また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1369327 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間20分
休憩
30分
合計
7時間50分
S蓑毛08:2009:30ヤビツ峠10:40二ノ塔11:00三ノ塔11:40烏尾山荘12:00行者ヶ岳12:40新大日茶屋12:50木ノ又小屋13:20塔ノ岳13:5014:20花立山荘14:50堀山の家15:10駒止茶屋15:30見晴茶屋15:50観音茶屋16:10大倉BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースはハンド記入なので不正確です。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

蓑毛からヤビツ峠まで歩きます。
2018年01月20日 08:23撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓑毛からヤビツ峠まで歩きます。
1
ヤビツ峠着
2018年01月20日 09:32撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠着
表尾根は視界不良
2018年01月20日 10:50撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根は視界不良
依然、視界不良
2018年01月20日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
依然、視界不良
白い花が・・・。霧氷?樹氷?
2018年01月20日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い花が・・・。霧氷?樹氷?
1
ちょっと晴れたか!
2018年01月20日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと晴れたか!
新大日茶屋
2018年01月20日 12:44撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日茶屋
木ノ又小屋
2018年01月20日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋
塔ノ岳山頂
2018年01月20日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂
1
全く見えません
2018年01月20日 13:21撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全く見えません
1
大倉尾根下山
2018年01月20日 13:56撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根下山
大倉尾根No.0
2018年01月20日 16:06撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根No.0
大倉バス停
2018年01月20日 16:12撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停

感想/記録

久々の丹沢です。表尾根をヤビツ峠〜大倉尾根の定番ルートで歩いたことがなかったので今回、実現しようとしましたが、何故か蓑毛から歩いてしまいました。秦野駅からヤビツ峠行き8:18のバスが長蛇の列だったため、たまたま停車していた蓑毛行きのバスに乗り込んでしまいました。こちらはガラガラでした。蓑毛からヤビツ峠までは、初めての道でしたが、先行される方々もいて特に迷うことなく辿り着くことができましたが何気に長かったです。ヤビツ峠ではたぶん大山方面にいかれる方々でしょうか、ずいぶんの人が集まっていました。ヤビツ峠からは以前にも歩いたことのあるコースです。富士見橋から登山道に入っていきます。ところどころ泥んこでした。二の塔まで辿り着くといよいよ表尾根縦走となりますが、ガスって視界は不良です。丹沢にはかれこれ数回来ていますが、クリアーに晴れたことはまだ一度もないのが残念です。あらためて三の塔から烏尾山荘までは随分下るんだなと思いました。大倉尾根はひたすらの登りですが、表尾根はアップダウンの連続です。これはこれで堪えます。私的にはこちらのほうが堪えますかね。岩場の下りもありなかなかの刺激ですし、距離の割に時間を食うような気もします。確か最後の塔ノ岳の直下の登りが堪えるのでそれまで力を温存しておかねばなんて思ったりしていましたが、とても温存できる力なんてありませんでした。ただ、塔ノ岳直下の登りは思ったほど大したことはありませんでした。過去の記憶は時に過大な印象を持たせるようです。
塔ノ岳山頂で昼食を食べながら、なんとか眺望を得られないかと願っていましたが、望みかなわず、寒さもあり、またの機会にということで下山しました。下山は大倉尾根です。これで初めて表尾根から大倉尾根への超定番ルートを経験できることになりました。大倉バスストップまで高低差1200mの下りです。勝手に何人かのペースメ−カーの方を設定させてもらい、つかず離れず追随します。堀山の家、見晴茶屋で小休止、あとはほぼノンストップで下りました。決して急いで下った訳ではありませんが、一人だとどうしてもこうなってしまいます。大倉バス停まで戻ると丁度バスが来てしまいましたので休む間もなくそのまま乗車してしまい、渋沢駅まで帰りました。
またしても丹沢表尾根の眺望を拝むことはできませんでしたが、気長にトライしてみることにします。
訪問者数:104人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス クリ 霧氷 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ