また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1314604 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

明神ヶ岳(宮城野ルート)

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー5人
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
箱根湯本駅〜宮城野営業所前バス停
バス停前にトイレあり
帰りは道路が混雑してバス移動に1時間半かかった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
1時間5分
合計
5時間39分
S宮城野営業所前09:2811:12明神・明星コース鞍部12:06明神ヶ岳13:1115:07宮城野営業所前G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
問題なし

写真

久しぶりの電車を使った登山。
箱根湯本駅で電車を降りると、ロマンスカーがやって来る。
運転席は2階にあり、先頭に座ると景色が素晴らしそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの電車を使った登山。
箱根湯本駅で電車を降りると、ロマンスカーがやって来る。
運転席は2階にあり、先頭に座ると景色が素晴らしそうだ。
宮城野営業所前バス停に到着。標高460m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮城野営業所前バス停に到着。標高460m。
バス停から最初は車道を歩いていく。
目の前に見えるのは箱根外輪山で、目指す明神ヶ岳はその奥にある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停から最初は車道を歩いていく。
目の前に見えるのは箱根外輪山で、目指す明神ヶ岳はその奥にある。
1
箱根の中心には神山が聳えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根の中心には神山が聳えている。
1
複雑な車道を歩いていくが、標識は完璧に整備されているため迷うことはない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
複雑な車道を歩いていくが、標識は完璧に整備されているため迷うことはない。
登山口に到着する。ここで妻と娘は5匹のイノシシの群れを目撃。
残念ながら見逃してしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着する。ここで妻と娘は5匹のイノシシの群れを目撃。
残念ながら見逃してしまった。
しばらくは民家の側の登山道らしくない登山道が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは民家の側の登山道らしくない登山道が続く。
娘が可愛らしい実を発見。きれいに3つに割れている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
娘が可愛らしい実を発見。きれいに3つに割れている。
やさしい登山道なのだが、階段の段差がやたら大きい。
息子は足を目一杯上げて登っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やさしい登山道なのだが、階段の段差がやたら大きい。
息子は足を目一杯上げて登っている。
登山道の脇の土が白く染まっている。
かなりの広範囲にわたって白く染まっていたが、これは何なのだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の脇の土が白く染まっている。
かなりの広範囲にわたって白く染まっていたが、これは何なのだろうか?
小さな岩場。一応ロープはあるが使う必要性はなさそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな岩場。一応ロープはあるが使う必要性はなさそうだ。
数少ない紅葉。ちょうど紅葉の季節ではあるのだが、
この山は落葉樹が少ないため、ほとんど見られない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数少ない紅葉。ちょうど紅葉の季節ではあるのだが、
この山は落葉樹が少ないため、ほとんど見られない。
娘が「りすに注意」と言っているので何事かと見てみたら、確かにそう読める。
実際は「たき火、たばこに注意」と書かれている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
娘が「りすに注意」と言っているので何事かと見てみたら、確かにそう読める。
実際は「たき火、たばこに注意」と書かれている。
箱根外輪山に到着。ここからは笹に覆われた尾根道になる。
小学生2人組が先に歩いていくので、4歳の息子は意気消沈気味だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根外輪山に到着。ここからは笹に覆われた尾根道になる。
小学生2人組が先に歩いていくので、4歳の息子は意気消沈気味だ。
足元にはリンドウがたくさん咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にはリンドウがたくさん咲いている。
こちらは赤い実がたくさんなっている。赤い実は良く目立つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは赤い実がたくさんなっている。赤い実は良く目立つ。
展望が開けた場所に出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が開けた場所に出てくる。
ここから見えるのは神山と箱根駒ヶ岳。大涌谷では激しく噴煙が上がっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見えるのは神山と箱根駒ヶ岳。大涌谷では激しく噴煙が上がっている。
1
箱根外輪山の山々と遠くに愛鷹山が見える。
残念ながら少し雲が出てきた。山頂からの富士山は期待できなさそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根外輪山の山々と遠くに愛鷹山が見える。
残念ながら少し雲が出てきた。山頂からの富士山は期待できなさそうだ。
1
笹に覆われた明るい道を歩いていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹に覆われた明るい道を歩いていく。
大きなミミズを発見。棒で突っついても反応しなかったのに指で突っつくと暴れ出した。
熱を感知しているのだろうか?登山道の真ん中にいて踏まれそうなため、端に移してやった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなミミズを発見。棒で突っついても反応しなかったのに指で突っつくと暴れ出した。
熱を感知しているのだろうか?登山道の真ん中にいて踏まれそうなため、端に移してやった。
空はだんだんとどんよりして来る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空はだんだんとどんよりして来る。
ここまで来ると大涌谷の噴煙がよく見える。いくつかの場所からモクモクと煙が上がっている。
火山活動は活発で、まだ大涌谷には近づけない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると大涌谷の噴煙がよく見える。いくつかの場所からモクモクと煙が上がっている。
火山活動は活発で、まだ大涌谷には近づけない。
箱根外輪山の外側には真っ青な海が広がっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根外輪山の外側には真っ青な海が広がっている。
1
明神ヶ岳山頂に到着。標高1169m。
山頂は寒い。風がさほど強くないのが救いだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳山頂に到着。標高1169m。
山頂は寒い。風がさほど強くないのが救いだ。
奥に見えるのは箱根外輪山の最高峰・金時山。
その背後に聳えるはずの富士山は残念ながら雲の中だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのは箱根外輪山の最高峰・金時山。
その背後に聳えるはずの富士山は残念ながら雲の中だ。
1
昼食とおやつ休憩をとったら下山開始。無難に元来たルートを戻る。
危ないから走るなー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食とおやつ休憩をとったら下山開始。無難に元来たルートを戻る。
危ないから走るなー!
大きな段差は反対向いて下りている。この辺りの状況判断は問題なくできるようになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな段差は反対向いて下りている。この辺りの状況判断は問題なくできるようになった。
宮城野営業所前バス停に下山。
しかし試練はここからだった。箱根の道が大混雑で、箱根湯本駅に出るまでに
混雑したバスに1時間半乗る羽目になってしまった。
週末のバスの時刻表はあって無いようなものだ。
強羅駅から箱根登山鉄道に乗るべきだったと後悔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮城野営業所前バス停に下山。
しかし試練はここからだった。箱根の道が大混雑で、箱根湯本駅に出るまでに
混雑したバスに1時間半乗る羽目になってしまった。
週末のバスの時刻表はあって無いようなものだ。
強羅駅から箱根登山鉄道に乗るべきだったと後悔。
ようやく混雑する箱根湯本駅に到着。疲れた移動となった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく混雑する箱根湯本駅に到着。疲れた移動となった。

感想/記録

今回の登山は妻の友人家族を誘って行ってみることにする。
昨年末にも一度企画していて、今回は2回目だ。
山登りはほとんど初心者のため、比較的簡単に登れる
箱根の明神ヶ岳に行ってみることにする。
順調に登って行くが、やはり家族だけの登山よりも時間がかかる。
天気も予報に反してどんどん悪くなっていき、山頂に着いた頃はどんよりした空模様になってしまった。残念。
帰りのバスも時間がかかるなど、想定外のことが多かったが、楽しんで参加してもらえたようで良かった。
訪問者数:46人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

イノシシ 紅葉 リンドウ 外輪山
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ