また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1356886 全員に公開 ハイキング関東

伊豆大島 No.12 馬道コース(滑走台跡と巨大バウムクーヘンを見る)

日程 2018年03月14日(水) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
バス
スタート地点の三原山頂口まで、大島バスで港(岡田、元町)からともに25分ほど。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
・所要2:30のコースです(下りの場合)。
体力★★ 技術★★ 展望一部★★★(滑走台付近)
・昔は馬が物資を集落から山上まで運ぶのに使われた道です。
・終点の「地層大切断面」は海に近いので、コースを逆向きに歩き、海抜0Mから山上を目指すコースとして使うのにも最適です。(傾斜の緩やかな歩きやすい尾根です。)
・途中、危険個所はなしですが、案内標識はないため道迷い注意。カルデラの淵(滑台)から斜面を海に向かって降りる付近の道はわかりにくいので、ガイド同行が望ましいです。
・活火山のため、ヘルメット携行がおすすめ。
(三原山山頂口で無料レンタル可能です)
・シェルター(退避壕)の位置は ↓こちらで事前確認しておきましょう。
https://goo.gl/VAdCv4
その他周辺情報・コース途中にトイレはありません。出発地点の三原山頂口にトイレ、自販機あります。
・コース終点のバス停(地層断面前)のバス時刻を調べておきましょう。
・その他現地情報はこちらを参考に
http://izu-oshima.com/
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

スタート地点の三原山頂口バス停を降りて、まず現れる景色(5月)。
登山しない一般の観光客はここまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点の三原山頂口バス停を降りて、まず現れる景色(5月)。
登山しない一般の観光客はここまで。
馬のいる場所を横に見ながら、舗装道から外れ、右に向かいます。樹林帯を30分ほど歩き抜けると、広い道に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬のいる場所を横に見ながら、舗装道から外れ、右に向かいます。樹林帯を30分ほど歩き抜けると、広い道に出ます。
幻の池です。雨後にのみ現れ、逆さ三原山を拝むことができます。大島ではここでしか見られません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻の池です。雨後にのみ現れ、逆さ三原山を拝むことができます。大島ではここでしか見られません。
数日で消えてしまいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数日で消えてしまいます。
祠のある場所から下ります。鳥居もあったのですが、台風で壊れてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠のある場所から下ります。鳥居もあったのですが、台風で壊れてしまいました。
ここの地名は「滑り台」。驚くことに、昭和初期に、コースターがありました。(写真は郷土資料館のもの)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの地名は「滑り台」。驚くことに、昭和初期に、コースターがありました。(写真は郷土資料館のもの)
今は土台のコンクリートのみが残されています。
ここに来たらコレ、のポーズです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今は土台のコンクリートのみが残されています。
ここに来たらコレ、のポーズです。
利島を目指して下ります。冬には積雪も(1月)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
利島を目指して下ります。冬には積雪も(1月)。
ちなみに5月はあおあおとしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに5月はあおあおとしています。
道がわかりにくいところがたくさんあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道がわかりにくいところがたくさんあります。
雪が降るとこんな感じ(1月)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が降るとこんな感じ(1月)
迷わないように、ルートを示す石が並べてあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷わないように、ルートを示す石が並べてあります。
おびんずる様の祭られている巨岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おびんずる様の祭られている巨岩
だんだん森が深くなってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん森が深くなってきます。
途中、間伏林道にぶつかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、間伏林道にぶつかります。
入り口はわかりにくいですが、進むとこんな感じで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口はわかりにくいですが、進むとこんな感じで。
森は深くなってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森は深くなってきます。
シダも増えてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダも増えてきます
夏場は緑が美しいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏場は緑が美しいです
開けました。大島一周道路(都道)にぶつかります。都道ができる前は、向こう側につながっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けました。大島一周道路(都道)にぶつかります。都道ができる前は、向こう側につながっていました。
右へと降りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へと降りていきます。
都道沿いを10分ほど歩くと、現れる圧倒的な風景。
地層マニアにはたまらない、地層大切断面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都道沿いを10分ほど歩くと、現れる圧倒的な風景。
地層マニアにはたまらない、地層大切断面です。
冬は茶色一色です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬は茶色一色です。
コース終点のバス停です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース終点のバス停です。
時刻を事前に調べておきましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時刻を事前に調べておきましょう。

感想/記録

三原山カルデラの雄大な風景と、大島の斜面を下り、海岸近くまで到達することのできる欲張りコースです。
(ご紹介のコースではバス停が終点ですが、海岸まで歩くこともできます。)
斜度が比較的緩いので、海抜0Mから山頂まで制覇したい場合に使うといいでしょう。

この道は「馬道」という名前がついています。昔は実際に馬が行き来していました。

なお、カルデラの淵から斜面を下るあたりは、地図上で「滑り台」という名前がついています。昭和初期に営業していた600Mにもなる「コースター」の名残です。
今でもその名残で、コンクリートの土台だけは残っています。下から登ってくる際に目印にもなります。

ここに来たら、土台に上がり、「タイタニック」のポーズをしましょう(笑)。

コース上ではありませんが、近くの「赤沢」(赤ダレから続く沢です)には、キジョランという植物の密集地があり、アサギマダラという蝶が生息しています。この蝶は長距離(数百km)を旅する蝶です。

締めは「地層大切断面」。高さ30Mほどの層が長さ630Mに渡って続く景色は圧巻です。幾重にも重なった火山灰の層は、過去数十回にわたる噴火の歴史を物語っています。通称バウムクーヘンと呼ばれています。
訪問者数:323人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ