ヤマレコ

記録ID: 1207451 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

雨乞岳

日程 2017年07月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
石尊神社前の駐車場を使用させていただきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
11分
合計
3時間39分
S雨乞岳登山口08:2310:24雨乞岳10:39雨乞岳/水晶ナギ 分岐10:44水晶ナギ10:5511:00雨乞岳/水晶ナギ 分岐12:02雨乞岳登山口12:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水晶薙ぎはおりすぎないようにした方が良いです。雨乞岳への登山道は整備されています。アブが多いです。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

雨乞岳登山口です。石尊神社前の駐車スペースからすぐです。標識あり。
2017年07月16日 08:23撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳登山口です。石尊神社前の駐車スペースからすぐです。標識あり。
半袖半ズボンで山行しました。虫よけスプレーを使いまくりましたが、次々にアブが襲撃してきたので、山頂では登頂写真を撮ってすぐに下山しました。
2017年07月16日 10:24撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半袖半ズボンで山行しました。虫よけスプレーを使いまくりましたが、次々にアブが襲撃してきたので、山頂では登頂写真を撮ってすぐに下山しました。
水晶薙ぎ、雨乞岳分岐に戻ってきました。薙ぎから雨乞岳が見えるかもしれないと思い、薙ぎへ。
2017年07月16日 10:39撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶薙ぎ、雨乞岳分岐に戻ってきました。薙ぎから雨乞岳が見えるかもしれないと思い、薙ぎへ。
思った通り、山容を見ることが出来ました。薙ぎでは、アブの襲撃はありませんでした。ザックをおろし補給食を食べました。
2017年07月16日 10:44撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思った通り、山容を見ることが出来ました。薙ぎでは、アブの襲撃はありませんでした。ザックをおろし補給食を食べました。
薙ぎは花崗岩の為すべりやすいです。あまり下をのぞかない様にした方がいいです。補給食後無事下山しました。
2017年07月16日 10:44撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薙ぎは花崗岩の為すべりやすいです。あまり下をのぞかない様にした方がいいです。補給食後無事下山しました。
撮影機材:

感想/記録

コースは終始樹林帯です。落ち葉のじゅうたん上をひたすら歩いていきます。つづら折りが続きました。やがて、両脇に笹が生えるようになります。薙ぎ分岐までは穏やかな登りですが、分岐より先は急こう配となります。立ち止まることがありましたが、すぐにアブの襲撃が始まり、苦戦しました。山頂を折り返し、薙ぎまできました。やっと落ち着くことが出来ました。薙ぎにて一息後下山の途へ。
訪問者数:99人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 山行 花崗岩
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ