また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1355662 全員に公開 雪山ハイキング東海

東海自然歩道はラッセル三昧〜鍋倉山〜

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
40分
合計
8時間10分
S東津汲05:1006:30日坂08:10長者平分岐08:35日坂越10:10鍋倉山10:2010:40鍋倉山避難小屋11:0012:25谷山12:3513:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 岐阜県の東海自然歩道に関するHPには、日坂〜鍋倉山〜谷山の区間は冬季積雪のため通行不可とある。他の記録等を見ても、この地区は伊吹や能郷白山などにも近く、積雪量が多い山だということが伺われる。1月7日は移動性高気圧に覆われ好天が期待できたため、ワカンなどの冬山装備で1000メートルそこそこではあるがこの鍋倉山ルートに挑むこととした。
日坂で県道と分かれ、鍋倉山登山道を進んで行く。県道は除雪されているが、ここから先は当然除雪などされてない。やや勾配がある上、路面が凍結しているので、滑り止めのため軽アイゼンを装着。久しぶりに着用するので、着け方が思い出せず、ここで10分以上時間をロスした。しかも、ここから100メートル進まないうちに急激に積雪が増え、ツボ足では歩行がはかどらない。もっとも先人のトレースが頼りないながらも存在するので、その上をたどる。が、早めにワカンを着用することとした。その先人トレースも、さらに100メートル進まないうちにワカンに履き替えたようであり、トレースがワカンのそれへと変わっていた。
 雪が深いので分かりにくいが、いつの間にか本格的な登山道に入っているようで、和佐谷の渓谷沿いの道を登る。東海自然歩道の指導標識も半分以上が雪に埋もれている。自然歩道は渓谷と分かれ稜線目指して進んで行くが、トレースがあるため、順調に距離を稼いで進んで行く。積雪は膝下程度か。上部に進むと、急斜面のトラバースなどもあり、デブリも所々に現れる。道が次第に緩やかになり、長者平分岐へと到着。緑色のテントが一張りあり、中からラジオの音が聞こえた。
 そして、ここから先は急にトレースがなくなった。今までのトレースの主は先ほどのテント住人だったのか?積雪は膝程度までもぐったが、ワカンが威力を発揮し、停滞することなく前進をつづける。長者平分岐からは自然歩道はゆるやかにアップダウンを繰り返す。日坂越がどこなのか分からずに通り過ぎたが、「鍋倉山まで2.5キロ」という看板があったので、恐らくそのあたりだったのだろう。晴天のため周囲の景色が良く見渡せることができる。目の前に大きくそびえるのが鍋倉山かと思えるが、取り付きまでは緩やかで、そこから先が急登りだ。近づいてみると、道は九十九折りにジグザグと登って行く。積雪量も急激に増え、吹き溜まりは自分の背丈以上だ。風の通り道から外れると、一時的に雪がなくなったりするが、その次の瞬間には必ず大きな雪壁が立ちはだかる。ペースは落ちたが、順調に高度を稼ぎ、やがて樹林が疎らになり、頂上が近づいたような気配。最後のヘアピンを過ぎた先に、青空の下なだらかなピークのようなものが見えてきた。それが頂上であり、予定到着時間の11時を大幅にクリアし、10時10分過ぎの到着。樹林はあるが、冬枯れなので景色が見渡せる。青空と樹氷と銀嶺のすばらしい展望だった。
 しばらく休憩の後、20分程度勾配の緩やかな自然歩道を進むと、鍋倉山避難小屋に到着。もちろん誰もいない。入口は半分雪に覆われていたが、扉を強引にこじ開けて中で急速。書き込みノートを読むと、前回の来客は12月初旬で、その時は積雪20センチだった模様。この小屋は太陽光発電を行っており、夜間は電気が使えるらしい。
 その後、旧春日村方面へと下山するが、南斜面のため、行きよりも雪が少なく感じた。そもそも下り道なのでラッセルも行きに比べれば段違いに楽だった。谷筋まで降りてきてから先が長かったが、避難小屋から1時間半程度で谷山集落跡へ到着。この直前に、重い雪のラッセルに耐え兼ね、右足側のワカンが破壊されてしまった。無人住宅跡の軒下の雪がない場所を選んで休憩するが、今日は小春日和で暖かい。
 ここから先は急速に雪が減少し、車道もどきも現れ、最後は高橋谷渓谷沿いの日陰で寒いトレールへと変わり、谷山から1時間弱でモリモリ村前の県道に合流。この後二条関白蘇生泉の先まで歩き、そこから揖斐駅までさらに歩き、その後は名阪近鉄バスでスタート地点の東津汲へ戻り、帰りは藤橋の温泉に浸かった。
 東海自然歩道の難所を猛ラッセルの中越した充実感と奥美濃の雪深さを体感した1日であった。
 
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

夜明け間近の日坂集落
2018年01月07日 06:30撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け間近の日坂集落
自然歩道の入り口(まだ雪は少ない)
2018年01月07日 06:44撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然歩道の入り口(まだ雪は少ない)
200メートルも進まないうちにワカンに履き替え
2018年01月07日 07:04撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200メートルも進まないうちにワカンに履き替え
本格的に山道となるがすでに積雪は腰の深さ(標識も埋まっている)
2018年01月07日 07:35撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本格的に山道となるがすでに積雪は腰の深さ(標識も埋まっている)
急なトラバースだが、トレースはある。
2018年01月07日 08:04撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なトラバースだが、トレースはある。
1
長者平分岐にテントが
2018年01月07日 08:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者平分岐にテントが
テントから先はノートレース
2018年01月07日 08:13撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントから先はノートレース
木漏れ日を浴びながらラッセル!
2018年01月07日 08:32撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日を浴びながらラッセル!
鍋倉山まで2.5キロ
2018年01月07日 08:35撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋倉山まで2.5キロ
長者平の眺め
2018年01月07日 09:30撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者平の眺め
鍋倉山への最後の急登。積雪は吹き溜まりで1メートル以上
2018年01月07日 09:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋倉山への最後の急登。積雪は吹き溜まりで1メートル以上
目の前は壁(ちょっとわかりにくいけど)
2018年01月07日 09:37撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前は壁(ちょっとわかりにくいけど)
こんなのも(れっきとした東海自然歩道のルート上です)
2018年01月07日 09:41撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのも(れっきとした東海自然歩道のルート上です)
1
樹林が疎らになってきた。
2018年01月07日 09:49撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林が疎らになってきた。
1
もう少しで頂上か?
2018年01月07日 10:09撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで頂上か?
1
やっと着いた
2018年01月07日 10:11撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いた
払いのける気力もないが
2018年01月07日 10:19撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払いのける気力もないが
奥美濃の山々
2018年01月07日 10:23撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥美濃の山々
鍋倉山避難小屋
2018年01月07日 10:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋倉山避難小屋
1
玄関開けたら雪の壁
2018年01月07日 10:40撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄関開けたら雪の壁
1
谷山集落跡地
2018年01月07日 12:29撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷山集落跡地
春日モリモリ村
2018年01月07日 13:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春日モリモリ村
撮影機材:
訪問者数:273人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ