また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368346 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

【★日光戦場ヶ原★赤沼周回★雪山/ワカン★】

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候降雪
※氷点下8℃/風速3m〜10mの間/体感気温:氷点下11℃〜氷点下18℃
アクセス
利用交通機関
電車バス
【●往路●】
)明藹察租貮霪光(東武伊勢崎線・東武日光線/1360円)
東武日光駅〜赤沼(東武バス/フリーパス2650円)
※フリーパスは二日間有効で途中下車可能で乗り放題

【●復路●】
\崗臓租貮霪光駅(東武バス/フリーパスの範疇0円)
東武日光〜押上(東武日光線・東武伊勢崎線/1360円)

【●往路詳細●】
方南町6:05-6:12中野坂上6:13-6:29国会議事堂前6:34-
6:57北千住7:03-7:53南栗橋8:00-9:16東武日光9:45-
10:50赤沼
(丸ノ内線/千代田線/東武伊勢崎線/東武日光線/東武バス)

※浅草発6:20amの快速東武日光/会津田島行は
2017年4月21日のダイヤ改正で廃止されました。
現在は浅草から東武日光、鬼怒川温泉、会津高原尾瀬口方面へ
直通する特急料金不要の快速や区間快速は一本もありませんし、
特急以外の列車の運行形態が南栗橋を境に分断されてます。
したがって浅草か曳舟か北千住から急行南栗橋行に乗車して
南栗橋で急行東武日光行に乗車すれば東武日光発8:40am湯元温泉
行のバスには間に合う形になります。いままでは東武日光や
会津高原尾瀬口まで直通できたものが、南栗橋や下今市で
乗り換えなければならない分、非常に面倒臭いです。

【●復路詳細●】
赤沼14:28-15:26東武日光15:35-17:08南栗橋17:11-
18:33永田町18:38-18:51中野坂上18:57-19:04方南町
(東武バス/東武日光線/東武伊勢崎線/半蔵門線/丸ノ内線)

【●交通機関リンク●】
東武バス
http://www.tobu-bus.com/pc/index.html
東武バス日光エリア
http://www.tobu-bus.com/pc/area/nikkou.html
東武バス日光エリア時刻表
http://www.tobu-bus.com/pc/area/pdf/touki.pdf?20171124
東武鉄道路線図
http://railway.tobu.co.jp/pdf/guide/tobumap.pdf

★東武バス日光フリーパス★
※二日間有効で途中下車自由で乗り放題
‥鮓飢浩凜┘螢◆3000円
∪鐓譽原エリア:2650円
C譱技温泉エリア:2000円
ぢ膾牧場アリア:1800円<4月1日〜11月23日>
ヌ弦濆盡競▲螢◆1200円<4月1日〜11月23日>
μ弦澆梁譟600円(※当日限り有効)
http://www.tobu-bus.com/pc/service/ticket/nikko.html

★奥日光宿泊者はフリーパスが半額!★
※2017年12月1日〜2018年3月31日迄

◎中禅寺温泉フリーパス
大人2000円→1000円・子供1000円→500円

◎湯元温泉フリーパス
大人3000円→1500円・子供1500円→750円
http://www.okunikkou.com/2017/12/02/%E5%A5%A5%E6%97%A5%E5%85%89%E3%81%AB%E5%AE%BF%E6%B3%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E6%9D%B1%E6%AD%A6%E3%83%90%E3%82%B9%E3%81%8C%E5%86%AC%E6%9C%9F%E3%81%AF%E5%8D%8A%E9%A1%8D/

日光フリーパスは二日間有効ですが、往復乗車をするだけで
元が取れます。例えば東武日光駅から湯元温泉までは
片道普通運賃で1700円で、往復すると3400円です。さらに
二日間も使えるので夏場に奥日光でテントを張って滞在して、
男体山や日光白根山や半月山や太郎山などに登るほうが得です。

日光エリア東武バス路線図
http://www.tobu-bus.com/pc/search/rosenzu/nikko201312.pdf

まるごと日光フリーパス(東武鉄道)
※東武日光線を利用する人はこちらがお得です
※4日間有効で乗り放題で浅草から4520円です
http://tabi.tobu.co.jp/ticket/honsen/a02_d.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
2分
合計
3時間19分
S赤沼バス停11:2810:39赤沼分岐12:13戦場ヶ原展望台12:1512:27小田代原北分岐13:53赤沼分岐13:58赤沼バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【■山域(行政区)■】
◎栃木県日光市

【■今回のコース■】
『赤沼バス停(標高1390m/11:28am/登山開始)-
赤沼分岐(10:39am)-戦場ヶ原展望台(12:13am)-
小田代原北部(12:27pm)-分岐(12:58pm)-
赤沼バス停(標高1390m/13:58/登山終了)』

<荷物5kg/水分約300ml補給>
※降雪と風が強くて水を飲むのも面倒臭いので、
喉が渇くたびに雪を食べていたので水分補給はおそらく+α300ml(^^;
コース状況/
危険箇所等
【▲登山道状況(全行程一般登山道)▲】
積雪50cmほど/全コース雪上のトレースあり
※スノーシューかワカンは要必須

【▲登山者数情報▲】
◎全行程:約15名
※ツキノワグマや猿が居るので要注意

【▲読み方▲】
\鐓譽原:せんじょうがはら
∪崗臓Г△ぬま
小田代原:おだしろがはら
ぢ臙川:だいやがわ
その他周辺情報【■観光宿泊温泉情報■】
日光市観光協会
http://www.nikko-jp.org/index.shtml
奥日光湯元温泉旅館協同組合
http://www.nikkoyumoto.com/
中禅寺温泉旅館協同組合
http://www.chuzenji.jp/
戦場ヶ原
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%A0%B4%E3%83%B6%E5%8E%9F
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ 軍手

写真

東武日光駅で下車する
2018年01月27日 09:18撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東武日光駅で下車する
3
東武日光駅の自動券売機で東武バス日光フリーパス戦場ヶ原エリア(2650円)を購入する
2018年01月27日 09:21撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東武日光駅の自動券売機で東武バス日光フリーパス戦場ヶ原エリア(2650円)を購入する
4
赤沼バス停(標高1390m/11:28am/登山開始)
2018年01月27日 11:34撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沼バス停(標高1390m/11:28am/登山開始)
2
久々のワカン
2018年01月27日 11:30撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々のワカン
3
赤沼分岐(10:39am)
2018年01月27日 11:39撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沼分岐(10:39am)
1
積雪は約50cmほど
2018年01月27日 11:43撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪は約50cmほど
戦場ヶ原にて
2018年01月27日 11:43撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原にて
6
起伏のある場所を歩く
2018年01月27日 12:10撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起伏のある場所を歩く
1
戦場ヶ原展望台(12:13am)
2018年01月27日 12:13撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原展望台(12:13am)
2
戦場ヶ原展望台からの風景
2018年01月27日 12:13撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原展望台からの風景
2
木道から少しでも外れると50cmほどの踏み抜きになる(^^;
2018年01月27日 13:03撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道から少しでも外れると50cmほどの踏み抜きになる(^^;
湯川に架かる青木橋を渡る
2018年01月27日 13:14撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯川に架かる青木橋を渡る
1
自然研究路展望台からの風景
2018年01月27日 13:25撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然研究路展望台からの風景
3
自然研究路からの風景
2018年01月27日 13:46撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然研究路からの風景
2
なかなか良い雰囲気
2018年01月27日 13:47撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか良い雰囲気
2
赤沼バス停(標高1390m/13:58/登山終了)
2018年01月27日 13:58撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沼バス停(標高1390m/13:58/登山終了)
バスが来る時刻は14時28分でしたので、道路向かいの暖房が効いた赤沼公衆便所の中でバスを待つ、3分前にバス停に行ったが、バスが遅れてしまって風速10mくらいのブリザードの中で10分ほど待つことになった(>_<)
2018年01月27日 14:26撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスが来る時刻は14時28分でしたので、道路向かいの暖房が効いた赤沼公衆便所の中でバスを待つ、3分前にバス停に行ったが、バスが遅れてしまって風速10mくらいのブリザードの中で10分ほど待つことになった(>_<)
4
赤沼バス停から国道120号線の湯元温泉方面を見る
2018年01月27日 14:28撮影 by EX-ZS210, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沼バス停から国道120号線の湯元温泉方面を見る
1

感想/記録

【■■■感想と解説■■■】

ほぼ毎年この時期はワカンで雪の戦場ヶ原を歩く事にしておりますので、昨年6月以来7ヶ月ぶりに奥日光へ行きました。戦場ヶ原の入口である赤沼に着くと雪が本降りになり、風もやや強くなり、酷寒の中でのハイキングになりました。とくに戦場ヶ原の中央部を通る自然研究路の展望地においては風の通り道で、雪と風が強く体感温度が氷点下18℃ほどに感じました。その後、赤沼のバス停で帰路のバスを待つ時に、雪と風が再び強まり、雪でバスは遅れるし、バス停の隣の赤沼茶屋は冬期閉鎖中ですし、非常に寒い思いをしてバスを待ちました。赤沼でバスを待つ時はバスが来る2分前まで暖房が効いた赤沼の公衆便所の中に居るほうが無難とも感じました。いずれにしても雪の奥日光は最高です。次回は湯元温泉付近の雪の刈込湖へ行きたいと思います。

エジプトはナイルの賜物
日光はダイヤ(大谷川)の賜物
Yamaotoko7作
訪問者数:328人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ