また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1365362 全員に公開 ハイキング東北

浅川の里山 雲五郎山 [福島県]

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候1月20日(土) 曇のち晴れ
1月21日(日) 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
1月20日(土)
自宅6:00⇒<マイカー>⇒道の駅ひたちおおた・道の駅みさと・道の駅はなわ⇒11:00畑田登山口P
    <雲五郎山>
13:00⇒<マイカー>⇒道の駅はなわ⇒ユーパル矢祭で入浴⇒16:20道の駅はなわ

1月21日(日)
6:05⇒<マイカー>⇒6:45道の駅ふるどの
    <鎌倉岳 周回>
     ****準備中****
13:10⇒<マイカー>⇒勿来・日立・水戸・土浦⇒18:10自宅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間19分
休憩
0分
合計
1時間19分
Sスタート地点11:1912:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1月20日(土)
出発11:20…雲五郎山11:50…12:40登山口

==========================
出発時刻/高度: 11:19 / 376m
到着時刻/高度: 12:38 / 376m
合計時間: 1時間18分
合計距離: 3.5km
最高点の標高: 449m
最低点の標高: 327m
累積標高(上り): 134m
累積標高(下り): 123m
==========================
その他周辺情報ユーパル矢祭
http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/spot/7000577.html
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

ここは 畑田登山口です。
2018年01月20日 11:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは 畑田登山口です。
この登山口の道路脇に車が数台止められるスペースがありました。
2018年01月20日 11:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登山口の道路脇に車が数台止められるスペースがありました。
雲五郎山山頂。
あっという間に山頂です。
2018年01月20日 11:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲五郎山山頂。
あっという間に山頂です。
この山頂には
「雲五郎山観音」が納められている神社がありました。
2018年01月20日 11:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山頂には
「雲五郎山観音」が納められている神社がありました。
この説明によると 田村にある「東堂山」と密接な関係があるようです。
機会があったら この東堂山へも行ってみたいものです。
2018年01月20日 11:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この説明によると 田村にある「東堂山」と密接な関係があるようです。
機会があったら この東堂山へも行ってみたいものです。
周回するために山頂から反対側の道を下りました。
この神社のための参道のようです。
2018年01月20日 12:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回するために山頂から反対側の道を下りました。
この神社のための参道のようです。
畑田登山口に戻って来ました。
2018年01月20日 12:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑田登山口に戻って来ました。
撮影機材:

感想/記録
by Yoshi3

 福島県の地図を見ていたら 「雲五郎山」が目に付きました。
「雲五郎山」は 浅川町の最高峰です。
そんなことから この山は アヤメ園にアヤメが咲く頃 毎年6月に山開きと併せて「健康ハイキング」が実施されて地元から親しまれています。
http://www.town.asakawa.fukushima.jp/info/000620.html

 さて 今回の山行で この山の山名が 一層 気になりました。
調べてみましたが 手がかりになるようなものは ありませんでした。
どうも この珍山名は 人名が由来しているように思えてなりません。
それは 落語でよく聞く「熊五郎」が理由です。
真偽の程は 分かりません。
どなたか 知っている人がいれば 教えてほしいものです。
訪問者数:213人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ