また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1279893 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

札幌から本州の山旅へ8 本日の2山目 浅間隠山 下山後トラブル発生し旅は終了

日程 2017年09月29日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二度上峠の駐車場より。簡易トイレ有。登山ポスト有。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間19分
休憩
45分
合計
3時間4分
S登山口11:2412:54浅間隠山13:3914:28登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

山頂に着くとどーんと浅間山がいらっしゃる。細い噴煙をはいている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着くとどーんと浅間山がいらっしゃる。細い噴煙をはいている。
1
登り始めてまもなくあった標識。いい字体だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めてまもなくあった標識。いい字体だ。
山頂にある大きな**。なんと呼ぶのだろうかこれを。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にある大きな**。なんと呼ぶのだろうかこれを。
遠くに朝散歩をして下山中どなられた妙義が見える。あのオヤジ家帰って**して寝ろ!(谷岡ヤスジ氏のセリフ)である。古いのである自分は。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに朝散歩をして下山中どなられた妙義が見える。あのオヤジ家帰って**して寝ろ!(谷岡ヤスジ氏のセリフ)である。古いのである自分は。

感想/記録
by k163

 この日2山目は長野県境の浅間隠山。妙義からここへ来るまでの半分が峠道でかつこの山の近くはRのキツイカーブの連続した登り、対向車を見ていると山に慣れた上手な運転をする車が多いが、自分の後続の軽もそうで車間を詰めてくる。路側帯に余裕があれば左に寄って道を譲ってあげるのだがそれがないし対向車も多いので譲ることが出来ず。急いでいるようなのでそれならばと結構真面目にスピードを上げて駐車場に着いたが何だか登山前に峠ドライブで少し疲れてしまった。

 登り始めるとガイドブックどおりのゆる山、北軽井沢からの登山道の合流点で北軽側の道を見ると余り歩かれていない様子。浅間隠に登るのに背中越しに浅間山が見える道は歩かないよなあ、普通などと思いながら登って汗もかかずに山頂に到着。浅間山がどーんと見える。優し気な山容でうっすらとした噴煙を真っすぐ上に吐いている。いい景色だ。
 山頂にはソロの男性一人、夫婦2組うち1組は白いワンちゃん同伴登山。ソロの男性がやたら山に詳しく。設置されていた丸い山名表示のプレートと四方の山を指さしながら次々に山名を解説してくれている。山頂に雲がかかっていたが秩父の山々の合間に富士山の8合目から上が見える、教えてもらわなければ山また山だなあ程度の感想しか持てないので、この解説は嬉しかった。そして、浅間山噴火口は立ち入り禁止だが、結構多くの人がそこまで行っていること、風がなければ火口内がはっきり見えることなんかも教えてもらう、ちょっとだけ気が惹かれる。

 講義終了後、腰を下ろして山頂ランチにするとワンちゃんが自分の食べているものを見て少し吠える。名前を聞くともう十年以上前に死んだ自分の愛猫と同じ名前。何だか嬉しくなって、ほら少しだけだけどと言いながら食べているものを少しおすそ分けしてあげ、飼い主さんからお返しのチョコをもらったり近くのお勧めの山を教えてもらってから下山。やはり旅で地元の方と話すのはいいものだなあと思いながら無事に駐車場に戻る。
 
 ああっいい日だったなあ、猫もいいけど犬もいいなあと思いながら峠の下りのクネクネドライブをして人里に戻り、さあ明日登る野反湖方面へ向かおう、途中どこかの温泉に寄ってとドライブしていくと・・・何と、交通事故を起こしてしまった(こちらの過失は多分1/4〜1/3位)。事故後多分模範的な事故対応と相手方対応をして翌日高崎市内のディラーで車のダメージ確認と応急修理をしてもらい、午後3時過ぎに札幌に向けて出発。
 事故後、警察の現場検証と調書作成中に車も何とか動きそうだが事故の少し前にした自分判断ミスが間接的には事故を呼び寄せたという後悔、自分は無傷だが相手方が重症ではないが怪我をしたことへのすまなさで旅を続ける気にはなれなかった。
 北帰行の途中、余り事故のことを考えていると危ないと思い運転に集中し、車をいたわりながら10月2日早朝札幌へ帰り着く。何ともいいようのない終わり方の山旅だった。

 旅行での山行 登山5山、ハイキング2山 累計登り標高5,155m
訪問者数:82人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ