また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1228934 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

硫黄岳、山頂を目前に雷鳴を聞き撤退

日程 2017年08月12日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇りのち雨(雷・・・・)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浜松方面から信州へのアクセスはすこぶる悪い。
西の名古屋を経由して上り中央道を行くルートに、一般道を真北の飯田に向かい中央道に合流するか、東名を東に向かい清水か富士で高速を降りて一般道を山梨に向かい今度は下りの中央道に乗って行く私なりの4つのルートがあります。
今回の目的地は八ヶ岳。信州も山梨に近いこともあって浜松より第二東名に乗り新富士を降りて朝霧高原、本栖湖を経由してのコースで向かい、中央道には甲府南で合流し諏訪南を降りてリゾート地三井の森ゴルフコース方面を目指し桜平へと足を伸ばしました。
道はゴルフコースを過ぎると未舗装路となります。
私共もそうでしたが、特に四駆である必要はありませんがゆっくりと腹を擦らないように慎重な運転に心がければ問題ないと思います。

車は新設されたという中駐車場に停めることができました。時間も遅かったことでここがいっぱいで下駐車場あり得るかなと心配してましたが、まだ三分の一ほど余裕でした。下駐車場だと登山口まで1時間半以上の歩行を余儀なくされるのです。
ここまで食事休憩を含めて約5時間の遠征でした。

ナビゲートされた諏訪南インターからの道にはコンビニが1軒もなく、あれよあれよという間に山深く進んでいきます。勇気を持って引き返すか、前もってサービスエリア等で飲み物等の補給をされることをお勧めします。
私たちは山荘で補給をとあきらめて進みましたが、幸いなことに当日たまたま催されていた朝市に出会いおにぎりと飲み物を補給することができました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間9分
休憩
1時間31分
合計
7時間40分
Sスタート地点08:5009:00桜平09:0109:30夏沢鉱泉09:5410:55オーレン小屋11:2611:59夏沢峠12:02ヒュッテ夏沢12:0514:01ヒュッテ夏沢14:0314:05山びこ荘14:30オーレン小屋15:0016:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは夏沢鉱泉に用意さてます。
GPSの記録が電池が残り少なくなり下山時の山びこ荘で途切れてます。
下山は桜平 中駐車場着16時半と、大変長い一日になりました。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

60台駐車が可能だそうで、三分の一ほど余裕があった。
2017年08月12日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
60台駐車が可能だそうで、三分の一ほど余裕があった。
2
入り口まで約400メートルの緩やかな登り。
2017年08月12日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口まで約400メートルの緩やかな登り。
登山口、ここを右に行きます。
2017年08月12日 09:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口、ここを右に行きます。
1
ここの標高、1,890メートル。
2,030の夏沢鉱泉まで標高差140メートル、約40分。
2017年08月12日 09:01撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの標高、1,890メートル。
2,030の夏沢鉱泉まで標高差140メートル、約40分。
登るので無く、最初は下っていきます。
2017年08月12日 09:01撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るので無く、最初は下っていきます。
苔むした緩やかな道を進みます。
2017年08月12日 09:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした緩やかな道を進みます。
先を行く青年。
のんびりの私たちは、あっと言う間に置き去りにされた。
2017年08月12日 09:24撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を行く青年。
のんびりの私たちは、あっと言う間に置き去りにされた。
夏沢鉱泉。
ここでビールを1杯いただきたかったのですが、我慢。
2017年08月12日 09:32撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉。
ここでビールを1杯いただきたかったのですが、我慢。
オー連語屋へ向かいます。
道も少し傾斜がきつくなってきた。
2017年08月12日 10:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オー連語屋へ向かいます。
道も少し傾斜がきつくなってきた。
雲の切れ間が少し見えた。
2017年08月12日 10:08撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ間が少し見えた。
名前はわかりません。
2017年08月12日 10:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前はわかりません。
2
オーレン小屋が見えてきた。
2017年08月12日 10:52撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋が見えてきた。
ここにも花が!
2017年08月12日 10:53撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも花が!
小屋前の分岐。
左に行くと夏沢峠、右は赤磐の頭からの帰り道。
2017年08月12日 10:54撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前の分岐。
左に行くと夏沢峠、右は赤磐の頭からの帰り道。
缶ビールをいただきながら休んでいると雲の切れ間が大きくなってきた。予報通りに天気も推移し、これからの晴れが期待できそうになってきました。
2017年08月12日 11:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
缶ビールをいただきながら休んでいると雲の切れ間が大きくなってきた。予報通りに天気も推移し、これからの晴れが期待できそうになってきました。
2
八ヶ岳伝説の立て札。
いろいろ面白いことが書いてありましたが、これを見ると八ヶ岳の名称由来?となる八つの峰々がその標高とともに記されていた。
2017年08月12日 11:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳伝説の立て札。
いろいろ面白いことが書いてありましたが、これを見ると八ヶ岳の名称由来?となる八つの峰々がその標高とともに記されていた。
ヒュッテ夏沢。
夏沢峠に到着も、ガスがとれない。
2017年08月12日 11:59撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ夏沢。
夏沢峠に到着も、ガスがとれない。
右手の小屋へ進路を取ると硫黄岳です。
しかしこの天候で、頂上で展望が効くのだろうかと心配になってきてました。
2017年08月12日 12:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の小屋へ進路を取ると硫黄岳です。
しかしこの天候で、頂上で展望が効くのだろうかと心配になってきてました。
左手は山彦荘。
頂上で飲もうとアサヒの缶ビールをお願いしたら、常温でよろしければ、と1本いただく。
2017年08月12日 12:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手は山彦荘。
頂上で飲もうとアサヒの缶ビールをお願いしたら、常温でよろしければ、と1本いただく。
崩壊地の左を巻いて上がってきました。
2017年08月12日 12:13撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地の左を巻いて上がってきました。
傾斜がかなりキツくなってきてる。
いつになく息が切れて、なかなか先に進めない。バクバク音を立ててる心臓をなだめながら一歩一歩進む。今日は余程体調が悪いようだ?
2017年08月12日 12:17撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜がかなりキツくなってきてる。
いつになく息が切れて、なかなか先に進めない。バクバク音を立ててる心臓をなだめながら一歩一歩進む。今日は余程体調が悪いようだ?
スタスタ先を行く連れ。
2017年08月12日 12:17撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタスタ先を行く連れ。
1
お〜ぃと呼びかけてやっと立ち止まり振り返ってくれた。
置いて行かないでくださいね。
2017年08月12日 12:17撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜ぃと呼びかけてやっと立ち止まり振り返ってくれた。
置いて行かないでくださいね。
1
森林限界を超えて雲の下に街が見えた。
2017年08月12日 12:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超えて雲の下に街が見えた。
振り返ると小さくヒュッテ夏沢。
2017年08月12日 12:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると小さくヒュッテ夏沢。
上方はガスが多そうだが、それでも間近なところは人影がはっきりととらえられます。
2017年08月12日 12:37撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上方はガスが多そうだが、それでも間近なところは人影がはっきりととらえられます。
浮き石が多くなってきた。
それでもしっかりと歩ける。
2017年08月12日 12:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮き石が多くなってきた。
それでもしっかりと歩ける。
ガスが湧いて下からも追いかけいてきてる。
南西水平方向からかすかに雷に音、ゴロゴロ・・・??
2017年08月12日 12:44撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが湧いて下からも追いかけいてきてる。
南西水平方向からかすかに雷に音、ゴロゴロ・・・??
午後に1時も近くなり、山頂を踏んで降りていく人たちが多くなってきた。
ガスも強くなり、さっき見えた山荘も見えなくなってきている。
2017年08月12日 12:50撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後に1時も近くなり、山頂を踏んで降りていく人たちが多くなってきた。
ガスも強くなり、さっき見えた山荘も見えなくなってきている。
ガスの中に山頂が近づいてきていそうな気配が見えた。
しかしそれよりもっと雷の近づく速度が速い。やばい雰囲気になってきた。雨粒も落ちてきた。
2017年08月12日 13:01撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中に山頂が近づいてきていそうな気配が見えた。
しかしそれよりもっと雷の近づく速度が速い。やばい雰囲気になってきた。雨粒も落ちてきた。
決断しました。撤退です。
カッパを急いで羽織ってこれで戻ります。
雷すぐ近くとも思えなかったが、念のためにこれで引き返すことにしました。
山頂まであと10分ぐらいのところでした。
2017年08月12日 13:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
決断しました。撤退です。
カッパを急いで羽織ってこれで戻ります。
雷すぐ近くとも思えなかったが、念のためにこれで引き返すことにしました。
山頂まであと10分ぐらいのところでした。
5
撮影機材:

感想/記録

ぐずつく天気が続くお盆前の天候に、晴れの天気が期待できそうとこの日を選び当地に向かう。
朝方から日差しは全く無いが、それほど雲も厚くなく雨を心配しなくても良さそうな気配で、久しぶりの山歩きを楽しめそうと期待を込めて登り始めました。
オーレン小屋では雲間に青空を見つけ、夏沢峠では眼下に街並みも見えたことからいよいよ期待も高まりましたが、やはり山の天気は驚くほどの早さで急変するものです。
もう少しで硫黄岳山頂と頑張って足を進めているうちにゴロゴロと雷。その音もだんだん近づくにつれ雨粒も大きくなってくる始末。
当日朝の予報では、午後の天気は概ね晴れ。しかし山の天気は本当に当てにならないと改めて実感しました。
家に戻ってGPSデータを確認したところ山頂まであと10分ほどの所で引き返したことが確認できた。
夏沢峠に戻る頃には雷鳴はほとんど無くなったが、雨脚は絶えること無く強弱を繰り返してました。無理して山頂をめせばより厳しい天候が待っていることが考えられますので、今日はこれでよかったと納得することにしました。

それにしても久しぶりの山行でほとほと疲れました。
かなりのスローペースとなったことが未踏になった大きな要因と、連れには告げずに一人悲しく反省しているその後の毎日です。
訪問者数:184人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ