また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363657 全員に公開 雪山ハイキング北陸

尖山(富山百山 82座目)

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道6号を立山方面へ。立山あるぺん村を左に見て、立山サンダーバード(面白サンドイッチで有名なコンビニです)を右に見て200mほど行けば左右に尖山登山口駐車場があります。無雪期ですと奥の登山口駐車場に車で行けるのですが今の時期はここからのスタートです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間47分
休憩
26分
合計
2時間13分
S横江入山口07:4107:57夏椿峠ルート登山口08:07尖山登山道口08:47尖山09:1309:35尖山登山道口09:41夏椿峠ルート登山口09:54横江入山口09:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
トレースは手書きです。
コース状況/
危険箇所等
登山届ボックスなどはありません。横江駅側の駐車場脇にトイレがあります。
案内標識に従って集落内を行きます。尖山方面を示す標柱等に従っていくとつづら折りの林道経由になります(今回自分がとったルート)。序盤で林道を外れるショートカット急登(10m程度)を指定している矢印標識があるほかは雪の積もった林道をそのまま行きます。
上部に出ると分岐がありますが標識があるので「とんがり山」の方向へ鋭角右折します。直進路の先に夏椿峠ルートの取りつき(登山口)があります。自分の計画ではそちらを行く予定でしたが記憶ではもっと先だったのでそのまま道なりに行ったら本道の登山口に到着してしまったので今回は本道から登ります。
右手に沢を見ながら道を行きます。基本的にトレースがしっかりした雪道ですが夏道が露出しているところが多いです。今回、危険を感じることはなかったですが昨年5月に標高350m付近で転落死亡事故が発生しています。場所的に沢への転落だと思われますがハイキングの山だからといって軽視は禁物と思われます。「頂上まで400m」の標識付近で沢から別れ左にコースをとります。山頂近くになるとコースは階段地帯になりつづら折りになります。そのまま道なりに行けば山頂です。
帰りは夏椿峠経由も考えましたが自重して単純往復としました。
その他周辺情報立山サンダーバードの面白サンドイッチは一見(一食)の価値あるかと。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 自宅のあるところは1月12日にドカ雪が襲来したので山も大変かと思ってワカンを用意しましたがびっくりするくらい雪が少ないのとトレースがしっかりしていたのとで未使用でした。当初は夏椿峠ルートを登りにとる予定で最後の急登に必要かと思ってピッケルも用意しましたが本道をつかったのでこれも不要でした。帰りに夏椿峠ルートをとることも考えたのですが現地で急降下のルートを見て行く気が失せました。ピッケルがあったので使えば大丈夫だったのかもしれませんが、こういう気持ちになってしまったら自重するのが吉、でございます。
頂上で男性登山者がなにかと噂の防寒テムレスを持参しておられたのでチェックさせてもらいました。自分も導入を考えています。
お湯と水とスポーツドリンクを用意しましたが、水はあまり飲みませんでした。もう少し軽量化できそうです。

写真

尖山登山道口直前の個所から本日の山、尖山を見ています。
2018年01月20日 08:05撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖山登山道口直前の個所から本日の山、尖山を見ています。
序盤は右に沢を見ながら行きます。びっくりするほど雪がありません。
2018年01月20日 08:10撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は右に沢を見ながら行きます。びっくりするほど雪がありません。
いきなりですが頂上です。
2018年01月20日 08:47撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりですが頂上です。
2
立山方面なのですが雲に隠れています。右手の鍬崎山ははっきりしています。左手の大日岳、山頂付近に雲です。
2018年01月20日 08:47撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面なのですが雲に隠れています。右手の鍬崎山ははっきりしています。左手の大日岳、山頂付近に雲です。
1
来拝山、大辻山、左へいって高峰山、塔倉山など
2018年01月20日 08:47撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来拝山、大辻山、左へいって高峰山、塔倉山など
1
平野部
2018年01月20日 08:48撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平野部
この方向の山々はわからないです。
2018年01月20日 08:48撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この方向の山々はわからないです。
うーん、わからん。
2018年01月20日 08:49撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、わからん。
この辺の山々がわかるようになると「通」なんでしょうね。
2018年01月20日 08:49撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺の山々がわかるようになると「通」なんでしょうね。
有峰方向なのですが、わからん。
2018年01月20日 08:50撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有峰方向なのですが、わからん。
鳥ヶ尾山、鉢伏山かな。
2018年01月20日 08:50撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥ヶ尾山、鉢伏山かな。
1
行きそびれた夏椿峠の取りつき。地味です。
2018年01月20日 09:41撮影 by N01F, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きそびれた夏椿峠の取りつき。地味です。

感想/記録

前回から少し間が空いたので今回は軽めの山にしました。といっても軽視禁物の山です。行きに夏椿峠ルートを考えていて前回の日誌(2012年12月)を見返したら最後の直登で恐怖を感じたとの記述があったのでピッケルを持参しました。しかしながら、ルートの取りつきをスルーしてしまったため本道ルートになり、帰りでも行く気持ちがなくなってしまったのでピッケルの出番はありませんでした。今回のウィンターシーズンはきつい山はやらない方向で行こうと思います(行くとしても残雪期になってから)。
出発時、自分の車は駐車場の3番手でしたが帰ると道の両側の駐車スペースは満杯でした。自分が帰途に出た直後に空き待ちをしていた車がすぐに入ったようです。山行中もたくさんのハイカーに出会いました。尖山は大人気の山ですね。
訪問者数:268人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/11
投稿数: 188
2018/1/21 11:14
 大盛況の尖山頂上
はじめましてfiddlerzenさん。hellbentと申します。
山頂での防寒テムレス持ちです。
買って損なしのアイテムで、インナー無し用でLサイズ、インナー有り用でLLサイズを使い分けてます。色々と重宝しますんで是非ご購入をお勧めします!!
ではまたどこかでお合いする日を楽しみにしています。
登録日: 2014/10/20
投稿数: 11
2018/1/21 11:41
 Re: 大盛況の尖山頂上
hellbentさん、こんにちは。返信ありがとうございます。山関係者の間でテムレス手袋が大流行していることは知っていましたが現物を見て触ったのは初めてでした。早速買いに行こうかと思います。またどこかの山でお会いしましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ピッケル 急登 林道 直登 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ