また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1272468 全員に公開 ハイキング奥秩父

男山と天狗山 - 奥秩父最西端の稜線歩き@御所平

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候9/30:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆自家用車
・信濃川上駅前村営駐車場(20台−無料)
・馬越峠に7台ほど駐車スペースあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
1時間34分
合計
6時間28分
S信濃川上駅07:3007:54男山登山口09:35林道終点10:09男山11:1712:04垣越山12:0912:58天狗山13:1913:58馬越峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩行距離:9.2km
累積標高差(登り):920m
累積標高差(下り):425m
コース状況/
危険箇所等
◆天狗山〜男山
痩せ尾根の稜線は南面が切れ落ちた絶壁
ロープの登高あり
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

JR小海線
信濃川上駅(標高:1130m)
日本一の高原列車が走ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR小海線
信濃川上駅(標高:1130m)
日本一の高原列車が走ります
2
駅前の村営駐車場
奥に20台ほどスペースあり
手前は村営バスの転回所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前の村営駐車場
奥に20台ほどスペースあり
手前は村営バスの転回所
2
男橋(標高:1134m)
千曲川を渡ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男橋(標高:1134m)
千曲川を渡ります
2
男山登山口(標高:1150m)
害獣防止柵を開けて
林道を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男山登山口(標高:1150m)
害獣防止柵を開けて
林道を進みます
2
単調な林道歩き
傾斜は緩やかです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単調な林道歩き
傾斜は緩やかです
1
峻嶮な男山
南面の岩稜帯は荒々しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峻嶮な男山
南面の岩稜帯は荒々しい
2
登山者が少ないためか
少々藪っぽい草地を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者が少ないためか
少々藪っぽい草地を進みます
2
林道終点(標高:1577m)
ここから先は
手挽坂と呼ばれる急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点(標高:1577m)
ここから先は
手挽坂と呼ばれる急登
2
登山道脇は
彩のあるトリカブトの群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇は
彩のあるトリカブトの群落
1
男山の肩(標高:1820m)
距離50mで山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男山の肩(標高:1820m)
距離50mで山頂
2
山頂直下は
長〜いロープの急坂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下は
長〜いロープの急坂
2
男山(標高:1851m)
山頂は樹林帯を飛び出し
360度の大展望が広がります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男山(標高:1851m)
山頂は樹林帯を飛び出し
360度の大展望が広がります
3
浅間山と佐久平を遠望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山と佐久平を遠望
1
瑞牆山と金峰山
五丈石がポコっと出ています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山と金峰山
五丈石がポコっと出ています
2
山頂は狭く
岩稜が切れ落ちています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は狭く
岩稜が切れ落ちています
3
次に目指す天狗山の岩壁
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に目指す天狗山の岩壁
2
展望良い稜線歩き
南方が開けています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望良い稜線歩き
南方が開けています
1
岩が破砕されて
今にも落ちてきそう(^^ゞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が破砕されて
今にも落ちてきそう(^^ゞ
2
天狗山と岩尾根
峻嶮な岩稜帯ですが
危険度は高くありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山と岩尾根
峻嶮な岩稜帯ですが
危険度は高くありません
2
垣越山(標高:1797m)
眺望はありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垣越山(標高:1797m)
眺望はありません
2
立原高原へ下る分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立原高原へ下る分岐
2
立原高原へ下る分岐
どちらも踏み跡は明瞭でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立原高原へ下る分岐
どちらも踏み跡は明瞭でした
2
天狗山の岩壁に圧倒
堆積岩の岩山です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山の岩壁に圧倒
堆積岩の岩山です
3
男山を振り返る
長そうな尾根に見えますが
アップダウンは少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男山を振り返る
長そうな尾根に見えますが
アップダウンは少ない
2
八ヶ岳連峰が屏風状
あそこを歩く登山者は
稜線漫歩を楽しんでいるはずです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰が屏風状
あそこを歩く登山者は
稜線漫歩を楽しんでいるはずです
1
痩せた岩尾根を歩く
西上州のような
スパイスの効いた稜線でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた岩尾根を歩く
西上州のような
スパイスの効いた稜線でした
2
天狗山(標高:1882m)
御座山と浅間山を望む
こちらも眺望が良いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山(標高:1882m)
御座山と浅間山を望む
こちらも眺望が良いです
2
馬越峠(標高:1610m)
川上村側の駐車スペースは
4台程度
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬越峠(標高:1610m)
川上村側の駐車スペースは
4台程度
2
南相木村側の駐車スペースは
3台程度でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南相木村側の駐車スペースは
3台程度でした
2
エゾカワラナデシコ
峠に彩る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾカワラナデシコ
峠に彩る
3
森の駅マルシェかわかみ
高原野菜直売所と
川上犬の犬舎があります
朝採れレタスは1玉100円
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の駅マルシェかわかみ
高原野菜直売所と
川上犬の犬舎があります
朝採れレタスは1玉100円
1
松風号(まつかぜごう)
愛称「まっちゃん」♂
H21.8月生まれ
左耳が特徴的
フェンス越しに飛びついてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松風号(まつかぜごう)
愛称「まっちゃん」♂
H21.8月生まれ
左耳が特徴的
フェンス越しに飛びついてきます
1
森風号(しんぷうごう)
愛称「シン」♂
H19.6月生まれ
一番の人懐っこさですが
落ち着きがない甘えん坊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森風号(しんぷうごう)
愛称「シン」♂
H19.6月生まれ
一番の人懐っこさですが
落ち着きがない甘えん坊
1
深山東風号(みやまこちごう)
愛称「やっちゃん」♂
H16.10月生まれ
犬舎のリーダー
川上村村長に次いで長い任期
オオカミのように吠えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深山東風号(みやまこちごう)
愛称「やっちゃん」♂
H16.10月生まれ
犬舎のリーダー
川上村村長に次いで長い任期
オオカミのように吠えます
2

感想/記録

◆男山とは…
野辺山高原の国道141号線から見る男山は
一目でそれと分かる峻嶮な山容をしており、登高意欲を掻き立てられます。
馬越峠から往復するのが一般的で、痩せ尾根と岩尾根を歩きますが
整備が進んでおり、危険度はさほど高くありません。
男山、天狗山いずれからも360度の大展望を楽しめる
奥秩父連峰最西端の里山です。

◆森の駅マルシェかわかみ
高原野菜の直売所と長野県の天然記念物である川上犬の犬舎があります。
朝採れのレタスやトマト、かぼちゃ等が格安で販売されていました。
川上村役場の施設内にあるため駐車場は広い。
毛木平や廻目平からの帰り道にも立ち寄り可能です。

◆大深山へ下る旧登山道
GPSを用いて下降点を特定できましたが分岐は不明瞭です。
私有地を通過しなければならないため、入山禁止となっています。
休日も頻繁に大型農耕車が行き交うため、通過はオススメ出来ません。


朝方は10℃まで気温が下がりましたが、日中は22℃と汗ばむ陽気でした。
山頂からの眺望がとても良いので、
紅葉を楽しめる10月下旬以降が適期と思われます。
短時間の登行で大展望を楽しみながらゆっくりと過ごせるため
同行した方はご満悦でした^^
他には馬越峠から2組の登山者がいらっしゃいました。
空気の澄んでいるこれからの時期は、とても楽しめる里山です。
訪問者数:232人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ