また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1244367 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

丸沢から千頭星山と甘利山 +チャリ

日程 2017年09月03日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
■甘利山の駐車場にチャリをデポ
■青木鉱泉に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
15分
合計
6時間30分
S青木鉱泉05:1005:50中道ルート登山口08:10大ナジカ峠09:30千頭星山09:4510:45甘利山11:10甘利山グリーンロッジ駐車場11:40青木鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■丸沢は歩きにくい箇所があったり、水量が多いところもあるけど、濡れずに遡上できます。
■調べると、丸沢から大馴鹿峠への最後の詰めのルートは色々あるみたいです。踏み跡を見つけるまでしばらくウロウロしてました。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

まずは薬師岳の登山口方面へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは薬師岳の登山口方面へ
薬師岳登山口を右手に見て通り過ぎる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳登山口を右手に見て通り過ぎる
ゲートを越えてすぐに沢にかかる橋を渡る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを越えてすぐに沢にかかる橋を渡る
右岸の高い所にテープがあるけど急斜面なので登れない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸の高い所にテープがあるけど急斜面なので登れない
代わりに左岸に登ったらこっちにもテープ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
代わりに左岸に登ったらこっちにもテープ
歩きにくいので結局沢に下りる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きにくいので結局沢に下りる
最後の(3つ目)の堰堤を越えるために左岸へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の(3つ目)の堰堤を越えるために左岸へ
丸沢の最後は崩れてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸沢の最後は崩れてる
丸沢は登れそうにないので右岸の尾根へ移る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸沢は登れそうにないので右岸の尾根へ移る
登れそうなところを探してウロウロしてたら、踏み跡のような獣道のようなものを見つけた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登れそうなところを探してウロウロしてたら、踏み跡のような獣道のようなものを見つけた
チャリをデポしている駐車場に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャリをデポしている駐車場に到着
ここから青木鉱泉へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから青木鉱泉へ
舗装されてるのでチャリは快適
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装されてるのでチャリは快適

感想/記録

 
登るのは好きだけど、足に負担がかかる下山が苦手なので、チャリで下れたのは有り難い
 
訪問者数:178人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

右岸 左岸 堰堤 デポ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ