また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1330227 全員に公開 沢登り四国

喜来谷川〜胴切山

日程 2017年12月06日(水) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
牟岐町辺川駅北の五剣山登山口から先のスペースに駐車。念のため近所の人に確認取りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間49分
休憩
21分
合計
5時間10分
S駐車スペース10:0012:28胴切山の南側12:49胴切山13:1013:49胴切山〜五剣山間のコル15:10駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
谷の遡行は一般ルートではありません。胴切山から五剣山までは所々道が不明瞭。

装備

個人装備 足袋  シャツ  ズボン  カッパ  防寒具  時計  ヘルメット  登攀具<br />タオル  ライト  エマージェンシーキット  地形図  トイレットペーパー<br />常備薬  ビニール袋  水  行動食  保険証  携帯  筆記具
共同装備 ロープ
備考 胴切山〜五剣山間はコンパスと地図必須。

写真

入渓地点の堰堤
2017年12月06日 10:15撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓地点の堰堤
1
何故か人工感のある川床
2017年12月06日 10:16撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故か人工感のある川床
1
天気よく水は抜群に綺麗。
2017年12月06日 10:18撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気よく水は抜群に綺麗。
1
喜来の滝手前の巨岩山積地帯。
2017年12月06日 10:23撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喜来の滝手前の巨岩山積地帯。
1
岩を乗り越え
2017年12月06日 10:24撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を乗り越え
喜来の滝前の滝9m程度
2017年12月06日 10:25撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喜来の滝前の滝9m程度
滝手前の橋はボロボロ
2017年12月06日 10:26撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝手前の橋はボロボロ
上はしばらくゴーロ帯
2017年12月06日 10:33撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上はしばらくゴーロ帯
岩間の滝4m
2017年12月06日 10:36撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩間の滝4m
1
右岸側を中心に岩壁が発達
2017年12月06日 10:55撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸側を中心に岩壁が発達
釜を持った5m滝。泳いで突破可能っぽいけどもちろん季節考えて高巻き。
2017年12月06日 10:56撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜を持った5m滝。泳いで突破可能っぽいけどもちろん季節考えて高巻き。
2
落ち口より
2017年12月06日 11:01撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口より
さらに上の滝10m。荒々しく良い風景
2017年12月06日 10:59撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに上の滝10m。荒々しく良い風景
2
落ち口より
2017年12月06日 11:06撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口より
いきなりの倒木帯進路全てふさがれ写真もぶれる。
2017年12月06日 11:19撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの倒木帯進路全てふさがれ写真もぶれる。
周りが全て崩れた岩峰(?)
2017年12月06日 11:29撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りが全て崩れた岩峰(?)
岩崩壊直前か?
2017年12月06日 11:31撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩崩壊直前か?
稜線直下に石積み堰堤。ここまで道もついているようですが、どこに繋つながっているか不明。
2017年12月06日 12:26撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直下に石積み堰堤。ここまで道もついているようですが、どこに繋つながっているか不明。
胴切山山頂。木が多く日差しが欲しい。
2017年12月06日 12:53撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胴切山山頂。木が多く日差しが欲しい。
この標識に従って少し後、道見失う。
2017年12月06日 13:53撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識に従って少し後、道見失う。
始めはこんなにわかりやすいのに
2017年12月06日 13:56撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始めはこんなにわかりやすいのに
沢に復帰。
2017年12月06日 14:50撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に復帰。
1
稜線つなげたかったです。
2017年12月06日 15:09撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線つなげたかったです。
1

感想/記録

五剣山付近に岩が多いらしいのでそんな雰囲気の風景が出てこないかと思い遡行。
全体としてはあたりの沢ではないのですが、一箇所ギザギザしたゴルジュがあり、水も綺麗で胴切山への変わったアクセスとして楽しめるかも、という感じでした。
胴切山から五剣山までは忠実に尾根をつなげていましたが、途中の看板「五剣山⇒」につられて尾根を外れトラバース道を進み、道を見失い面倒になり沢を下降。
結果的にショートカットになり早めの時間に車に戻れましたが、稜線の道は危ういです。それとも単にルーファイ下手なだけなのか・・・。
訪問者数:65人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ