また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1245644 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

蔵王(レストハウスお散歩)

日程 2017年08月31日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り・雲海
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間40分
休憩
0分
合計
2時間40分
S蔵王レストハウス内避難小屋08:1009:10熊野岳避難小屋09:10蔵王山09:20熊野岳09:40熊野岳避難小屋10:30刈田岳10:50蔵王レストハウス内避難小屋10:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
歩道的には無し、活火山だそうなのでその辺りは注意
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

前夜は雨だったので期待してませんでしたが、雲海からのスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜は雨だったので期待してませんでしたが、雲海からのスタート
1
とりあえずの湯釜、まだ天気は不調
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずの湯釜、まだ天気は不調
でも湯釜のエメラルドグリーンは神秘的ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも湯釜のエメラルドグリーンは神秘的ですね
避難小屋着。火山だけあってヘルメットなどの装備は大量に保管されているよう
ココまでの登りが若干急登、自信が無ければ右手から大回りを
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋着。火山だけあってヘルメットなどの装備は大量に保管されているよう
ココまでの登りが若干急登、自信が無ければ右手から大回りを
熊野にも小さな祠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野にも小さな祠
この先は山形市内・・・のはず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は山形市内・・・のはず
1
この左手は火山活動のため立ち入り禁止、残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この左手は火山活動のため立ち入り禁止、残念
苅田のほうは広いんですがよく分からない感じ・・・ケルンがいっぱい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苅田のほうは広いんですがよく分からない感じ・・・ケルンがいっぱい
戻ってきたらなぜか晴天。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきたらなぜか晴天。
1
大黒の登山口、雨が無ければここから登るはずだったんですが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒の登山口、雨が無ければここから登るはずだったんですが・・・

感想/記録

前日夜の仕事帰りから車で蔵王へ。
明け方5時ごろまで雨が降っていたので期待していなかったのですが
朝7時には何とか雨が上がってくれました。

そしたら目の前に雲海がコンニチワ。俄然やる気があがります。

雲海ある間に終わらせようということで出発
湯がまから最高点を目指し、最後に苅田神社でお参りしておしまいの予定。


とはいえ既にゴールが見えてるような場所、危ない箇所もほとんど無く
たまに見えるコマクサを愛でながらあっさりゴール。
山行といえるのか・・・



避難小屋には流石に活火山だけあってヘルメットの備蓄はガッツリ。
馬の背側は通行止めだったためルートが短かったのも残念。

帰りに当初の予定だった大黒の登山口を確認。こっちからならもう少し面白かったかなぁ・・・と
まぁ次回の宿題ですね。
訪問者数:90人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ