また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1243490 全員に公開 ハイキング道南

長万部岳

日程 2017年09月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り(時々晴れ)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間5分
休憩
7分
合計
3時間12分
S林道ゲート(登山届ポスト)09:0309:31登山口09:58旧鉱山跡10:49長万部岳山頂10:5411:29旧鉱山跡11:3111:52登山口12:15林道ゲート(登山届ポスト)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 当初はカニカン岳に登る予定だったのですが、いざ行ってみると、登山口へと向かう道がかなり手前の地点で通行止めとなっていました。
 やはり昨年の台風で被害を受けたのでしょうか。
 無理やり徒歩で登山口に向おうかと思いましたが、この先はどうなっているのか全く情報もなく、もしかしたら登山道も一部崩壊している可能性も考えられたので、カニカン岳は諦めて、長万部岳に向かうことにしました。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

林道ゲート(手前左側に登山届ポスト)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲート(手前左側に登山届ポスト)
こじんまりとした登山届ポスト
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こじんまりとした登山届ポスト
沢の増水で削られてしまった林道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の増水で削られてしまった林道
ここが登山口(うすゆき荘跡地)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山口(うすゆき荘跡地)
かなり傾いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり傾いています
見晴らしの良い「旧鉱山跡」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い「旧鉱山跡」
かなり傾いているベンチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり傾いているベンチ
5合目。いよいよここから本格的な登山道に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目。いよいよここから本格的な登山道に。
やっぱり傾いている8合目標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり傾いている8合目標識
ロープ場。結構、急登です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場。結構、急登です。
登山道脇の草むらの中にかろうじて見える9合目標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇の草むらの中にかろうじて見える9合目標識
上から見下ろしたロープ場。かなり滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見下ろしたロープ場。かなり滑ります。
林道ゲート周辺。右手が駐車場。左手に登山届ポスト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲート周辺。右手が駐車場。左手に登山届ポスト。

感想/記録

 国道5号線から、二股川に沿って伸びる道道へと進入します。
 しばらく進んだあと、温泉通の間では結構有名な二股ラジウム温泉への分岐を、温泉方向へと向かう左手に曲がらずに直進すると、道は舗装路からダート(未舗装路)になり、ほどなくして道は二手に分かれますが、標識に従って左手方向に向かって狭い林道を進むと、登山口ポストと車が数台駐車可能な駐車場がある通行止めゲートが現れます。
 
 駐車場に着いたのは、9時近くでした。天候もまずまずの土曜日であるにもかかわらず、駐車場には1台も車は停まっていませんでした。ちょっと拍子抜けしながらも登山支度を始めましたが、辺りには小鳥や蝉の声も聞こえず、すぐそばにある沢の水音が聞こえるばかりでとても静かでした。
 あまりの静けさにちょっと寂しさを感じ、たぶん必要はないだろうなぁ〜と思いつつ、あくまで念のため持参してきていた熊除け用のスプレーも持っていくことにしました。
 身支度を終え、通行止めゲートの手前にある登山届ポストを開けて、中にある入山届に名前や時刻を記入しようとしたのですが、驚いたことに箱の中には入山届の用紙は置いてありませんでした。どうやら、自分で予め記入した登山届をポストの中に置く方式のようですが、あいにく筆記用具も用紙も持ち合わせていなかったため、やむなくそのままゲートをくぐって出発することにしました。

 リュックに下げたクマ除け用の鈴の音を鳴り響かせながら、静まり返った林道を歩き始めます。
 林道の傾斜は緩やかで、結構な距離を歩いてもなかなか高度は上がっていきません。確か、ゲートから頂上までの標高差は742m。林道の斜度が緩やかなので楽なのは良いのですが、このペースだと頂上まで果たして何時間かかることやら…。少しばかり憂鬱な気持ちになりました。

 ゲートを出発してからおよそ30分ほどして、ようやく登山口に到着しました。以前はこの辺りに「うすゆき荘」と言う名の山小屋があったようですが、見る限り、その名残は全くありません。倒れかけた標識に従って、右手方向に向かう林道を登ってゆきます。
 間もなく1合目の標識が道の脇にありました。さらにそのままちょっと湿っている緩やかな斜度の林道を登って行きましたが、道の上にまだ比較的新しい熊の糞を見つけてしまいました。
 しかし、引き返すわけにはいきません。そのまま丈の低い草だらけの林道を登り続けて行きます。
 4合目を過ぎて歩き続け、やがて旧鉱山跡に到着しました。
 結構な面積の土地に礫様の土砂が敷き詰められていて草も生えておらず、とても見晴らしが良いのですが、二つ設置してある木製のベンチはいずれもかなり傾いていて、とても座ることはできそうにありません。
 そう言えば、〇合目の標識もなぜかほとんどが斜めになっていました。おそらく冬の積雪のせいで傾いてしまったのでしょう。

 旧鉱山跡を過ぎると間もなく5合目の標識があり、同時に、林道が終わってようやく本格的な登山道になります。太い根曲がり竹や藪に覆われて視界の閉ざされた登山道を黙々と登って行きます。
 辛抱しながら登り続けていくと、8合目を過ぎた辺りから、ようやく視界が開けてきます。と同時に比較的緩やかだった登山道の傾斜も、急登の連続となり、ロープ場も現れますが確実に高度も稼げるようになって行きます。
 視界の開けた稜線上から下を見下ろすとかなりの高度感を感じさせられました。

 やがて、急登を登りきると、一瞬、山頂?と思われる眺めの良いピークに到着しましたが、本当の山頂はもう少し先でした。
 にせピーク(?)からは、ほんの2分ほどで長万部岳山頂に到着です。
 山頂に立ってぐるりと周囲を見渡すと、一応、太平洋から支笏湖まで見えましたが、残念なことに、山頂周辺は意外と丈の高い木々や笹藪や草むらで覆われていて、それほど眺めは良くありませんでした。

 山頂にあまり長居することなく下山を始めます。
 登りの際には静まり返っていた森の中も、時折、雲の中から陽が射し始めるようになると、いつしか蝉時雨が始まっていて、少し賑やかになっていました。
 登山道が終わったその後も再び長い林道を下り続け、ようやく出発点のゲートに到着しました。

 ゲート前の駐車場には、朝来た時同様に自分の車だけしか駐車しておらず、時刻から考えて、この日の登山者はどうやら自分だけのようです。
 気温も涼しく、天気もまずまずの登山日和の土曜日だったのに何故だろう?…と思いながらも、下界を目指し、幅が狭くて少々荒れ気味の林道を一人、車で下り始めました。
訪問者数:300人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 ロープ場 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ