ヤマレコ

記録ID: 1276369 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

摩耶山・越沢〜(山形鶴岡)

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

越沢登山口=徒渉=小浜茶屋跡分岐=徒渉=弁財天の滝下部=中尾根分岐
摩耶山山頂=厩山の奥の宮=六体地蔵尊=うがい清水=摩耶山避難小屋
追分分岐=七ッ滝分岐=小浜茶屋跡分岐=越沢登山口

写真

車は奥から来て
橋の手前左側に登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車は奥から来て
橋の手前左側に登山口
2
夜中の雨で
けっこうな水量
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜中の雨で
けっこうな水量
1
徒渉地点
アルミ板は流されてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徒渉地点
アルミ板は流されてました。
3
すぐ右側登山道
足元は濡れてる状態
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ右側登山道
足元は濡れてる状態
2
流れが穏やかな場所も
水が綺麗で川底もばっちり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れが穏やかな場所も
水が綺麗で川底もばっちり
1
小浜茶屋跡分岐
登りは弁財天滝コース
帰りはクセ穴分道コースを
周回します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小浜茶屋跡分岐
登りは弁財天滝コース
帰りはクセ穴分道コースを
周回します。
1
小浜茶屋跡分岐の滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小浜茶屋跡分岐の滝
6
弁財天滝が
見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁財天滝が
見えてきました
4
このあたり徒渉しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり徒渉しました。
2
迫力があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力があります。
4
それにしても
急ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても
急ですね。
4
滝の上部から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の上部から
4
中尾根
急登の連続
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾根
急登の連続
3
途中から
山頂方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から
山頂方面
2
来年の準備
ショウジョウバカマの蕾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来年の準備
ショウジョウバカマの蕾
4
樹林帯が開けて摩耶山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯が開けて摩耶山山頂
3
どかーんと月山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どかーんと月山
5
中央奥庄内平野
右奥に霞んでいなければ
鳥海山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央奥庄内平野
右奥に霞んでいなければ
鳥海山が見えます。
1
佐渡島は
あちら方面?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐渡島は
あちら方面?
1
左下の方から
中尾根を登ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左下の方から
中尾根を登ってきました。
2
摩耶山避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩耶山避難小屋
5
1、内部
  ソーラーパネル使用で
  蛍光灯が
  点燈してました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1、内部
  ソーラーパネル使用で
  蛍光灯が
  点燈してました。
2
3、第28代摩耶姫さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3、第28代摩耶姫さん
3
小屋の付近は
ぶな樹林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の付近は
ぶな樹林
2
このあたりも
ブナ樹林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりも
ブナ樹林
2
七ッ滝(中央下)の
上、中尾根を登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ滝(中央下)の
上、中尾根を登りました。
3
七ッ滝
少しあっぷ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ滝
少しあっぷ
1
小浜茶屋跡分岐
登りは弁財天滝コースを
登り下山はクセ穴分道コースを
周回してきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小浜茶屋跡分岐
登りは弁財天滝コースを
登り下山はクセ穴分道コースを
周回してきました。
2
中央
登りのとき流されていた
アルミ板がちゃんと
掛かっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央
登りのとき流されていた
アルミ板がちゃんと
掛かっていました。
2
無事下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。
3

感想/記録

気になっていた山、摩耶山に越沢から登ってきました。
登山口から杉林に入りその先右側谷になっている脇を
歩き川を徒渉しました。
夜中に雨が降ったようで徒渉地点に掛かっていたと思われる
アルミ板は脇の方に流されていました。
徒渉したあとは左側に川を見ながら弁財天の滝下部まで歩きましたが
下部手前にも徒渉がありました、ここも水量が多めで
なんとか渡りましたが増水時は厳しいと思いました。

滝の直ぐ脇の急梯子を登り中尾根を歩き(急登)
樹林帯が開けて来たと思ったら摩耶山山頂に着きました。
山頂方面からの眺望はよかったですが遠くの方は霞んでいて
鳥海山、佐渡島方面は見えませんでした。

下山は摩耶山避難小屋、追分分岐を通って小浜茶屋跡分岐で朝登った場所に
着き徒渉地点を通り登山口にぐるっと周回してきました。



訪問者数:215人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/8
投稿数: 1071
2017/10/2 22:36
 摩耶山
わたしにとってはこわーい山です^^;
が、このルートも変化があって面白いですよね。
ようこそ庄内へ(^^)ようこそ鶴岡へ(^^)またどうぞ♪
登録日: 2012/9/10
投稿数: 362
2017/10/2 22:50
 Re: 摩耶山
こんばんは
  kimberliteさん
  コメントありがとうございます。
   名前のひびきが好きです、
   登りがいのあるいい山でしたね

   こんどは、山開けか
   もう少し色ずいたころに
   登りたいと思っています。
 
 
登録日: 2017/2/17
投稿数: 64
2017/10/3 21:39
 初めまして
nobo6yoさん はじめまして😊
摩耶山行ってきたんですね⤴️
ハジコどうでしたか〜滝がすぐ横を流れていて音も轟音でしたでしょ
でも雨の後は少し躊躇しちゃいます💦渡れてよかったです😊
nobo6yoさんのレポよんでいつか常念岳行きたいと思ってます
登録日: 2012/9/10
投稿数: 362
2017/10/3 22:34
 Re: 初めまして
こんばんは
 kumikumi78さん
  はじめまして
  コメントありがとうございます。
  なかなか急な梯子でしたがぐらつきがなく
  固定されていて大丈夫でした。 
  すぐわき滝も流れていて迫力がありましたね。

  水も綺麗でどこででも飲めそうな感じでしたが
  うがい清水でうがいはちょっと?でした。

  今年は、雨が多く常念も天気は期待薄でしたが
  乗越着くころから回復して槍も見えましたが
  周り真っ白で眺望なしでは、遠くからただいって
  来ただけでしたのでよかったです。

  ただ、あちらは人が多くてそのてん
  東北の山は静か(静かすぎの時も)で
  いいですね。
  

  
  
  
  
  
  

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 避難小屋 ブナ 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ