また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1366788 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

冬の谷川岳をゆっくり歩く

日程 2018年01月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候午前快晴 午後曇り
アクセス
利用交通機関
電車
上毛新幹線とレンタカーを使いました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険なところはありません
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェイ山頂駅に到着しました。アイゼンなどをつけている人たちが大勢いました
2018年01月21日 09:40撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅に到着しました。アイゼンなどをつけている人たちが大勢いました
急な下りはアイゼンを利かせて
2018年01月21日 10:35撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な下りはアイゼンを利かせて
1
熊穴沢避難小屋は雪の中
2018年01月21日 10:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋は雪の中
前方の稜線には大勢の登山者が見えます
2018年01月21日 10:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方の稜線には大勢の登山者が見えます
2
山の座標盤がありました
2018年01月21日 12:54撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の座標盤がありました
トマの耳に到着しました。
2018年01月21日 12:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳に到着しました。
山頂にヨーロッパ人のスキーヤーがいました
2018年01月21日 12:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にヨーロッパ人のスキーヤーがいました
2
これからスキーで降りていくようです
2018年01月21日 12:56撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからスキーで降りていくようです
1
ロープウェイ山頂駅に戻りました
2018年01月21日 14:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅に戻りました
今日のお風呂は、パンフレットを持っていくと470円
2018年01月21日 16:05撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお風呂は、パンフレットを持っていくと470円
今日の反省会は、上毛高原駅そば 「丸天」
2018年01月21日 18:53撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の反省会は、上毛高原駅そば 「丸天」

感想/記録
by negi

 午前中は快晴でしたが、午後は少々雲が出てきました。いずれにしても、谷川岳からの大展望は雄大の一言に尽きます。
 今回驚かされたのは、大勢の外国人スキーヤーとスノーボーダーが山麓はもとより山頂にまで来ていたことです。特に山頂にいたドイツ人と思われる皆さんは、どこを滑り降りたのでしょうか。スキー経験のない私にはまったくわかりません。また、ドイツ語のウェブや雑誌で、冬の谷川岳のことを案内しているのでしょうか。訪日客が増えるのは大歓迎ですが、安全面では心配がありますね。
 雪山初心者の女性お二人の足取りも順調。美しい雪山を楽しんでくれたのではないでしょうか。今度は雪のない時期の谷川岳に出かけましょう。
 

感想/記録
by you29

雪の谷川岳は2回目でした。今回はゆっくり登山と言うことで、会長から先頭を歩くように指示があり、山岳ガイド資格者の会長は、最後尾からメンバーを見守る役に。雪山経験の少ない女性二人も安心して楽しめたのではないでしょうか。さて、今回は晴天が確約されていたので、中判カメラ645ZとDFA55丱譽鵐困鬟競奪に入れて登りました。途中は青空に映える雪山でしたが、山頂は視界がなく、風が強かったので、645Zをザックから出すこともなく…残念。また、登りたい。
訪問者数:493人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ