また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1357972 全員に公開 ハイキング奥秩父

柿沢峠ー黒柏木の頭ー女形雨乞山(秩父市上吉田小川から)

日程 2018年01月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小川集落外れの路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間20分
休憩
5分
合計
2時間25分
Sスタート地点10:0010:55柿沢峠11:31黒柏木の頭12:00(女形)雨乞山12:0512:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小川集落から柿沢峠迄は完全にRF。峠道はほとんど見つかりませんでした。
柿沢峠ー雨乞山迄は尾根を忠実に歩く。踏み跡あるが、雨乞山手前の岩稜帯は一寸危ない、というか初心者は無理。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

小川集落外れのこのカーブの内側のスペースに駐車。
集落内だと地元民に迷惑だから。
2018年01月13日 09:59撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川集落外れのこのカーブの内側のスペースに駐車。
集落内だと地元民に迷惑だから。
1
この神社の裏手からも登れそうな気がする。
2018年01月13日 10:01撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この神社の裏手からも登れそうな気がする。
1
伐採地に向かう九十九折りの手すり付きの道があるが、、、個人の所有物?
2018年01月13日 10:02撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地に向かう九十九折りの手すり付きの道があるが、、、個人の所有物?
1
旧吉田町のマンホールデザイン。そのうちに秩父市に変わってしまうかも?
2018年01月13日 10:04撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧吉田町のマンホールデザイン。そのうちに秩父市に変わってしまうかも?
3
この橋を渡って公園(ゲートボール場)に入ると
2018年01月13日 10:04撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡って公園(ゲートボール場)に入ると
擁壁を登る道。
2018年01月13日 10:07撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
擁壁を登る道。
立派で手入れがされている道だが、墓地への道だとこの後判明。
ここで地形図の破線と合流
2018年01月13日 10:07撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派で手入れがされている道だが、墓地への道だとこの後判明。
ここで地形図の破線と合流
この薮の中に突入。
2018年01月13日 10:08撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この薮の中に突入。
見下ろした小川集落
2018年01月13日 10:09撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろした小川集落
2
沢を挟んで対岸に神社があり。もしかしたらあの裏手に道があるかも?
2018年01月13日 10:11撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を挟んで対岸に神社があり。もしかしたらあの裏手に道があるかも?
1
地形図見ながらだいたいの破線を辿ってみるが道無し。
2018年01月13日 10:11撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図見ながらだいたいの破線を辿ってみるが道無し。
1
狸の感で登り続けるが
2018年01月13日 10:19撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狸の感で登り続けるが
1
この沢沿いに道があるはずだが、沢沿いじゃ当然消失しているよね。
2018年01月13日 10:25撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この沢沿いに道があるはずだが、沢沿いじゃ当然消失しているよね。
1
ようやく踏み跡らしい獣道?があるのでトラバース
2018年01月13日 10:31撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく踏み跡らしい獣道?があるのでトラバース
1
周囲は昔の山畑らしい。
2018年01月13日 10:38撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲は昔の山畑らしい。
2
久々に遠望が見える。
2018年01月13日 10:38撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々に遠望が見える。
1
テープとテープの間に踏み跡が続く。
2018年01月13日 10:42撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープとテープの間に踏み跡が続く。
よく見ると踏み跡には人間の靴の跡があるのでちょっと安心
2018年01月13日 10:45撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると踏み跡には人間の靴の跡があるのでちょっと安心
2
尾根に接しないでトラバース(地形図の破線通り)
2018年01月13日 10:49撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に接しないでトラバース(地形図の破線通り)
1
この辺で尾根に接して下る。
2018年01月13日 10:51撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で尾根に接して下る。
ああっ、見覚えのある石祠。柿沢峠に着く。
2018年01月13日 10:55撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああっ、見覚えのある石祠。柿沢峠に着く。
2
女形に下る道は1年前に下りました。
2018年01月13日 10:55撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女形に下る道は1年前に下りました。
1
雨乞山に向かいます。途中の登りで明瞭な小川に向かう道かせあった。
2018年01月13日 10:57撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞山に向かいます。途中の登りで明瞭な小川に向かう道かせあった。
1
周囲は山畑だったのか、シュロがある
2018年01月13日 11:05撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲は山畑だったのか、シュロがある
1
619m峰に到着
2018年01月13日 11:10撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
619m峰に到着
ここからは平坦な尾根が続く。
2018年01月13日 11:14撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは平坦な尾根が続く。
倒木も目立つ
2018年01月13日 11:19撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木も目立つ
右側が切り立ってきた。
2018年01月13日 11:22撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側が切り立ってきた。
709m峰への登り。
2018年01月13日 11:25撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
709m峰への登り。
1
西御荷鉾山がチラリ
2018年01月13日 11:30撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西御荷鉾山がチラリ
1
もうひと登りで
2018年01月13日 11:30撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうひと登りで
黒柏木の頭(709m峰)に到着
2018年01月13日 11:31撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒柏木の頭(709m峰)に到着
2
更に尾根を進む
2018年01月13日 11:32撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に尾根を進む
両神山が望めた。平地だと何にも思わないが、山間で見るとちょっとだけ感動する。
2018年01月13日 11:33撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神山が望めた。平地だと何にも思わないが、山間で見るとちょっとだけ感動する。
3
岩々しくなってきましたが、踏み跡は続いている。
2018年01月13日 11:34撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩々しくなってきましたが、踏み跡は続いている。
振り返って展望。観音山が目立つ。
2018年01月13日 11:34撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って展望。観音山が目立つ。
1
岩尾根らしくなってきます。
2018年01月13日 11:36撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾根らしくなってきます。
本日の核心、岩尾根が見えました。奥は雨乞山。
2018年01月13日 11:37撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の核心、岩尾根が見えました。奥は雨乞山。
3
岩尾根強拡大。
地形図ではゲジゲジで囲まれています。
2018年01月13日 11:37撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾根強拡大。
地形図ではゲジゲジで囲まれています。
3
この岩を越えて、、、
2018年01月13日 11:40撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩を越えて、、、
岩頭に立つと
2018年01月13日 11:43撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩頭に立つと
1
東御荷鉾山と竹ノ茅山の展望
2018年01月13日 11:43撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東御荷鉾山と竹ノ茅山の展望
3
岩頭から離れて下ると、あれっ? 先が見えない。
2018年01月13日 11:44撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩頭から離れて下ると、あれっ? 先が見えない。
1
でも滑りやすいけど下れます。
2018年01月13日 11:46撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも滑りやすいけど下れます。
下る前に展望を堪能。
2018年01月13日 11:46撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下る前に展望を堪能。
3
いつも目立つ三ッ石山と大洞山。
2018年01月13日 11:46撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも目立つ三ッ石山と大洞山。
3
岩場の急降下。慎重に下る。
2018年01月13日 11:47撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の急降下。慎重に下る。
2
これから辿る岩尾根。
2018年01月13日 11:51撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから辿る岩尾根。
1
遠くに武甲山
2018年01月13日 11:51撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに武甲山
2
近くには秩父桃子
2018年01月13日 11:51撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くには秩父桃子
3
この岩斜面を超えて
2018年01月13日 11:52撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩斜面を超えて
核心の場所。この岩の右側を岩を抱っこしながら通過します。当然、右下は絶壁、ミスは許されず。
2018年01月13日 11:53撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心の場所。この岩の右側を岩を抱っこしながら通過します。当然、右下は絶壁、ミスは許されず。
4
でも比較的容易に通過できました。ホールドがしっかり出来ます。足元も大丈夫でした。
2018年01月13日 11:54撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも比較的容易に通過できました。ホールドがしっかり出来ます。足元も大丈夫でした。
4
右下にはルートがありそうだが、外傾斜で滑りやすそう。
2018年01月13日 11:54撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右下にはルートがありそうだが、外傾斜で滑りやすそう。
1
この岩も超えます。
2018年01月13日 11:54撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩も超えます。
雨乞山への急斜面、でも道が付いています。
2018年01月13日 11:56撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞山への急斜面、でも道が付いています。
1
山頂までもう少し。
2018年01月13日 11:58撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し。
雨乞山に着く。
2018年01月13日 11:59撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞山に着く。
3
雨乞山の石祠、女形の方を向いています。
2018年01月13日 11:59撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞山の石祠、女形の方を向いています。
2
窓が水滴になっています。当然、雨乞の祠です。
2018年01月13日 12:04撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窓が水滴になっています。当然、雨乞の祠です。
3
昭和5年、、、
でも施主は寄居町の人だ。
2018年01月13日 12:00撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和5年、、、
でも施主は寄居町の人だ。
2
南側の尾根にも下る道がありそうです。
2018年01月13日 12:04撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の尾根にも下る道がありそうです。
1
屋根の形も趣深い。
2018年01月13日 12:04撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根の形も趣深い。
2
雨乞山よ、さようなら。
2018年01月13日 12:05撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞山よ、さようなら。
1
踏み跡がしっかりしてきた。
2018年01月13日 12:05撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡がしっかりしてきた。
まだ岩々しい尾根が続く。
2018年01月13日 12:06撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ岩々しい尾根が続く。
このまま尾根を真っすぐ進んでしまいそうな場所、、、
2018年01月13日 12:13撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま尾根を真っすぐ進んでしまいそうな場所、、、
正解は左手の支尾根に進みます。
2018年01月13日 12:13撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正解は左手の支尾根に進みます。
1
意外にも急斜面
2018年01月13日 12:14撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外にも急斜面
ここは結構滑りやすい下降
2018年01月13日 12:21撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは結構滑りやすい下降
最後のピークは登らず林道を目指す。
2018年01月13日 12:24撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピークは登らず林道を目指す。
林道に到着。この先でデポチャリで駐車場所に帰る。寒かったー。
2018年01月13日 12:24撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に到着。この先でデポチャリで駐車場所に帰る。寒かったー。
1
林道から見た雨乞山。左に岩尾根が何となく見える。
2018年01月13日 12:37撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から見た雨乞山。左に岩尾根が何となく見える。
3

感想/記録

・1年前に御高金山ー柿沢峠を辿ったが、その先は後で辿ることとしていた。猟師がいるのが心配だが、小川集落から柿沢峠を目指してみた。
・小川集落手前で散歩しているおじさんがいたので話してみた。ああっ、柿沢峠ね。神社の裏手を登れば行けるよ。とのこと。でも私としては地形図の破線を辿って見たいので、敢えて破線へ。
・じっさい、破線周囲は薮で全く手がかり無し。仕方ないので破線辺りを適当に登る。山畑の後らしい荒地と植林地の境目辺りで細ーい踏み跡があり、ここを辿る。靴の跡があり、人間が歩いた跡がある。ここから先は何とか地形図通りに辿れた。
・途中で尾根に接するが、一応柿沢峠迄下る。
・柿沢峠から黒柏木の頭までは平凡な尾根。。展望は乏しい。
・黒柏木の頭からは岩が目立つようになり、心が踊る。
・核心の岩尾根は緊張したのは「抱っこ岩」だけで、その他は滑りやすさに気を使えば通過は容易。巻きルートらしいものが南側に見えたが、滑りやすそうであった。
・雨乞山、如何にも祠設置に相応しい山。展望はほとんど無く、ちょっとの休憩。
・雨乞山からの尾根がアップダウンが続き、険しい部分もある。
・今回初めて折畳み自転車を持って行き、雨乞山北西の林道にデポして下った。結構寒いでした。
・ルート上、尾根には熊の糞や鹿の糞が彼方此方にありました。
・離れた場所で銃声が20発位聞こえました。
・柿沢峠道、今回は見つけられなかった。いつの日か、柿沢峠から小川集落へと下りとして辿ってみたい。(知っているひといますか?)

今回歩いた全ルートの私の感じた印象です。(西上州を基準としています)
ルートの明瞭具合  ーーー2から4 (明瞭1-2-3-4-5不明瞭)
ルートの難易度   ーーー4 (容易1-2-3-4-5困難)
ルートの雰囲気   ーーー3 (良い1-2-3-4-5悪い)
ルートの展望    ーーー4 (良い1-2-3-4-5悪い)
ルート上の杉林の割合ーーー60%
熊の糞・足跡の箇所数ーーーあちこち
野生動物との遭遇  ーーー0
人間との遭遇    ーーーなし
お勧めの季節    ーーー春秋冬 
訪問者数:205人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 倒木 デポ 支尾根
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ