また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278929 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

札幌から本州の山旅へ6 磐梯山(八方台登山口から)

日程 2017年09月27日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方台登山口駐車場、トイレ有、登山ポスト有、東屋有(イスのみでテーブルが無いのが残念)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
1時間0分
合計
4時間50分
S八方台登山口07:3509:15弘法清水09:3010:00磐梯山10:3310:56弘法清水11:0812:25八方台登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

駐車場の案内看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の案内看板
歩き出してしばらくすると目指す山頂が見えて来る。結構遠い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出してしばらくすると目指す山頂が見えて来る。結構遠い。
別の事を考えていたためか登山道を外れ中ノ湯跡へフラフラ行ってしまった。7・80センチ✖3・40センチのサイズで細かな気泡がブクブク湧き出している場所があった。ラッキー帰りにここで足湯を!!と思い手を入れてみるととてもぬるい。残念だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の事を考えていたためか登山道を外れ中ノ湯跡へフラフラ行ってしまった。7・80センチ✖3・40センチのサイズで細かな気泡がブクブク湧き出している場所があった。ラッキー帰りにここで足湯を!!と思い手を入れてみるととてもぬるい。残念だ。
弘法清水に到着。美味しい水が有難い。帰りに野点コーヒー用に持ち帰ろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法清水に到着。美味しい水が有難い。帰りに野点コーヒー用に持ち帰ろう。
弘法清水小屋前に北方〜南東方向に眺望が開けた広々とした場所があった。ここでゆっくりと休憩した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法清水小屋前に北方〜南東方向に眺望が開けた広々とした場所があった。ここでゆっくりと休憩した。
山頂到着。見過ごしそうになった三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。見過ごしそうになった三角点。
山頂のすぐ下にあった標識。何の意味があってわざわざ建てたのだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のすぐ下にあった標識。何の意味があってわざわざ建てたのだろうか?
その標識の脇にある小屋に弘法清水の小屋で教えてもらったことが貼ってあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その標識の脇にある小屋に弘法清水の小屋で教えてもらったことが貼ってあった。
そこへ行ってみる。鮮やかな紅葉が始まっている。きれいだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこへ行ってみる。鮮やかな紅葉が始まっている。きれいだ。
初めて山バッチを買ってみた。2種類あったが「表」バージンにした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて山バッチを買ってみた。2種類あったが「表」バージンにした。
下山後、郡山市内の宿を予約し猪苗代湖沿いの道でそこに向かう途中。登ってきた磐梯山の雄大な姿。立派だ。今回お気軽コースで登ったがこんなに大きな山なのでそれはお山にちょっと失礼だったかもと思う。次回登る機会があったら一番キツイコースにしよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、郡山市内の宿を予約し猪苗代湖沿いの道でそこに向かう途中。登ってきた磐梯山の雄大な姿。立派だ。今回お気軽コースで登ったがこんなに大きな山なのでそれはお山にちょっと失礼だったかもと思う。次回登る機会があったら一番キツイコースにしよう。

感想/記録
by k163

 2015年秋(岩手にいた時)、磐梯山か安達太良山を登ろうとして色々調べていると安達太良の方で面白そうな周回コースがあるのを知り、そちらを登って安達太良山頂から磐梯山頂のかなりギザギザした形を見ていつかあそこにも登ろうと思っていた。
 今回は長旅なのでロングコースはキツイなあと思い、一番楽そうな八方台からの登りとした。
 平日のためか駐車場の車は少なく弘法清水までは他の登山者はまばら、弘法清水で休憩し売店を覗くと店主が山頂すぐ下の紅葉絶景スポットを教えてくれる、話を聞きながら山バッチが売られているのに気づく。写真などで見たことはあるが実物を見るのはこれが初めて。旅の記念にと思い2バージョンのうち「表」バージンを買うことにした。買ってからすぐ帽子につけようかと思ったが粗忽者なので旅の途中で行方不明になりそうだと思いそれは止めてザックにしまう。
 休憩後、山頂までの500メートルの急登はゆっくり歩いて1度も立ち止まらずに歩き切れた。我ながら偉い!登山を始めた体力が無い頃は7・8メートルくらい登るごとに立ち止まって休まなければならなかったこと、当時は苦しい時(登りはだいたい全部が苦しかったが、)なぜかいつも頭の中で水戸黄門のテーマ曲(人生ェー楽ありゃ苦もあるさー)がエンドレスで流れたいたことなんかを思い出す。

 山頂について四方の景色を楽しんでから腰を下ろし軽く行動食を食べているとどんどん他の方々も山頂にやってくる、平日のせいか熟年世代がほとんどで普段余り登山をしていないような感じの方も結構多い。八方台以外にもお手軽に登れるコースがあるのだろうか?
 その後、売店で教えていただいた絶景スポットの方に行ってみる。この山は鳥海より大分南だが内陸部のためかかなり紅葉になっている。きれいだ!この場所はどうやら南西斜面のスキー場からの登山道のようで相当の急傾斜、羊蹄山のキツイコースと似ている。

 山頂からの下山にかかると弘法清水に降りるまでの間、多分2・30人の登りの方々とすれ違う。お昼に山頂着にしようという出発時間にした方々だと思う。山頂で見かけたように登山慣れしていない方、登山を始めたころの自分のように苦しさで喘ぎ喘ぎ登ってくる方も交じっている。すれ違う時「こんにちは」としか言わないが心の中であと少しで着くので頑張って!と付け足して言う。このお山きつくても登りたいと思われている人気の山なのだろうなあ、山頂からの景色は絶景だからなあと思う。
 
 山頂で自分より一回り年長の奈良のソロの男性に、駐車場に戻ってから隣に駐車していた東京の熟年ご夫婦に声をかけられる。どちらも自分の同じように車で移動してあちこちの山に登っている方達。これからいつまで回るのかと聞かれ、それは決めていないので即答できず、まあ1か月くらいでしょうか・・・糸の切れた凧みたいな者なんで・・・と答えておく。ここまでは長旅の触りで足慣らしとしてきたが、これから南下する北関東・新潟では移動距離が短いので緩い山なら1日2山とかキツ山2日連続なども考えているがさてどうなることやら。

※旅行中 登山4山、ハイキング1山 累計登り標高4,419m
訪問者数:25人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ