と澄んだ空気が清らかで、座禅を組むには最適です。いつまでもこの天然の森がこの状態であって欲しいと願いました。PM2.5やら温暖化が迫りますが、ブナ達よ、いつまでもここで元気でいてください。
訪問者数:246人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ